北山公園ボルダリング(2002.11.16)



甲陽園駅 今回、地元関西なのに一度も行ったことのない北山公園のボルダ-に行く計画を立てた。これも、友達の結婚祝いの集まりに参加するという名目があったお陰だ。金曜日に仕事が終わってから、大阪入りを目指して新横浜に行くが全く新幹線が空いておらず、仕方なくのぞみのグリーン車に乗ることにした。もちろん、券売機の表示金額が20000円近くを示したのにはびびった。 北山公園入り口 しょうがないので、びびりつつも購入し大阪に向った。ちょうど、新大阪らか一駅の西中島南方付近のビジネスホテルに滞在でした。翌朝、7時過ぎに荷物をまとめて、阪急南方駅へ。そして、十三〜西宮北口〜夙川〜甲陽園とだいたい30分ぐらいの道のりをたどった。昔、西宮に住んでいたため懐かしいなぁーと思いつつも、全く景色を覚えていないのにはビックリした。 エリアへの分岐 さて、甲陽園から駅前のすし屋の横の細道を上がっていき、北山公園を目指す。ちょうど、北山公園の入り口には西宮大黒天・・・と石碑がある。そこから、橋をわたり少し行ったところのたて看板を川沿いの進んでゆく。そこから、道なりの進んでゆくと途中神戸・大阪にまたがる大パノラマが楽しめ、20分ぐらいだろうかやっと岩が見えてきた。それが将棋岩だ。 エリア近くの池 まずは、エリアの一番奥に向うことにして、どんどん進んでゆく。池と紅葉がすばらしい。エリアの端に来て、まずアップで簡単そうなものを手当たり次第に登ってゆく、バーカーヘッドとかいう岩で3課題ほど登り、木下フェースで3課題。今回はマットを持参していないため、慎重に登る。すこし休憩して、次に斜面を少し下るとシャーク岩があり、かなり高い。 見事な紅葉 ここのカンテの4級?を思い切って登り、オンサイト!さらにトラバースの2級をとらいするも出だしからのスローパが結構厳しい。変な落ち方が出来ないため、無理せず2回落ちた。しかし、見落としていたホールド?を見つけたので、3回目に登ることができた。最後の方は、簡単だけど高くて、少し足が震えました。今回登ったものの一部はここ!さて、2級も以外にすんなり登れたことだし、 シャーク岩で 調子がいいじゃないかと思って、次に時をかける少女という1級をトライすることにする。これも、下地が超ー悪く、落ちれないじゃないか!と思いつつもトライ。最上部が核心のためビビリまくった。結構危ない落ちを2,3回して、最後のムーブが不安定になるため、マットとスポットなしでは無理と判断してあきらめた。この課題で既に指の皮はかなり減ってひりひりしていた。 怖くてトライ出来なかったスラブ ちょうど、昼を過ぎたところなので、徐々に来た道を戻り出す。すると人がだんだん溢れてきて、サーティやエレファントノーズがある場所でははちきれんばかりの人だ。そこで、課題を眺めていると女の人が親切にも声をかけてくれ、課題をどうぞ!という。そこで、サーティ1級ととなりの???初段に触った。ちょうど、この課題はあのチッピング事件の課題らしく、欠ける前は、、、、だったのにー。欠けてからかなり登りにくくなったようだ。 サーティの岩 サーティ1級もスタートからが核心で、かなりトライしたが無理だった。そのまま、4時前までトライしつづけて、将棋岩に行こうとするとさっきの女の人がいたので課題の詳細を説明してもらう。すでに指皮が無く手汁が止まらないので、まったく将棋1級はだめ。次回頑張ることにした。しかし、親切な女の人も上手だったが、その旦那さんらしき人も偉く上手くて、 将棋岩と大阪クライマー 話からすると塚本さんというらしい。みんないい人で楽しかったので、また行こうと思う。

<おわり>




ホームへ