トップページに戻る
アテルイ・モレの碑
西郷隆盛と月照
清水寺
清水寺は渡来系の坂上田村麻呂が、氏寺として建立した。「坂上氏」は、古代朝鮮から渡来した一族で、大和朝廷に重用され天武、聖武、桓武天皇の時代に騎馬を操って軍事面で功績を重ね、田村麻呂に至っては征夷大将軍を経て異例の参議、正三位まで昇りつめた。それは何よりも「征夷」による。陸奥の国胆沢地方(岩手県水沢市付近)の蝦夷の族長アテルイは、モレと共に田村麻呂に投降したにもかかわらず、河内の国で処刑された。
時は幕末。清水寺成就院の勤皇僧「月照」は安政の大獄により薩摩に逃れ、西郷隆盛と錦江湾に入水自殺。隆盛一人助かり、奄美大島に流される。「月照」の弟、「信海」は獄死。寺侍「近藤」は幕府の手にかかり舌を噛み切って自殺。そして忠僕「亀助」その遺族の子孫は、今も境内で茶店を営む。