あこと初めてのバイク 

普通二輪の免許を習得するために教習所に通い始めるとせっかく免許を取っても、バイクが無い!ということに・・・
それでは、バイクを買おう!ということでのぶくんが書店に行ってバイク雑誌を購入してきました。
二人で、雑誌を眺めてあれが良いとか、これが良いとか・・・
のぶくんは、最初からアメリカンに乗りたかったらしく、ドラックスターにするか、シャドーにするか、バルカンにするか、スティードにするかそんな事ばかり言ってました。
一方私は、教習所で乗っているのと同じような、ネイキッドタイプばかりに気を取られていました。
○ット○ロンや○ック○にも、見に行って、のぶくんはドラックスターかシャドーに決めた様子でした。私はというと本当はZealがシートも低く足つきも良かったので良いな〜と思っていたのですがが、すでに廃盤になっており新車は、出ていないということだったので、悩みに悩んで、『バリオスU』か『ホーネット』のどちらかに・・・
ということで、雑誌に出ていた新車の安売りのお店、茨城の○○輪業に出かけてみよう、ということになり、早速お休みの日に出かけて行きました。
雑誌を頼りに、お店を見つけ、行ってみると・・・
お店の中にも外にもバイクがいっぱい!!アメリカンにネイキッド・ツアラーに・・・
迷いに迷って、結局のぶくんは、ドラックスター・クラッシックのブラックに、私はバリオスUのブルーに決めて帰ってきました。納車には1〜2週間くらいかかるようです。
バイクが来たのは、とても天気の良い日曜日でした。納車してすぐにのぶくんは乗ったようでしたが私は、まだ教習中だったので、納車当日も納車が済むとすぐに教習所に・・・・
バイクが来てしまったことでますますあせっていた私は、早く免許を取らなくては・・・ということばかり考えていました。
それから、まもなくなんとか無事に免許も取れて、やっと自分のバイクに乗ることが出来る日がやってきました。
教習所通いも終わり、免許の書換えも済ませ、晴れて公道でバイクに乗れるようになっっていた私はすでに納車になっていたバイクに乗ってみることに・・・
まずは、バイクを道に出して、エンジンをかけて・・・
「おぉ〜掛かった!」(当たり前のことなのですが最初は感動でした!)
メットを被ってバイクに跨り、アクセルを・・・「動いた〜!!」(これも、当たり前なのですが・・・)
近所を回ってみて、家の前を行ったり来たり・・・・だんだん慣れてきて、面白くてしょうがない・・・が・・・そこに悲劇が・・・
一時停止で止まろうとして出した足の下に石が・・・
足が滑って見事に立ちゴケしてしまいました。o(;△;)o エーン
初めて乗ったその日に立ちゴケするなんて・・・心の中は、相当凹んでいました。そこにやってきたのぶくんが一言「何!?もうコケたの??(>y<) ぶっ!?」って・・・
それから、会社に乗っていけば、みんなに「うそ〜本当に!?免許持ってるのかよ〜!!」とか「無免でバイク乗っちゃいけないよ〜」とか言われるし、近所の子供のママ友達には「ねえねえバイク乗ってるって本当!?足届くの??」っていわれるし・・・
バイクに乗って走っていれば、前の車から「それ400??750??」とか聞いてくる人はいるし・・・
他人にとっては、150cmしかないような女の人がバイクに乗っているのはとても、不思議に見えるのでしょうか??
私にとってバリオスは今のバイクとは違い、たまに乗ると楽しいかな〜という程度でした。
正直バイクより車のほうが冬は寒くないし、夏は涼しいし無理してバイクに乗ることもない!くらいに思っていました。
バリオスは、初期不良や修理が重なりほとんど乗っていないのに入院ばかりしているバイクでした。おかげで乗るのも億劫になっていたって話も・・・
実際バリオスは10ヶ月ほど所有していましたが600Kmほどしか乗っていませんでした。
しかし、あるときにのぶくんのドラックスターに乗る機会があり、私の考えが少しづつ変わってきました。私の中ではバイク=足の届かないもの=コケやすい(バリオスを所有していた10ヶ月・・・実際には入院ばかりしていたので、手元にあったのは8ヶ月弱で3回もコケました。)という方程式が出来つつあったのでのぶくんのドラックスターの足つきの良さにははっきり言ってショックでした。私は、見た目や車重ばかりに気を取られ、それまで アメリカン=ゴッツイバイク=重い=私には乗れない と思い込んでいたのです。のぶくんに何回も「乗ってみれば?」と言われても私には乗れないと思い込んでいました。
こんなバイクもあったのか・・・これなら立ちゴケしないかも!!と思い始めたころ、のぶくんがハーレーに乗りたいと言い出しました。


教習所でバイクの免許は取れたけど
自分ひとりで公道でバイクに乗ってみると・・・
あことバイクのお話です。