第10回 只狩山展望
人口のうごき
区分 15年7月
人口 6336人
男性 2924人
女性 3412人
世帯 2747戸

 冷夏の影響で一時涼しかったのですが,今日この頃は一段と残暑が厳しくなりました
つたないホームページを開設して約一年経とうとしています,
愈々五島市の誕生まで一年を切ってしまいましたが。期待感よりか一抹の不安と不満がよぎります
各首長さんの心境はいかがでしょうか
この一年を総括してみたいと思います
第1回の只狩山展望のときの富江町の人口は6442人でこの7月は6336人となり106人減少しました,確実に統計予測のとうりです。
そして2010年には4815人になるそうです

商業関連では大型店の出店が又噂されています、我々下五島商工連絡協議会では出店中止の要望書を
出店の確度が高いダイレックスに出しましたが聞き入れてもらえない状況でした。
今噂に挙がっているのは下記の企業だそうです。 ミドリ薬品(鹿児島)しまむら(さいたま)、エレナ(佐世保)、
西九州ウエルマート(佐世保)ダイレックス(佐賀)と、多彩な顔ぶれです(福江会議所資料)
 本当に出店するのはどこなのか分かりませんが、市場としてそんなに魅力があるのでしょうか
出店すれば、既存の大型2店は生き残りをかけ,又新規店は資本力と出店の勢いで,激しいサバイバイルのバトルが予想されます
そして周辺の小規模店がそのあおりを食うのは自明の理です,又周辺地区には高齢者と独居の住民が増え
車で郊外店にいけない消費弱者が存在することも認識して頂きたいと思います、

富江
-長崎航路の件ですが,運行予定会社が整理回収機構より会社更生を申請され、経営破たんしました
約700億円の債務でハウステンボスに次ぐもので県内二位の債務額で今後は更生会社がこの運行についてどのように判断するのか回答待ちの所です

夏のイベントとして町民に親しまれている,第29回の富江祭りは8月の10日,11日の2日間行なわれました。
初日は好天に恵まれましたが,2日目は雨模様となり,天気予報図を側候所より取り寄せたりして
俄気象予報士よろしく降雨の行方を検討したりと大変でしたがイベント中は幸いにも雨も降らず
予定とうり行う事ができました, 毎年のことですが夏のイベントは天気との戦いでもあります                   
当日は約4000人の来場者があり非常に盛会で、町民の皆さんに喜んでいただくことが出来ました
ご承知のとうり来年8月には富江町は新しく五島市になります
富江町における富江祭りは今回が最後になります今後続ける場合も,新生の富江祭りとして新しい企画で
リフレッシュした祭りにするよい機会だとおもいます。
第1回のさんご祭りを企画した時は,波佐見の陶器まつりみたいなものを漠然と目指しており波佐見町に陶器祭りを
見学に行った事など思い出されます。