若林家三男坊.
no.4

その人生悟ったような渋すぎる眼差し.

その襲われてもすぐに対処できないような隙だらけの座り方.

・・・.

・・・.

・・・.

「あ、あの〜、最近自分が犬っていうこと忘れてませんか?タク様・・・。」


→→→