GELGOOG Ver,2.0


9/12 キャッチボール−2
さて遂にMGシャア専用ゲルググVer,2.0がリリースされましたね〜、シャアゲルは放映当時から私自身、上位にランクインするMSなので嬉しい限り、思い入れの強いMSなんで数年前から仕様を変えて今まで5機以上は製作したかな、、さて今回のVer,2.0はどうなんでしょう?、Ver,UPした内容を↓に列記してみました。

@ボリュームUP(機体&武装)
A間接の強化&可動域UP(手の5指可動など)
Bスカートの独立可動(&バーニアが3機から5機へ増加)
C遊び心ある演出(1/100のララァ、エレカー等)
Dビームナギナタをシールド裏に装備可能

→@、Aは予想の範疇ですね

→Bは賛否両論あるようですが今のところ可動域UP&説得力のある動きにを実現するのにべストだと思います。模型誌にも書いてましたがメーカー側も過去の完成品の様々なアイデアを取り入れているようですね、

→C魅力的な脇役(シャアザクのクレーン等)が付属されてますが小技が効いた演出は大いに歓迎です!

→DコレはB (独立可動) 同様にアレッ!と思いましたDの装備方法は劇中でも見たこと無いですし設定画もありません
ここまで読んでお気付きの方もおられると思いますが、私が約3年前に改修した装備方法、位置と全く同じ!確か先行リリースされたHGゲルググでも採用(スカートの独立可動は一部省略されてますが)されたよう、私的にはメーカーさんと良い意味でのキャッチボールが出来たかな?と勝手に思っています^^。

ゲルググはVer,2.0になり価格は50%UPになってしまいましたが決定的なウイークポイントが改善されました。無塗装派や素組派はもとより塗装&改修される方、ジオン系MS派の方にはお勧めの1機でしょう。
私は気合で3機ゲット !、汗

>>製作日記(過去に遡った内容)を復活予定と先日おしらせしましたがもう少しおまちください・・・。

9/11 キャッチボール−1
皆さんお久しぶりです残暑がまだ厳しいですがお元気でした?私はとゆうと出張や家の用事でバタバタしてまして製作予定がやや遅れ気味(汗)、その代わり久々の製作日記を復活予定です、今回ももちろんジオン系、どのMSになるかはお楽しみに!
(ヒント→来月号のガンダムエース(角川書店)のジオリジンに登場するMS ・・・)

あっ、そうそう最近、野球(キャッチボール)がしたくてグラブを購入^^ NIKE DIAMOND EIITE(BLACK)、
デザインはオーソドックスなオールラウンドタイプ、特徴はブラックレザーで手首部分に綺麗な赤いナイキのマークが縫い付けられてます(選んだ理由はこの部分が大きかったり、笑)、

手にとって良く見てみるとグローブのデザインは昔からあまり変わってないですね〜、これは人間工学に基づいてプレーヤーの意見を取り入れてメーカーや職人さんがトライ&エラーを繰り返しながら辿り着いた不変の基本デザインなんでしょう(特殊なプロ仕様はこの限りでは無いと思いますが)う〜ん、まだまだレザーが硬いのでこれから慣らしていこう!  
イチロー選手、7年連続200本安打達成おめでと〜!

6/27
ザクVer,2.0良いですね〜
実は密かに量産型を2機、シャア専用機を3機(パッケージイラスト最高にカッコ良いですね)ついでにシャア専用ズゴック(MGズゴックはこれで3機)購入。これで旧MGと合わせザクだけで10体以上在庫が・・・またやってしましました(汗)いつも完全に買い過ぎたと思いつつファーストジオンMSは絶対に外せないMSなので気合買いとでも言いましょうか(笑)でも発売当日に購入するのはアッガイ、ギャン以来、久々だったので今となっては良いかなぁと。

さてザクVer,2.0、以前にも少し触れた事があるのですがリリースされる前は初代MGザクがリリースされた時のインパクトが感じられなかったので私の中のイメージは正直なところあまり良くありませんでした。しかしながら仮組して評価は別の意味で一変!、まず一番に感じたのが凹凸接合の精度、これは今までMGとは比較にならないほど丁度良いテンション、一度組み立てて分解する時の保力が、きつ過ぎず緩すぎず、絶妙なバランスで組み立ていてもとても気持ちが良い!これは非常に地味な部分ですが外見や派手なギミックなどに捉われずインジェクションKITの基本である組み立て、分解を考慮した非常に評価出来る部分だと思いました、素組派の方は勿論、何度も組み立て、分解をする改修派、塗装派の方には特に歓迎されるでしょう、この組み立て精度はMGのこれからのスタンダードになるんではないでしょうか?

あとは新規追加された間接の可動域、ギミッでしょうか?首間接、腰、スカート、足首、コクピットの左右移動などの完成度は実際に組み立てた人で無いと分からないと思います、個人的ですが今年一番のお勧めMG!!!。

あっ、それとHGアッガイをゲットしましたフレームはMG並みでプロポーションもGOOD!お薦めです(コチラは1機のみ)う〜ん4機並べてアノ名シーン再現したい(いかん、また危険な誘惑が、笑)




5/16
2007 MSV PROJECTの第一弾は白狼シンマツナガが搭乗するゲルググです。シンマツナガといえばR1型ザクが有名ですが敢えてゲルググを先にロールアウトしました。これでMSVは
Jライデン専用Rドムシンマツナガ専用Rドムに続き3機目になります。コンセプトはガンダムセンチネル、ジ・オリジン、これらのテイストを私なりに融合しフル改修 >>

白狼 Sマツナガに相応しい機体を追求しつつ 凄みを感じるMSを追究。また完全ワンオフの複数素材のメタルパーツ(過去最高の100パーツ以上)を使用してあります。



5/15
MSV PROJECT始動!
MSV=モビルスーツバリエーション、

ファーストでは連邦系、ジオン系とも様々な機体のバリエーション展開があり特にエースパイロットが搭乗したMS、MAには専用装備、専用カラーで塗装され実に魅的なラインナップになっていますね♪

実は数年前からこのテーマをスタートする予定でしたがシャア専用MSに集中的に取り組んできたので先送りになっていました。今後は他のエースパイロットや量産型、派生型も視野に入れて製作する予定です
ファ−ストガンダム名シーン再現同様、遠い道のりになると思いますが皆さんどうぞお付き合い下さい。(最終的に1/100アッグガイまでいきます、ホント?)笑

2007年、最初のMSVは白い機体をセレクト、ご期待下さい・・・。



3/26
HPのサイトデザイン変更してみました。

3/25
感謝!
百式のご感想ありがとうございます、記念すべき6作目のシャア専用MSとゆうことでプレッシャーがありましたが皆さんから頂いたご感想に凄く励まされました。これからも完全ワンオフの製作スタイルいきますので今後ともよろしくおねがいします。それとグッドニュース!今年は何とシャア専用MSが2機リリース決定だそうです、これも感謝!

3/19
今回、制作した百式はオーダー品の為、ヤフーオークションへの出品予定は残念ながらありません。
ご感想、お問い合わせ等ございましたら >> コチラ



3/17
おまたせしました、何とか百式ロールアウトできました、どうぞご覧下さい。昨年制作したシャア専用ザク以来、何と一年ぶりの新作です >> (そういえば最近、製作サイクルがだんだん長くなってきたなぁ、汗)。

また今回の百式で遂に製作していないシャア専用機より製作しているシャア専用機のほうが多くなりました・・・

シャア専用 MS >>
 コンプリートまで後少し、今後はまだ製作したいMSや試してみたい塗装法があるのでそちらの方もチャレンジしていければ、次回作はファーストジオンMSに戻ります。


3/3
百式のポイント3 >>フレーム (下半身−1)

下半身編は2回に分けてお送りします。まず足首ですが可動範囲が狭いわりに装甲に干渉するので間接を引き出し式+ボールジョイント可動にしました。

・まず足首のボールジョイントを切り飛ばし旋盤加工した金属パイプAを装着固定しボールジョイント(↑には写ってないです)を装着

・次にスリッパ上部はエアバーグリーンの凹プラ板C&外品サークルパーツBでディテールUPまたスリッパ内部のポリキャップ周りに瞬着ゼリー状で周りに充填しテンションUPしてあります。

■百式ですが塗装が終了しました、何とか3月初旬のロールアウトを見込んでいます。

MSN−100 HYAKU-SHIKI 
Ver,Ka+α / char's customize


>> 完成度99.5%
C→

B→

A↑

A→

MSN−100 HYAKU-SHIKI 
Ver,Ka+α / char's customize


>> 完成度98.5%


←C
B→
2/23
百式のポイント2 >>フレーム (上半身 )

前々回制作したシャア専用ザク同様に百式は結構、内部フレームに問題があります。そこで今回も気になるユニットを徹底リファイン していきます。

・首は短く可動域が狭いのでノーマルのままですと寸詰まりな印象です。そこでプラ板でかさ上げ&旋盤加工した金属パイプAで延長しました。また胴体フレームにポリキャップ(↑カットでは見えませんね、汗)を仕込み間接軸を増やしW間接タイプにi

・胸部と腹部が一体形成なので切り離し胸部に旋盤加工した金属パイプBを埋め込み引き出し式可動にまたポリキャップ周りを瞬着ゼリー状を充填しテンションUP

・胸部装甲&ショルダーアーマーのボリュームUPに伴い肩関節の接続パイプDを旋盤加工した金属パイプで延長

・腹部は胸部と切り離したので腹部Cの断面をプラ板&アルテコで形状修正し内部は強化ポリキャップを埋め込みました >>この改修によりコクピットはオミット。

■地味な工作の積み重ねですが完成度が全く違ってくるのでじっくり時間を掛けて改修しました。シルバーに見える部分は旋盤加工した金属パイプ、白く見える部分はプラ板、薄いピンクはアルテコです。

さて百式ですがサフ吹き&クリアランス調整が完了し間接のリテイクも終了しました。あとは塗装に集中あるのみ!
製作日記(仮)の次回はフレーム(下半身)を解説します・・・

MSN−100 HYAKU-SHIKI 
Ver,Ka+α / char's customize


>> 改修度98%

2/20

Z PROJECT再始動!
昨年から製作していたZ系MSですがやっと塗装前まできました〜、とゆう事で
RESTART MOBILE SUIT PLAN >>の第一弾は、皆さんもうお気づきでしょうが百式です。

百式はMGの中でも比較的初期にリリースされましたが決定的なウイークポイントは見当たりません。しかしながら現在の視点で見ると気になる箇所が結構あります、機体のプロポーションバランス、間接の可動域、武装のボリュームバランス等に問題があるように見受けられました。そこで今回の改修ポイントは・・・。

■劇中イメージとカトキデザインの融合 >> トップエースであるクワトロ(シャア)が搭乗する専用機に相応しい仕上がりを目指します

前回制作したシャア専用ザクとコンセプトは同じですがZ世代のMSなので制作にあたりファースト時代のシャア専用機とは違った解釈を盛り込んでいます。

まずは暫定的ではありますが製作日記、第1回スタート! >>




2・19
□もう少し・・・>>
前回お知らせしましたZ系MSですが、ほぼサフ吹き終了し最終調整(仮組し改修箇所のリアランス調整、各ユニット、パーツ、プロポ−ションのバランスの最終チェック→直し)、腰フレーム内部の改修、最後の金属の旋盤加工が完了しました。

私としては短期間でかなり充実した製作内容になったのではないでしょうか?、後はもう一度仕上げのサフを吹き1500のペーパーで丁寧に仕上げて、いよいよ塗装に入ります(ウ〜ンやっとココまできました)・・・製作日記はもう少しお待ちを(汗)

遂にザクのVer2・0が出ますね、印象は新規可動箇所により劇中のシーンの再現が可能になったところや間接の可動域UPしたところがあるようで大変興味深い内容のようです。しかし上半身と下半身のプロポーションバランス、ディティールが一致してないように思いました、そうは言っても素体としては面白いので購入予定 >> これでザクの在庫は完全に2ケタになるでしょう(汗)

先日、千葉軍団で有名なMODEL RUNNERのRUNさんからリンクのお誘いがありました。ありがとうございますコチラも早速リンクさせていただきました今後ともよろしくです。




1・26
本年に入り2回目の更新です。
サイトデザイン変更まで暫定的にスッキリしたTOPにしたのですがフルモデルチェンジする時間が無いので1回元に戻しました(期待していた方どうかご勘弁を、汗)

さて新作は、オーダーを頂いたZ系MSです、コチラはかなり以前から取り組んでおり現在サフ吹き前までいっています、なお次々回作は再びファーストのジオン系MSになります、ご期待ください

2007

新年あけましておめでとうございます。
旧年中は不定期な更新、製作UPにも関わらず訪問していただきありがとうございます、本年も引き続き完全ワンオフの製作スタイルでいきますので宜しくお願いいたします。

さて次期製作予定のMSは数年前から個人的に製作していたMS(ジオン系)や最近リリースされた興味のあるMS(またかなり購入してしまった、これでMG、HG、EX、メカコレ、旧キットなど合わせて在庫が70コ超えたかな、汗)があるのですがマイペースでオーダーに専念します。製作に熱中している時はHPの更新は遅くなりますがご了承いただければ幸いです。

HPデザインは今後、少しずつ変えていく予定 >>


NEXT WORKS PLAN-1>>

principality of zion
MUSAI FUORMERU

coming soon・・・

principality of zion
MUSAI FUORMERU

ザク、射出用意!方位 RT23.5!
top

HPのごあんない

http://www.h4.dion.ne.jp/~jeep/index.htm

2009 5/17 
皆さんゴールデンウイークはどのように過ごされましたか?、私はとゆう最近、釣りに行けてなかったので海まで釣りに行きました・・・とゆうかいざ行こうかと思い立ったのですが肝心の道具が揃わなかったので釣りをしてる人達を見に行ったが正解でしょう(笑)でも天気が良かったので良い気分転換になったかな♪何でも最近は黒鯛やメバルのシーズンだとか・・今度、しっかり道具を揃えて行きたいと思います。目標は尺メバルかアイナメ、グレ、・・・いやまずは一匹(笑)

その他は個人的に製作途中のMGが結構あるのでチョコ、チョコっと改修・・・のつもりがいつの間にか本格的にリスタートしたのもあったり、オーダー分を制作したりと結構忙しかったですね、HPのサーバー容量がMAXなのでコチラはHPを整理しながらUPしていく予定でいます。

次回、更新時には製作途中の、どれかUP出来ると思いますので今、しばらくお待ち下さいね♪



2009 4/9 
お久しぶりです♪


遂にグフVer,2.0がリリースされますね!ジオン派の諸君!遂に来た〜!って感じです!
ザク、ゲルググが
Ver,2.0になり次は?と思っていたのですがまさか、とゆうかやっと、とゆうかグフのリニューアル。RX−78ガンダムのバリエーションが多岐に渡ってリリースされそろそろ限界と思ってた矢先だったのでジオン派の方に限らず、ようやった!と思われた方も多いでしょう。

さてファーストインプレッションをば、私見ですがさすが満を持して登場しただけあって1.0のウイークポイントの膝関節の脆さと保持力、細い太もも、小さいシールド、細いハンドパーツ等が上げられますがこれらを改善されています、 この点は○!更にオマケで左手のマニュピレーターも付属、これでジャブロー戦でのバズーカ装備タイプや派生タイプも再現可能です、そして超精密な1/100スケールのハモン&ランバラルが付属しています、出来ることなら1/20サイズも欲しかったですが総合で◎!

え〜っと、ココからは辛口採点です。まずユニットごとのバランスは悪くは無いですが肝心の全体のプロポーションバランスが気になります、あと3次曲線のつながり方など曖昧な印象に感じます。また大型化された頭部(Ver、1.0の1,5倍くらいの大きさかと思います)はアニメ版的な解釈が取り入れられています、ここは好き嫌いがハッキリと分かれるところでしょう。

色々書きましたがいずれにしても非常に楽しみなMSです!
今月号の模型誌で詳しく載ると思うので気になる方はチェック!

さて前置きが長くなりましたがJライデンリック・ドム忘れてはいませんよ〜、徐々にベールを脱いでいきますのでお待ちを(汗)


■次回のお題はハードグラフィーシリーズについて少々・・・。
結構、書きたかった内容なので連続更新なるかな?






2009 1/1 
あけましておめでとうございます本年もどうぞよろしくお願いいたします。


現在ですが昨年から引き続きジョニーライデン専用リックドムのロールアウトを目指しております。
塗装中に気になるユニットをリテイクを繰り返して完成までの道のりを遠回りしたのですが良い感じにリファインが出来ました。結果オーライですね、これからロールアウトまで精度を上げる工程に突入します。

え〜と、まだ書きたい事はありますが次回更新の時までお待ちを〜。



12/24
皆さん、お久しぶりです最近、冬とは思えない陽気が続きますね。
さてジョニーライデン専用リックドムですが塗装中に気になるユニットを発見したのでリテイク中、汗。何とか年内のロールアウトを目指します、ガンバレ俺!

遅ればせながら今年のオラザクの結果発表されました、例年に無く多数の応募がありご家族で参戦された方もおられるようで歴史の流れを感じます、 その間、MGも100体を超え待望のGアーマーも来年1月にリリース!、今月号のHJにモックアップが掲載されてましたが感慨深いなぁ、連邦系で次のリリースはガンタンクorコアブースター?(ガンタクはラジコンVer'も検討だとか、そういえばザクタンクもまだなんでWリリースもあるか?)

オラザクは第1回大会から毎年必ずチェックしているのですが数年前と比べて全体的にレベルの底上げがされたと思いました。これはマテリアルの進化や情報によるところもあるんでしょう。

また私が数年前から始めた作風(バーニアの多重構造&クリヤーレッド塗装、メタルパーツの採用など)はオラザクには受け入れないと思っていたのですがキット選択によってはそうではなかったように思いました。さて、来年の12回大会はどのような作品が見られるか楽しみです
(個人的にザク100VSジム100のような巨大ジオラマが見てみたいですね^^)



11/1
最近、めっきり秋めいてきましたね〜木々の葉もすっかり紅葉してます、そういえば赤い繋がりでシナンジュVer'Ka、どのような形でリリースされるか気になっている方も多いのではないでしょうか?私もその一人です。今月号のHJに詳しく紹介されてましたが各ユニットの複雑なラインがまとめられ中々、好印象、ただ特徴的な装飾(黄色いライン)は色分け分割されずシールで再現されるようでココはリリースを遅らせてもこだわって欲しかった部分、何と言ってもVer'Kaシリーズしかもシャア専用MSなのですから・・・。

さて皆さんお待たせしましたジョニーライデン専用リック・ドム、今回は上半身編です。
↑をご覧下さい(白い部分&頭部が改修部分)ほぼ総てのユニットをリファインしました。各ユニットのボリュームUPバランス、それにジオン系MSらしいマッシブな有機曲線の繋がりを意識し仕上げてあります。また今回は過去制作したリック・ドムと比べ敢えてバランスを崩したユニットがあります、さあ、ドコでしょう?目を凝らして見ると分かる・・・と思います。

現在、ジョニーライデン専用リック・ドムですが気になる箇所をリテイク中なので順調にいって11月中にロールアウト予定(途中、閃いた改修は導入するかもしれません)であります。


9/18
お久しぶりです、前回更新から早、1ヶ月経過しましたが皆さんどうお過ごしですか?

遅ればせながら北京オリンピックの感想を、実はあまり観戦出来なかったのですが、その中で最も印象に残った競技は何といっても男子100M!いや〜圧巻の一言でしたね〜、ジャマイカ代表のボルト選手、予選では50Mから流して余裕の1位通過,。今まで見たレースではありえない走りでこの時点で世界記録(前人未到の9秒6台)の樹立を予感しました。そして決勝であの走り!まだまだ余力を残して世界新記録の9秒69、痺れました!いやはや底知れない可能性を感じさせてくれます。196センチのランナーがあれ程スタートが速くそのままどんどん加速していく姿は見た事がありません。ロサンジェルスオリンピックで活躍したカール・ルイスも長身(188センチ)でしたがスタートダッシュは苦手で後半追い抜くスタイルでした。

個人的にはボルト選手が100メートルにエントリーする前に世界新記録を連発していたパウエル選手(190センチ)に期待しているのですが・・・今後この2人が競り合えば前人未到の9秒5台も夢ではないと思います。

とは言え男子短距離界はこれからボルト選手を中心に展開していく事でしょう、そしてボルト選手のベストタイムは100年間は破られる事はないと思います、多分。

■さてボルト>>電流繋がりではありませんが現在、RED BOLT>>真紅の稲妻、そうジョニー・ライデン専用機を制作中であります。制作にあたり今回、初の試みを盛り込みながら結構こだわった改修にチャレンジしているのでなかなか進みませんでしたが(汗)ようやく改修もほぼ完了(改修度 96.9%)になりました、近々UPしますのでお楽しみ^^。

それとMSV PROJECTをスタートしました今後、専用のページを設置予定でいます、コチラもご期待下さい。




7/22
オラザク
HJでついに応募受付が始まりましたね、えっと締め切りは9月1日でしたっけ、今年は第11回大会になるんですがどのよう作品が集まるか楽しみです。確か去年はザク系が強かったように思うのですが今年はVer,2.0ガンダムの影響でガンダム系の巻き返えしになるか?個人的にディオラマ部門に期待、今まで見た事の無い本格的な大パノラマなディオラマが見てみたいですね。

さて私の近況はとゆうと瞬着とアルテコとタミヤパテとプラ板とそれにペーパーの消費量がハンパでない、汗、
過去最大の消費量にちょっと自分でもビックリ。



7/20
復活のシャア!
すっかり夏ですね、今年はプールか海に行きたいですね〜。
さて夏つながりとゆう訳で以前、制作したミズモノ系MS、シャアズゴVSジムのカットUP↑、う〜んこうして見るとやっぱり名シーンですね〜、いずれはジャブロー戦の再現で地下のジオラマでアッガイ6機編成部隊を再現できれば・とゆうか見てみたい。

超久々にHGをゲットしましたジオン系専門サイトしては絶対外せないMS、そうサザビーです!、実はかなり以前から模型店の1/144コーナーの前で旧キットを買って徹底改修しようか悩んでたのでリリースされるとアナウンスがあった時から狙ってました、なので今回は早めにゲット、しかし直ぐには製作しないので、1個しか買わなかったですが今になって思えば2個買っとけば良かったとチト後悔・・・。

これでHGでのシャア専用機はザク、ズゴック、ゲルググ、ジオング、リックディアス、百式、サザビーと公式設定MSは総てラインナップされた事になりました、祝!私はMGをメインに製作してるので最近、HGではズゴックしか製作したことがありませんがこれを機に空いた時間に密かに製作しようかと、HGは数多くコレクションするにはサイズ的に有利なのでお勧めですね。

あっ、それとブログ更新したので宜しければご覧下さいね^^

http://charcustom.blog.shinobi.jp/


4/27
お待たせしました〜
前回から3ヶ月ぶりの更新になります、(遅っ)今まで日記はHPのトップでしたがブログを新規開設してHPにブログをリンクさせていこうと思います(最近このパターン多いですよね)それとサーバー容量の関係でもう1つのHPも開設予定であります。

気候はすっかり春めいてきゴールデンウイーク前ですが皆さんご予定はたちました?私はとゆうと1日だけ釣りを兼ねた潮干狩りに行く予定です。

さて製作日記の更新ですが以前からお知らせしておりましたギャンを5月に予定しております、それとヤフオクに完成品を1年近く出品してないので夏までに何とか出品(今回もジオン系MS)できれば

個人的に制作したいMS,,MA、また試したい改修や塗装方法やプランは沢山あるのですがニューキット(最近になってMGのVer,2.0の06Rをやっとゲットしました)やマテリアルだけが増えていく一方で、ヒ〜汗。今後も製作スタイルは変えませんその代わり表現の幅を増やせれば良いかなぁ。




1/31
遂にジオン系MSもVer.2.0のバリエーション展開が本格的にスタートしてきたようですね2007に量産型、シャア専用と連続リリースされ今年の1月に黒い三連星の06R−1Aが3月にF型とマイレイヤーが予定されているようです。

さて今年初のロールアウトはガンダムVSジオングです(えっ、いきなり!)実はMGのジオングはこれで3機目(総てダメージVer,)制作したことになるのですが今回は微妙にテイストを変えました。次はいよいよパーフェクトジオングを制作します・・・とゆうのは冗談、笑、でもいつかチャレンジしたい。しかし改めてガンダムとジオング2機を対峙させると迫力ありますね〜、また微妙に2機のポージングを変えながら見る角度を変えると結構面白い、この楽しみ方は平面でない3Dモデルの特権でしょう。↑の大きなカットはガンダムイボルブ(ガンダムVSブラウブロのリアルな戦いが印象的でしたね)独特の渋い質感を狙いましたがどうでしょうか? 
 ・・・ギャンですが暫しお待ちを、汗



1/26

年末に開催されていたYAHOO ! JAPANのガンプラフォトコンテスト に出品してましてお陰様で
SUNRISE さんから

サンライズ賞を頂きました、ありがとうございました。全国規模のコンテストは初だったのですが思い切って出撃して良かったです


今月号の 電撃HOBBYWEBHobbyJAPAN にも受賞作品が掲載されるそうです、よろしければご覧くださいね^^




1/1 
あけましておめでとうございます本年もどうぞよろしくお願いいたします。
本年は以前から製作中のMSをメインにUPしていく予定でいます。
ギャンのTOPカットを久々更新!



12/27
いよいよ2007も師走ですね、
今年も残すところ残り僅かとなりましたが皆さん年末の予定は順調ですか?、私はとゆうと当初の予定から遅れながらですがマイペースで進んでます、何とか年末までに大掃除も兼ねて模型環境を再度整える予定です。

2月号の模型誌ですがHJ、電撃は新製品のユニコーンガンダム特集、モデグラはVer.Ka特集と各誌のカラーが見事に色分けされてましたね。新しいガンダムとファースト回帰でしたが見所が多い特集でした、3ヶ月に1回のペースでも良いからこんな感じを希望^^。

THE ORIGIN 16巻 オデッサ編・後が発売されましたね。個人的にはシャア専用ザクがヒートホーク一本でジム(スレッガーが搭乗したジムも含む)を大量に撃破しガンダムとの再戦シーンがカッコ良かったです、しかしショルダータックルでガンダムのシールドをくの字に曲げたまでは良かったのですがガンダムにもう少しダメージを与えて欲しかったかなぁ、ジオン派やシャアのファンはそう思ったのでは?この後は「ララァ編」になり舞台は宇宙になります。とゆうことはシャア搭乗機はゲルググとジオングの2機になりましたが安彦先生ですから何か捻りがあるんでしょうね〜個人的にはリック・ドムか高機動型ザクでのガンダム戦を希望^^。さて私の制作したギャンも何とかUPできるように頑張ります!

■耳寄り情報〜ヤフー!で機動戦士ガンダム総力特集 と銘打ち何と1話〜5話まで無料視聴出来るようです1月28日までなのでゆっくり見れますよ^^。




12/15
祝!機動戦士ガンダム 劇場版メモリアルボックス
がリリース!!
皆さんもうご存知だと思うのですが遂に出ますね〜発売日は12月21日→コチラ
(サンプル動画配信中) セット内容はパンフレット3冊、ポスターアーカイブスなど豊富でBOXイラストは、安彦良和さん描き下ろしなど豪華な内容、それに加え待望のオリジナル音声で収録!!、ファーストファンはもとよりファーストを見た事が無い方にもお薦めです!

遅ればせながらオラザクについての感想を・・・HJのオラザクコンテストは毎年楽しみにしているのですが今回はザク系MSが強かったですね〜同じザクでもアプローチの方法により全く別モノに仕上がりこれからのガンプラの方向性や可能性を垣間見た感じがしました。
何気に何回も記事を読み直しているうちに私も何だか無性にオラ設定のザクを製作したい衝動が、え〜と確かザクは1/100だけでも2ケタの在庫があった・よ・う・な〜、余裕で2個中隊が編成可能です、笑

>>それともう1つお知らせなのですが遂にHPのサーバー容量がMAXになってしまいました、現状ではこれ以上カットをUPできない状態です、エ〜、汗。HPのカットの整理すれば少しはUP出来ると思うのですが根本的に解決できないので何とかしないといけません、プランは何点かあるのでどうするか只今、検討中です、今暫くお待ちを。ギャンは容量確保していたのでUPは可能だと思います、頑張れ俺!




11/20
さらに出来るようになったな!

皆さんもうご存知だと思いますがソフトバンクからリリースされる シャア専用携帯 かなりクオリティー高そうですね。
充電器がシャアザクヘッドで携帯にモノアイの発光源がありセット(すると移動しながら光る?)

しかも充電器の造型、ディティールとも新規作り起こしでサイズが1/12、これは先行発売されたHY2Mと同サイズで頭部をコンバートすれば更に巨大な携帯充電器(全長150センチくらい)に^^このコラボは偶然ではなく、メーカーさんも狙ったんでしょうね!ある意味、この最強のコラボを実現する勇者(ファーストファン)は日本に何人?

えっと、もう1つお知らせ!
私の以前からの模型仲間であるDreamさんがこの度、我がZIONIC SITEにスポット参戦することになりました〜
祝!
模型のキャリア、確かな技術、センスは折り紙つきで彼独自のカラーがあり良い意味で刺激をもらっています。これから彼の単独作品もUP予定ですが、以前から手がけていた私とのコラボ作品もUPしていきます!

新規カテゴリー(ZIONIC FACTORY J&D) 立ち上げ!
第一弾 >>


単独作品 ( Dream )
・(1/35 UC.HARD.GRPAH )
・DOMTROPEN (1/144)

コラボ作品( jeep + Dream )
・ザク(1/35 UC.HARD.GRPAH )
+α
・SD(ジオン系MS)

どちらが先にUPできるか分かりませんがお楽しみに^^

>> それとギャンですが今月中にフルUPします、コチラもお楽しみ!

11/11
皆さんお待たせしました〜
マクベ専用ギャン(改修編)UPできました、ご覧下さい!!
↑の >>UPから入れます

YMS-15 GYAN Prototype Close-Combat MS
>> Pilot Ma-Cube

■武装編
製作日記8回目は武装編です、皆さんよくご存知のようにギャンは接近戦用MSで主要武装はビームサーベル、シールド内蔵のニードルミサイル、ハイドポンプ(機雷)で限られた作戦(テキサスコロニー)を想定すれば戦闘を有利に進める事が可能です。が、このままでは万能型MSのガンダム、ゲルググに対しアドバンテージはありません。
そこでいささか掟破りではありますがMSの装備で最強の武装を携行させます、もちろん製作にあたりフル改修、

>>ヒント→ マ・クベがオデッサで発射命令を下した禁断の最強兵器


(今回はカットはありません、ゴメンなさい、その代わり次回、全身フルカットをUPします、お楽しみに!)

YMS-15 GYAN Prototype Close-Combat MS
>> Pilot Ma-Cube


11/3
最近、朝夕はめっきり寒いですねー、寒さに弱くは無いですが今日運転してて初めてクーラーからヒーターに切り替えました。自販機で買うコーヒーもアイスからホットに、そういえばガソリンスタンドで給油のついでにタイヤのエア圧の調整、4本とも少し低かったみたい、ン、前タイヤのショルダーが磨耗し始めてます今年中にローテーションやるかな、

さて今回のギャンの製作日記7回目は3回目にUPした脚部のUPカット&バックショットを公開!
前回に改修の解説したので今回は記しません、カットのみご覧下さい、大き目なので改修箇所が見やすいと思います。

※白い箇所はプラ板、ピンクの箇所はアルテコ、ライトグレーはラッカーパテです。

11/1
マ・クベ専用ギャンのポイント4 >> ヘッドユニット-2
斜め俯瞰からのカット、
質感のある大気を切り裂くような造型をイメージしフル改修、胸部のボリュームUPしたバランスが良く分かると思います。頭部&胸部とも改修度80%
YMS-15 GYAN..Prototype Close-Combat MS
>> Pilot Ma-Cube

□頭部(SIDEーB)
ヨコから見ると全体の造型が緩慢( 特に後頭部 )なラインなので中心面から外へに向かって最低限の強度を残しギリギリまでシャープ化。また後頭部,&エリ部分はプラ板で延長
>> 敢えてヒトガタの造型から外し騎士の甲冑ラインを融合し硬質感のある大気を切り裂くような造型をイメージ

■頭部(FROT)
ーマルは丸くて首が細くモノアイラインが太いのでアンバランスな印象です、まずモノアイラインはタテが短いので上下に切り込み延長、次にタテ&ヨコの十字ライン断面に0.3ミリプラ板を貼りモノアイラインの幅を狭めシャープ化。逆にアンテナは小さいので大型化。

11/1
TOPの製作日記を左下の日記 >> New !に移動しました♪
今回はマ・クベ専用ギャンのポイント4 >> ヘッドユニット-2■頭部(FROT)です。
ご覧下さい〜


さてギャンですが実は1年前から製作しており今年に入りやっとロールアウトしました、HPではもう暫く製作日記風?にUPします。本UPは11月を予定、お楽しみに!そういえば以前にもお伝えしてましたがジオリジンでもギャンが登場してましたね^^


日記でもたま〜にガンダムエースに掲載されているジオリジンについて感想を書いてきたのですが今月から私なりの感想や今後のストーリー展開へのリクエストなんかを書き綴ったりしようかなと思います、

第一回目は1ヶ月前に遡って11月号、この号は何とオデッサでギャンが初登場!しかもマ・クベがグフ部隊を率いてジムを撃破するシーンの描写がされてました、「おっ、こう来たか!
ドムやザクではなくてグフとゆうのが如何にも安彦さんらしい、そういえばギャンもグフも接近戦用MSなので運用方法は的を得ています、なるほど!さて次は本編に無かった捻りをどんな風にいれるかと思ってたのですが」・・・あれ、ガンダムとの戦闘シーンもなく、海中で・・・?エッ、状況が飲み込めず思わず何回も読み直してしまいました。

このままテキサスコロニーでのシャアが搭乗するシャアゲルに発したあの名セリフは聞けないのか!

まだ見てない気になる方はバックナンバーをチェック!

Episode 02へ続く・・・

10/25
マ・クベ専用ギャンのポイント3 >> スネ-2

え〜と今回は脚部の2回目になります、本当は今回が1回目なので今回の解説を見て10/20の解説を見たほうが分かりやすいと思います。

ノーマルのスネパーツは金型の技術進歩により何と1パーツで抜かれてます。初心者さんにはユーザーフレンドリーで歓迎される内容ではないでしょうか?。しかしながらメカ的造型の観点から見ると面白みに欠ける印象を受けます。改善点として上からプラ板やパテでボリュームUPする手法も考えられましたが私のイメージする造型だとエッジラインが厚ぼったくなり全体のバランスに影響が出ると予想。

そこで思い切って4パーツに分割→この後、更に各パーツをプラ板、アルテコで延長、4パーツを組み立てた時にボディ全体とのバランスを考慮し結構トライ&エラーを繰り返しつつベストバランスを探りました。

ギャンは接近戦用MSなので脚部のスネは改修の方向性によりによりロールアウトした時の印象に大きく左右されるポイントユニットだと私は解釈しています。甲冑独特のアナログ的な有機曲線と接近戦用MSのシャープなラインの融合を狙いました。組み立て後のカットは↓をご覧下さい。


YMS-15 GYAN..Prototype Close-Combat MS
>> Pilot Ma-Cube

YMS-15 GYAN..
Prototype Close-Combat MS
>> Pilot Ma-Cube

10/20
マ・クベ専用ギャンのポイント3 >> 太モモ&ヒザ&スネ


皆さんお待たせいたしました、ギャン製作日記の第3回目になります、カットが小さくて分かり難い所もあると思いますがどうぞご勘弁を、汗

下半身ユニットですが全体的に細身でコロンとした印象でジオン系MSの特徴である力強さが感じられません、そこでボリュームUP&シャープ化しつつ有機曲線を加える方向で進めました。

・太モモは1.2ミリプラ板で囲いボリュームUP&シャープ化

・ヒザは前面部を平面に削りプラ板を積層し上方&下方を延長しつつシャープ化、また丸いニーパッドは小さいと感じたのでプラ板を巻きつけ一回り大きくしました

・スネは一番、手間と時間が掛かりました、まず1パーツで構成されているのでエッチングソーで慎重に4つに分割しスネ上部とスネ下部に分けてボリュームUP&シャープ化、スネ上部とスネ下部接着は元の断面でなく敢えてずらし段落ちの造型に、これによりハッキリとした別パーツ感と硬質的なメカ的造型が強調されました。

(白い箇所がプラ板、薄いピンクの所がアルテコになります)

>>製作日記は前回に引き続きもこんなかんな感じでいきたいと思います、宜しくお付き合いください

10/8
マ・クベ専用ギャンのポイント2 >> 腕スカート&腰部
ets・・・。

・スカートユニット(前面×2、サイド×2、リア×1、計5枚)はボリュームUPした上半身とバランスがとれるようにタテ、横方向にボリュームUP&シャープ化しつつ形状修正、ただ大型化するのではなくロールアウト後の全体プロポーションバランスをイメージしベストバランスを探りました(リテイク5回、汗)

・腹部はウイークポイントであるコクピットハッチの正面投影面積が大きすぎるので小型化&周りの腹部に隙間が大きくなるのでプラ板で回り込む形で埋めました(チョッと見えにくいと思いますがご勘弁を、)

・逆に腰部はボリュームUPしました、流体パルスアクセラレーター&股関節周辺ユニットをプラ板で2周り大型化

(白い箇所がプラ板、薄いピンクの所がアルテコになります)

>>あれっ、左側に○○○○○バズーカのような武装が、それとフトモモがチラリと見えてますね、コチラは次回に解説予定になります、お楽しみに・・・。

>>製作日記は前回に引き続きもこんなかんな感じでいきたいと思います、宜しくお付き合いください

YMS-15 GYAN...Prototype Close-Combat MS >> Pilot Ma-Cube

9/15
マ・クベ専用ギャンのポイント1 >> 腕部


・肩の球形ユニットに比べ上腕が貧弱&造形的に面白みに欠ける印象なのでボリュームUP(大小の台形を2コ合わせ中央部は微妙に盛り上がった感じに)また間接の露出部分が大きいので下側に延長してあります。

・肩の球形ユニットと上腕をつなぐジョイント部分に隙間があり保持力に不安があります、そこで強化ポリキャップにコンバートしつつ取り付け方法を変えて隙間を無くしテンションUP

・ヒジは間接の露出部分が気になったのでプラ板で延長、それに伴い手首はプラ板でボリュームUP

・付属のハンドパーツは可動指なのですがボリュームUPした機体には貧弱なのでガトゲルHDMにコンバート。


■ギャンといえばビームサーベルで連続の突きを繰り出すフェンシングポーズ、力強い突きのシーン再現をイメージしリファインしました。

>>製作日記はもう暫くはこんなかんな感じでいきたいと思います、宜しくお付き合いください


Gundam Linkさんよりリンクのお誘いがあり相互リンクさせていただきました。

YMS-15 GYAN...Prototype Close-Combat MS >> Pilot Ma-Cube

オデッサ進行までに・・・。

FIRST 編、スタート!

9/14 ファースト編、始動!
昨年から製作していたジオン系MSですが超久々のシャア専用機以外のMS、しかも旧キットも含めて初MS!。
START MOBILE SUIT PLAN >>の第一弾は、皆さんもうお気づきでしょうギャンです。先日お知らせしましたがガンダムエース11月号、ジオリジンでもいよいよ登場するようで楽しみですね〜

さてギャンですがMGの中でも後発にリリースされたので今までの技術、経験が投入され決定的なウイークポイントは見当たりません。しかしながら良く見てみるとジオン系MS専門サイトとしては何か物足りなさを感じます。そこで今回の改修ポイントは・・・。

1、マ・クベ専用MSのテイストを感じさせる何か?を取り入れる
2、劇中の臨場感あるシーンを再現したいので決めポーズがスムーズに出来る間接構造に改修
3、プロポーションバランスを見直し私のイメージする理想的な造型にリファイン


まずは暫定的ではありますが製作日記、第0回スタート! >>

YMS-15 GYAN...
Prototype Close-Combat MS
Pilot Ma-Cube

2009/ 6/12
ジョニーライデン専用高移動型ザクR2
皆さん、こんばんは、前回から2週間ぶりの更新です、ザクR2ですが機体全体のリテイクや微調整をしながら順調に進行中。実は制作日記は遡った解説になっていますが現在は塗装&メタルパーツの組み込みが完了しております、(エッ)。UPはサーバー容量の関係でFC2の専用ページになる予定、今しばらくお待ちを・・・。

■Jライデン専用R2ザク製作日記、武装編-A 第5回 >>

まず砲身の内径に合わせ旋盤加工したワンオフのメタルパイプを砲身に挿入、やや長めに加工してあります。
前回に引き続き私のトレードマーク的な改修です。

次にグリップの握り部分にも旋盤加工したワンオフのメタルパイプを埋め込みました。理由は次回にお話します、


ヒント >> ハンドパーツの○○力


次回は武装編-Bを予定す、お楽しみに!

MS-06R-2 ZAKUU
PRINCIPALITY OF ZEON 
J,RIDDEN’S CUSTOMIZE MOBILE SUIT

MG1/100 MASTER GRADE
>> 改修度 99。8%


MS-06R-2 ZAKUU
PRINCIPALITY OF ZEON 
J,RIDDEN’S CUSTOMIZE MOBILE SUIT

MG1/100 MASTER GRADE
>> 改修度 99。7%

2009/ 5/29
大型化
ザク系MSの武装ですが段々と大きくなってきてますね、ザクVer1.0よりマシンガンやザクバズーカなどは明らかにボリュームUPされてます。当然の事ながらヒートホークも造型を変えて大振りになってますが今回は更にボリュームUPしました。

■Jライデン専用R2ザク製作日記、武装編-@ 第4回 >>


ヒートホークは機体改修に伴い大型化しました、まず刀身部分が小さいので1.2ミリのプラ板でボリュームUP、刃先はシャープに整型、刀身部のウェイト&熱源で切り裂く感じをイメージ、パイプ部分はやや太目のスプリングにコンバート、グリップエンド部分は丸くて短いので切り飛ばし金属パイプを旋盤加工したワンオフパーツにコンバート、2周りビックサイズに。白い所がプラ板、ガンメタリック&シルバーの箇所が金属パーツです

次回は武装編-Aを予定しています、お楽しみに!


MS-06R-2 ZAKUU
PRINCIPALITY OF ZEON 
J,RIDDEN’S CUSTOMIZE MOBILE SUIT

MG1/100 MASTER GRADE
>> 改修度 99。5%

2009/ 5/26 
久々の連続更新!
ども、前回の続きです、しかしこのペースで制作日記をUpしたのは何年ぶりか、汗

■Jライデン専用R2ザク製作日記、脚部編 第3回 >>
足のスリッパ部分は先端部分が短いのでボリュームUP (3方向から微妙な有機曲線を描きながら自然な感じに) またスラスター用の穴を開口してるのが確認できますがこの後更に増やしました
また気になるユニットのエッジ周辺を微妙にエッジコントロール

え〜っと武装編は次回になりました、ご勘弁を、汗

2009/ 5/23 
待望のMGがリリースされる予定
らしいっですね、まずグフVer,2.0これは本日23日にリリース決定、次に連邦系ファン待望のガンタンク、「やっと来たか〜、待たせ過ぎだよ」って感じです(人のことはあまり言えませんが、汗)、試作品を見た限りでは、かなり完成度が高いようで、将来的にラジコン化を見越した開発で犠牲になる部分があるかと懸念していましたが良い意味で裏切られました。ホッ。

こうなってくるとガンキャノンもVer,2.0もリリースされるんだろうか?なんて思ってみたりしてるのですがどうなんでしょう、もしかしたら隠し玉で年末にコアブースターがくるかも?そうなってくるとWB内の格納庫が再現出来るか、いや、やっぱ支援メカならやはりドダイ爆撃機がいいなぁ。

あっ、前回に引き続き↓解説しました

■Jライデン専用R2ザク製作日記、上半身編 第2回 >>

@頭部は必要最低限の強度を残してシャープなラインに整型
Aブレードアンテナは先端が丸くて短いので延長&シャープ化
B胸部はボリュームUPしました
CL型シールドの大型化、約2倍の面積に
Dスパイクアーマーのスパイクを旋盤加工しシャープ化&モールドを深くシャープに彫り直し
E腕部のボリュームUP&ヒジ横にサークルパーツを貼り付け
Fスカートアーマーの幅増し&形状修正 ets・・・。

次回は下半身&武装編を予定しています、お楽しみに♪

MS-06R-2 ZAKUU
PRINCIPALITY OF ZEON 
J,RIDDEN’S CUSTOMIZE MOBILE SUIT

MG1/100 MASTER GRADE
>> 改修度 99。5%



MS-06R-2 ZAKUU
PRINCIPALITY OF ZEON 
J,RIDDEN’S CUSTOMIZE MOBILE SUIT

MG1/100 MASTER GRADE
>> 改修度 99%


2009/ 5/18 
ガンダム生誕30周年!
とゆうことで何と
1/1のガンダム を建立中だそうで、何でも寝た状態では無く大地に立ったポーズとゆうのですからこりゃまた凄い計画です!この勢いで次回はシャア専用ザクを希望!

さて私はとゆうとガンダム生誕30周年第0弾として、Jライデン専用高機動型ザクR2をロールアウトを予定してます。↑にチラッと上半身UPしました。

MGVer,2.0のザクシリーズですが流石に満を持してリリースされただけあって間接の可動域、パーツの同士の組み立て精度、遊び心のある可動ギミック、今後の多岐に渡るザクバリエーションを考慮したフレーム展開など実にソツの無い造りになっていますね、組み立て中に「なるほど、こう来たか〜」と感心する場面もあります。

が、しかし残念ながらVer,2.0になってもウイークポイントは存在します、まずMGドム系やゲルググVer,2.0系と同じく指を5指可動にしたのは良いのですが武器の保持力に問題があります。ヒートホーク、ザクマシンガンは何とか保持できますが、ザクバズーカやジャイアントバズーカになると決定的に保持力不足です。この部分はどうしても見過ごすわけにはいきません。

あとは私的にプロポーションバランスが良くないユニットが存在するように感じるので、ファーストジオン系MSのラインの再現を目指します。

暫定的ではありますが製作日記、第1回スタート! >>

2009/ 7/1
ジョニーライデ専用高機動型R2ザク、ロールアウト!
皆さんお待たせしました、久々の新作になります、現在、撮影→編集中ですので今しばらくおまちを〜
梅雨入り前に塗装が完了して良かった^^。

次回作はMG グフ Ver,2.0で現在、改修中です、ジョニーライデ専用高機動型R2を公開後に制作日記スタート予定ですのでご期待下さい!

MS-06R-2 ZAKUU
PRINCIPALITY OF ZEON 
J,RIDDEN’S CUSTOMIZE 
MOBILE SUIT


MG1/100 MASTER GRADE Ver,2.0