NewZealand bouldering trip (2003.4.26〜2003.5.8)



4月29日 4日目 Christchurch ⇔ Castle Hill

宿泊したモーテル 7時半に起きて、天気予報を確認。曇りのち晴れということで、今日もCastle Hillへ行くことにする。いつも、街中が曇っていても山岳部が晴れているのは不思議な感じがする。 メインエリアから向のエリアを望む エリアの朝は、空気がひんやりしていて気持ちがいいが、今日で3日連続でのボルダリングとなる。もちろん、体は既に全身筋肉痛であり、体を動かせるようにするには相当なストレッチとアップが必要だった。昨日からの課題であったmap5-50-V6をトライしてみるが、ますます体の伸びがなくて出来なくなっていた。そこで、写真にある少し軽めの課題だが高度感抜群のmap3-35-V2課題にトライすることにした。 map3-35-V2 そこそこのカチとガバで構成されており、快適に登ることが出来た上に、穴の中に入って終了というのもやる気をそそられる。降りるのは奥から反対側に可能だ。(今日トライした課題はこちら) クライストチャーチの教会を望む さすがに疲れもたまっており、若干のモチベーションの低下というか指の皮が痛くなっており、ペースダウンという感じになってきて、早めに切り上げて帰ることにする。帰る道の途中の街のスーパーで適当に買い物をして戻ることにした。さて、宿に帰りまだ時間も早いので街中をうろちょろして時間を潰していたが戻りついでに気になっていたfish&chipsの店で買って帰ることにする。ここで、fish&chipsを一つオーダーしたのだが、完成したのが自分のだか誰のだかわからなかったのはその大きさのためだろう。 fish&chips なんとも、巨大で最小単位がそれだとは思いもしなかった。しかし、お前のだって感じでお腹がTシャツからはみ出た女性が言うのだからほんとらしい。宿で開けて見ると明らかに食べきれない量のポテトが入っていた。また、それを食べきった自分にも驚いたと同時に後悔した。

前へ Swissのtopへ 次へ



ホームへ