海渡英祐 著作リスト MYSTERY BOOK LIST OF KAITO EISUKE
MYSTERY BOOK LIST OF KAITO EISUKE
 海渡英祐 著作リスト
 last updated at 11/04/15

   − このリストについて − 
江戸川乱歩賞作家、海渡英祐氏の著作全てのデータベースです。初刊本の刊行年代を基準に <古い作品> → <新しい作品> の順に並べました。同一内容の作品については一つのグループとしています。長編の合本についてはそれぞれの項目で取り上げました。短編集については収録作品を掲載、「収録作品」内の『』は長編、「」は短編を表します。本リストではアンソロジーは取り上げておりません。小生の書評があるものについては表題からリンクしています。



<凡例>
番号『題名』作品備考
刊行年 表 題  出版社 出版形態  収録作品 
01極東特派員デビュー作品
1961/06極東特派員東都ミステリー『極東特派員』
1981/03極東特派員徳間文庫『極東特派員』
02爆風圏
1961/12爆風圏東京文芸社『爆風圏』
1977/12爆風圏文華新書・小説選集『爆風圏』
1982/10爆風圏徳間文庫『爆風圏』
03伯林―一八八八年第13回江戸川乱歩賞受賞作品
1967/08伯林―一八八八年講談社『伯林―一八八八年』
1969/10伯林―一八八八年講談社ロマンブックス『伯林―一八八八年』
1973/01現代推理小説大系 17講談社『伯林―一八八八年』「私の推理小説観」(都筑道夫、森村誠一との合本)
1975/06伯林―一八八八年講談社文庫『伯林―一八八八年』
1997/10伯林―一八八八年/次郎長開化事件簿講談社文庫大衆文学館『伯林―一八八八年』『次郎長開化事件簿』
1999/09伯林―一八八八年/高層の死角講談社文庫江戸川乱歩賞全集『伯林―一八八八年』(森村誠一『高層の死角』とのカップリング)
04影の座標第22回日本推理作家協会賞候補作品
1968/09影の座標講談社『影の座標』
1977/10影の座標講談社ロマンブックス『影の座標』
1980/11影の座標講談社文庫『影の座標』
05無印の本命競馬問題小説
1970/12無印の本命立風書房『無印の本命』
1976/05無印の本命グリーン・アロー・ブックス『無印の本命』
1983/04無印の本命徳間文庫『無印の本命』
06おかしな死体ども吉田警部補苦虫捕物帳 第28回日本推理作家協会賞候補作品
1974/12おかしな死体どもトクマノベルズ「動き回る死体」「浮気する死体」「酔っぱらった死体」「仰天した死体」「気まぐれな死体」「下痢をした死体」「迷いこんだ死体」「怪獣の好きな死体」
1983/10おかしな死体ども徳間文庫同上
07パドックの残影競馬推理
1974/04パドックの残影立風書房「気まぐれな馬」「極秘情報」「出馬表は語る」「大穴の秋」「灰色の賭け」
08殺人ファンタジア加藤刑事夢想捜査録
1975/10殺人ファンタジアトクマノベルズ「青鬚の妻」「一人で二人」「死の国のアリス」「醜いアヒルの子」「シンデレラの靴」「フランス人形の死」「ドン・ファンの衣装」
1983/07死の国のアリス集英社文庫『殺人ファンタジア』の改題、但し「一人で二人」を割愛
09『海渡英祐自選短編傑作集』
1976/09海渡英祐自選短編傑作集読売新聞社「大喰らいの死体」「仮面の告発」「謀略の背景」「ミスタ・ヤマ」「「わたくし」は犯人……」「免罪符」「他山の石」「脅迫の背景」「告発の輪舞」「ベッドの上のルフラン」「天国の活人・問題篇・解決篇」「作家アルバム/ある日ある時」「自作解説/私の推理小説作法 」
1990/04突込んだ首徳間文庫「謀略の背景」「ミスタ・ヤマ」「免罪符」「他山の石」「脅迫の背景」「告発の輪舞」「ベッドの上のルフラン」「天国の活人」 『海渡英祐自選短編傑作集』より一部作品削除・改題
10閉塞回路
1976/01閉塞回路立風書房「帰らざる彼」「殺人超能力」「偽りの再会」「紅の襞」「「わたくし」は犯人」「閉塞回路」
1981/11閉塞回路集英社文庫同上
11罠のなかの七人
1976/08罠のなかの七人立風書房「「ひねくれた死」「影を愛したわたし」「大外れの犯罪」「拝啓、経理部長……」「肌色の影」「鏡の中の死」「見知らぬ恋人」「ミステリィ版フレンチ・ポップス−あとがきにかえて−」
1984/04罠のなかの八人集英社文庫「ひねくれた死」「影を愛したわたし」「蒼白い誘惑」「大外れの犯罪」「拝啓、経理部長……」「鏡の中の死」「透明な仮面」「見知らぬ恋人」「ミステリィ版フレンチ・ポップス−あとがきにかえて−」 『罠のなかの七人』の収録作品一部変更
12ふざけた死体ども吉田警部補苦虫捕物帳
1977/07ふざけた死体どもトクマノベルズ「ケーキの好きな死体」「ツキのない死体」「たいやきを喰った死体」「ふしだらな死体」「隠れん坊する死体」「ゼツリンな死体」「大喰らいな死体」「ヘソまがりな死体」
1984/04ふざけた死体ども徳間文庫同上
13『燃えつきる日々』第31回日本推理作家協会賞長篇賞候補作品
1977/08燃えつきる日々講談社『燃えつきる日々』
1986/09燃えつきる日々徳間文庫『燃えつきる日々』
14白夜の密室
1977/11白夜の密室 ペテルブルグ1901年角川書店『白夜の密室』
1990/07白夜の密室 ペテルブルグ一九〇一年徳間文庫『白夜の密室』
15霧の旅路
1978/04霧の旅路角川書店『霧の旅路』
1988/04霧の旅路徳間文庫『霧の旅路』
16『美女が八人死体が七つ』早瀬邦彦ずっこけ探偵録
1978/12美女が八人死体が七つトクマノベルズ「密室のワンちゃん」「ネコかぶりのネコ」「ピンク・パンティ2」「憎らしい絵本」「その嘘ほんと?」「ミセス放射能」「寝耳にイヤリング」「お熱いのはダメ」
17『地獄への直行便』ヘルフライト・連作短編集
1979/11地獄への直行便トクマノベルズ「真珠とヘロイン」「赤い黄金」「殺意の花束」「天国の密使」「ゼロの幻」「暗殺二重奏」
18『激流に生きる』
1980/09激流に生きる 歴史のなかの異分子たち角川書店「革命を呼んだ詐欺師―カリオストロとジャンヌ・ド・ラ・モット」「黒いナポレオン―ハイチの黒人皇帝、アンリ・クリストフ」「陽光と冷雨―利己主義者バイロンの死」「一人ぼっちの革命―世紀の二重スパイ、アゼーフ」「王女と娼婦の間―東洋のマタハリ、川島芳子」「悪夢との闘争―大指揮者フルトヴェングラーの悲劇」
19謀略の大地連作短編集
1980/11謀略の大地徳間書店「砂塵と黒点」「雪と鮮血」「上海曼陀羅」「硝煙の夏」「屍臭の街」「白い壁赤い影」
1987/02謀略の大地徳間文庫同上
20積木の壁
1981/01積木の壁実業之日本社JOY NOVELS『積木の壁』
1985/05積木の壁徳間文庫『積木の壁』
21二十の二倍本格社会派推理
1981/03二十の二倍フタバノベルス『二十の二倍』
1986/03二十の二倍徳間文庫『二十の二倍』
22『黎明に吼える』長篇歴史ミステリー
1981/10黎明に吼えるトクマノベルズ『黎明に吼える』
23仮面の告発加藤刑事夢想捜査録
1982/11仮面の告発集英社文庫「仮面の告発」「小箱の中の死」「就眠儀式」「一人で二人」「灰色の傾斜」「血と虹と」
24三つの部屋の九つの謎異色傑作ミステリー
1983/01三つの部屋の九つの謎トクマノベルズ「怪盗スーハー登場」「野次馬作戦」「泥棒三重奏」「盗まれたクマ」「噛みつく扉」「引伸した真実」「暑くて冷たい夜」「偽りの再会」「夏の断点」
25咸臨丸風雲録歴史ミステリー 福沢諭吉の推理
1983/03咸臨丸風雲録講談社ノベルス『咸臨丸風雲録』
26忍びよる影
1983/06忍びよる影光風社出版「まだ眠らない」「真夜中の電話」「焔の陰画」「ジレンマの交錯」「影の追跡」「情事のパズル」「暗い雨の夜に」
1987/09忍びよる影徳間文庫同上、但し「情事のパズル」を割愛
27事件は場所を選ばない本格傑作ミステリー
1984/06事件は場所を選ばない光風社ノベルス「殺人もあるでよ」「夏の終わり」「禁断の時」「臭い仲」「不可解な心中」「甘い罠」「悪霊の家」
1989/07事件は場所を選ばない徳間文庫同上
28『次郎長開化事件簿』文明開化推理小説
1985/01次郎長開化事件簿実業之日本社「星のある男」「川岸の女」「横文字破り」「通り雨の死」「光と影の街」「迷い獅子」「大政の幽霊」「次郎長入獄」「蛍とんで」
1989/03次郎長開化事件簿徳間文庫同上
1997/10伯林―一八八八年/次郎長開化事件簿講談社文庫大衆文学館『伯林―一八八八年』『次郎長開化事件簿』より「星のある男」「川岸の女」「横文字破り」「大政の幽霊」「次郎長入獄」「蛍とんで」を収録
29趣味の犯罪 華麗な殺しブランディ・ミステリー
1985/04趣味の犯罪 華麗な殺しトクマノベルズ「ミスタ・ヤマ」「虎穴の死者」「多すぎる罠」「情事のパズル」「凍てついた影」「強制列車」「ラヴ・ゲーム」「堂々めぐり」
30トラブル・ハニムーン裏窓コンビ事件簿
1985/08トラブル・ハニムーンフタバノベルス「引き裂かれた写真」「パリの災難」「取られた鳥」「赤い恐怖」「カーテンの影」「知らなすぎた女」「最後の告白」
1988/11トラブル・ハニムーン徳間文庫同上
31『悪夢と恋人たち』
1986/04悪夢と恋人たち徳間書店「満点以上」「情熱」「あなたの赤ちゃん」「執念」「風が吹けば」「笑顔」「過去から来た女」「分身」「やきもち実験室」「汚点」
32喰いちがった結末文庫オリジナル
1988/02喰いちがった結末徳間書店「多面体のあなた」「臭い仲」「演技の報酬」「幸運な男」「もう一人のわたし」「恥さらしな死」「つかめない尻尾」「喰いちがった結末」
33『辰五郎維新事件帖』
1989/06辰五郎維新事件帖徳間書店「戊辰の華」「紅蓮の女」「手向けの芒」「廓の狐」「神隠し夢隠し」「望郷三番叟」「立志編異聞「告別の舞」
1993/09新門辰五郎事件帖徳間文庫『新門辰五郎事件帖』改題
1999/09新門辰五郎事件帖埼玉福祉会同上(大活字本・二分冊)
34出囃子が死を招く
1992/08出囃子が死を招く光文社文庫『出囃子が死を招く』
35俥に乗った幽霊探偵記者事件簿
1992/10俥に乗った幽霊光文社文庫「杜若の札」「俥に乗った幽霊」「密室の線香」「二度目の溺死」「乱菊の庭」「吐き出した餌」「嵐の遺物」「銀座の三度笠」
36ターフの罠長篇本格競馬ミステリー
1995/07ターフの罠日文ノベルス『ターフの罠』
37札差弥平治事件帖
1998/04札差弥平治事件帖徳間書店「からくり崩し」「花の散りぎわ」「潰れた青い実」「妖刀の誘い」「梨園柵模様」「風の中の孤影」「?の嘴」「夜明け前の闇」


Special Thanks: おーかわさん、やよいさん、松村武さん、日下三蔵さん
バージョン情報:
Ver1.01 2003/02/27 ベータ版試験的公開(以下略)
Ver2.13 2011/04/15 現状確認(追加無し)