沖縄ボルダリング旅行(2001.5.3〜2001.5.7)



family 某ボルダリングジムにある巨礫組の組長Da-ueさんの企画による沖縄行きが決まり、組長お父さん、長男の私、次男Ko-yujiと長女Pantaの4人で出発。沖縄具志頭ボルダ-といえば、チョックストーンアタック初段である。これを目当てに行ったようなもので、初のボルダリング旅行である。
初日、空港近くでレンタカーを借り、やまあっちゃークライミングジムに向った。トポを手に入れるのと、その他諸々の情報を仕入れるためだ。しかし、トポは無く、特製Tシャツを買って、しばらく車を走らせた後、宿となる那覇市の方に戻ることにした。とにかく、明日からのボルダリングを忘れるかのごとく飲み食いして、就寝した。 記念撮影!
翌日、さっそく車に乗り込み具志頭村に向う、途中たらふく食べるためにコンビニでかなり買い込んだ。 もちろん、具志頭での記念写真の手提げは、それである。
それから、チョックストーンアタックのある岩まで行き、その下を荷物の残置場所とした。ちょうど、日陰になっており、過ごしやすい。5月の沖縄ともなるとかなり熱く日差しの中にいるのはちょっとつらい。早速、ボルダリングをと思うや、次男は釣りに海際のほうに向う。一時間は小魚と戯れた様子。 記念撮影! その他、お菓子を食べたりで、やっと皆がボルダリングの準備が完了したときには、すでに予想される悲惨な状況を見越し、手の指はテーピングでガードされていた。もちろん、最初からチョックストーンアタックには取り付かない。やさしめの3,4級のボラ、マクブー、バッドマントラバースなどの課題からトライを始めた。これらの課題は、ルーフ状部分のホールドは痛くないが、上部への乗り越し部分がやはり痛い。
アップも終わったところで、本命のチョックストーンアタックに取り付くことにする。オンサイトトライでは、半分を少し過ぎたあたりで疲れて落ちてしまった。 お父さんのチョックストーンアタック 初段 それから、ちょっとレストし、再度挑戦したらリップに乗り出して、這い上がるところまで達したのに、余力が無くなって落ちてしまった。 まったく、ホールドがいいのに被りがきつくてパンプしてしまう。それから、数回トライするもだんだん到達点が下がってきて、登れる気がしなくなってきた。しかし、ボーっと一時間程度休んだあとにふとトライすると以外に楽に登ることが出来た。これで、今回の大きな目的は達成した。

ここで、今回落とした課題はざっとこんな感じであった。

落とした具志頭ボルダ-課題
ボラ4級
マクブー3級
バットマントラバース3級
チョックストーンアタック初段
さんぴん茶3級
多和田女2級
それゆけ多和田4級
ひろおマントル6級
タコライス4級

記念撮影! さて、チョックストーンアタックをお父さんも落としたところで、次男も気合を入れて臨むが、惜しくも敗退でその日を終了した。 翌日も天候は良かったが、目標を達成してしまったため、昨日以上にマッタリした空気が漂っていた。 それでも、多和田女2級をゲットし、ストレートノーチェイサー2段にもトライするが、歯が立たなかった。ここでは、記憶も少なくなってきたので、尻すぼみだが二日目のボルダリングはもう終了!!
最終日の三日目は、残念ながら雨。 そこで、沖縄観光をすることにして、最初はもちろん首里城だ!雨のためか朱色が映えない。まあ、写真の通りです。それから、ひめゆりの塔を経由して、玉泉同大国村に入った。 記念撮影! ここでは、沖縄を堪能することができ、トップの家族写真の通り、ぶくぶく茶なるものを飲んでみたり、蛇を触ってみたり、洞窟で怪しい顔色になったりといろいろ歩き回った。てな感じで観光も終わり、家に帰ったわけです。(すごい尻すぼみですいません)
今回は、お父さんの企画で楽しませていただきました。ここで、お礼を申し上げます。あと、みなさんの写真を載せさせていただきましたので、プロポーションが良くなったという方は、随時差し替え可です。




ホームへ