Gibson CountryWestern (1963)


(CountryWestern ゲットまでの道)
 2000年2月、サンフランシスコのKさんから、 「先日12弦を購入したF店から、こんなGibsonが入ったけど・・・・」と写真付でメールをいただきました。

 そういえば、もしサザン・ジャンボかカントリーウエスタンの1962年以前の物があったら知らせて・・・って 頼んであったんだっけ。 (^^; でも写真を見るとスクエアーショルダー・・・・ってことは63年以降?  ん〜・・・欲しい物とチョイ違うな〜、しかも価格も$2000と高いし・・・・。

 で、音はどうですか?とKさんに尋ねれば、 グリフォンにあったモンタナ製の100周年記念のなんとかモデルの$8000ドル強より良いとのご返事! しかも「相棒にはギブソンって感じですね!」というコメントまで付けて。
 んんんん〜・・・・「ディスカウント交渉していただけますか?」と尋ねると「いいですよ〜」とKさん。 ・・・良い人だな〜(^^)

という訳で、我が家に初めててやってきた
Gibsonです。


 見た目はボロボロでチェッキングだらけ、ピックウェアーも激しく表面板は木地が出てます。 それでいてオールオリジナルパーツ! 弾いてみると・・・・驚き!、ほ〜んにご太い音で、吉田拓郎「元気です」のアルバムで聴けるあの音が、 さらに少し上品さが加わって再現します。
 マーチンが鈴やベルなら、こちらはドラか釣り鐘か?

2回ほどブレイシングの剥れで修理しましたが、元気な相棒に代りはありません。
ミスター・チェッキングと呼べるほど・・・・(~∇、~;)



|to Home|   |to Guitar Top|