宇和海に緑をひろげ環境を守る会


宇和海に緑をひろげ環境を守る会設立総会

平成15年8月2日宇和島市において、「宇和海に緑をひろげ環境を守る会」(略称:「宇和海を守る会」代表理事:古谷和夫)の設立総会が開催されました。
 宇和海を守る会は、NPO法人・海の森づくり推進協会が母体となって設立されたNPO団体です。
 海の森は多くの水生生物の生活を支え、水中の有機物を分解し、栄養塩類や炭酸ガスを吸収し、酸素を供給するなど海水の浄化に大きな役割を果たしています。
 海の環境を守り、海の生産性を向上させる「海の森づくり」を推進しましょう。
(参考文献:「コンブは地球を救う」境一郎・著【水産社】)
写真左から(敬称略)
川本立雄(元朝日新聞記者)
広沢初志(九島漁家・タイ養殖/中型巻網)
水野浩一(元愛媛県漁連宇和島支部長)
村田八郎(税理士・宇和海を守る会事務局長)
古谷和夫(元全かん水会長/元遊子漁協組合長)
佐野隆三(前愛媛県水産試験場長)
笠岡義雄(日振島漁家)
伊藤元
【写真撮影・藤田圭子(早大学生)】

《「守る会」最新写真は、当HPの「写真集」をご覧ください》