はじめに
このホームページは主に青函連絡船十和田丸を1/100スケールにて製作したものを紹介するものです。

この十和田丸(実船)について
昭和39年に始まった青函連絡船代替計画により1番船津軽丸が就航し客貨船タイプとしては最終7番船として昭和41年に就航しました。折りしも時代は高度成長期だっこともありのちに貨物船タイプも総代替し北海道と本州の大動脈として活躍しましたが時代の流れ速いもので40年後半には客は大型旅客機に奪われ貨物は大型トラックに奪われ年々輸送実績が落ちるようになりましたが青函トンネル開通まで歴代連絡船シリーズの最終ランナーとしてひたすら津軽海峡を渡ってきました。ところが青函トンネルの工期が大幅遅れる事となり車で言う車検切れになる船が出始め急遽貨物船タイプの石狩丸、桧山丸を客貨船に改造し津軽丸型4隻(十和田丸含む)と貨物船空知丸で昭和63年の春に青函トンネルへバトンを渡しました。  その後十和田丸は羊蹄丸と共に期間限定のアンコール運行に応えた後神戸〜横浜間のクルーズ客船として復活しましたが長続きすることは無く海外へ転売ののちに係留カジノ船として使用されていたようです。

なぜシリーズ7隻の十和田丸なのか?
津軽丸、松前丸、八甲田丸、大雪丸、摩周丸、羊蹄丸、十和田丸とあったわけですが私が青森生まれの末っ子だからですね・・・・・単純。
それとこの十和田丸が一番派手なカラーリングしておりラジコン模型として走らせた時に絵になりそう というのが一番の理由かも知れません。  ところがこの十和田丸を池で走らせていると女性の殆どが 「 わ〜、タイタニック!」 と嬉しい声を掛けてくれます 反面、男性はかなりの確立で青函連絡船ですよねと声を掛けてくれますが どちらが嬉しいのか判断の難しいところです。

最後に
連絡船に限らず船舶等は定期的なドック検査等で改良が施されれており各年代の写真を見比べると変化していますが 同一年代の写真不足の為多少おかしなところがあるかも知れません ご容赦ください。

K-Hirakawa

各ページに於いて画像をクリックすると大きく見る事が出来ます

メールはこちらまで

ブログ始めました

ブログ(ドック)内にて
1/80十和田丸造船中です