保険加入の重要性
 自転車には保険の加入義務はありません。
 しかし保険の加入義務が無いからといって事故が無いわけではなく、届出がなされていないような事故をも含めると、自転車での[事故数/運転者数]の割合は、自動車のそれより高いのではないかと思われます。

 保険に加入していない状況で交通事故に遭った場合には、発生した全ての費用を自腹で処理しなければならなくなります。

 自身の治療費のみならず、入院しなければならなくなった場合にはその間の生活費が必要となります。
 更に加害者になってしまった場合には、修理費、治療費、慰謝料等を含めると、数百万から数千万の損害賠償金を支払わなければならない状況になる事もあります。

 「自動車X自転車」事故であれば、自転車乗用者によほどの過失が無い限り大きな過失責任を問われる事はありませんが、最近増加傾向にある「自転車X歩行者」:「歩道上」の事故の場合では、過失責任割合が[100:0]から始まる場合もあり、その場合には多額の損害賠償金を請求される事もあります。

 自転車乗用者がどんなに注意をしていても、避けれない事故はあります。
 ですから、「事故は起こるもの」という見地に立って自転車の保険を考える事が重要だと思います。
[BACK] [NEXT]


ひやりはっとページへ戻る