その他
その他の写真  キャンプをする時の必需品ではヘッドランプと、ラジオがあると思う。

 日の短い季節には、 テントを設営し、晩飯の準備を始める頃には、真っ暗になってしまう。 そんな時は、ヘッドランプを頭に付けて、その明かりを頼りに料理をすることになる。
 これが懐中電灯や、ランタンでは、あまり役に立たない。
 使ってみるとわかるのだが、ヘッドランプをすると、当然のことだが両手が自由になる。 あと、目線とおなじ所から対象物を照らしているので、明りの死角が全く無くなり、 作業をするのが、ものすごく楽になる。

 ラジオは一人でのキャンプをするのに必要だ。
テントの中は真っ暗になると、何もすることが無くなる。
 そんな時には町の明かりを眺めながらラジオを聴き、物思いにふけながら眠りにつく。
 まあ、今ならポータブルテレビとかゲームボーイとかという選択肢もあるのだろうが、 僕のお薦めはラジオだ。

 ラジオの副次的な機能としては熊除けにも使える。
 僕が知床を夜に走った時には、がんがんラジオを鳴らしながら走った。
[TOP] [BACK]


道具箱ページへ戻る