国井弾薬庫
KUNII SAKUYA's HP  MANIC EDEN 

    最新更新 2010/08/4


 INFORMATION:CONTENTS 

  私は、誰か 




     


SERIAL PUBLICATION:CONTENT

国井の素(おんがくの巻)【♯45: 06/5/13 up date】
国井の素(さいきんの巻)【♯03: 05/11/04 up date】
国井が素(ようせいの巻)【萌えキャラ創造計画/♯02: 05/6/9 up date】



                 OTHER WORKS ―アニメ会の公開秘密基地


      PC環境によってレイアウトの不具が多々出るようです。お見苦しい部分はひらに御容赦。


■Notice          

下記は前回の単独『帰ってきた新任教師』での映像(コント/ネタ)。
スタッフさんの御尽力です(ぱちぱち)

まぁ、本屋さんの「ちょっと立ち読み用」ですね。ライブ全体ではありません。
ですがこれで国井の「お笑いのネタ」と呼ばれる、出力形式がわかると思います。
ホントに一部ですが。

結構、フリーでトークするとか、
誰か他の人間と演劇をするとか思っている方もいるようですね。
そういうものではありません。国井以外、誰もいません(笑)。

ニコニコ動画
http://www.nicovideo.jp/watch/sm1445902

YouTube
http://jp.youtube.com/watch?v=FIePzybvTBw


上記のアドレスにアクセスして上手く視聴できない場合、
 国井に御質問いただいても、配信システムなど、
 国井はまったくわかりません。御質問にお答えできませんので御注意ください。(ぺこり)
           


LIVE/IVENT 8月6日金曜日 『サンキュータツオのコレカミ!』         渋谷シアターTSUTAYA1階 カフェ「Prologue」         19時開演 チケット(前売り)2000円         アニメ会のメンバであるサンキュータツオ主催のアニメファン向けのライブ。         製作/制作サイドの方々をゲストに迎えてのトークライブ。         オタク向け、というより、『学生向け』かも。         制作の構造がよくわかります。         専門学校でも聞けないような方々に話が伺える貴重なライブ。
DVD/Bule-Ray Disc 発売中 『R・O・D The Complete-box』(ブルーレイ)           アニメ会ライブで大騒ぎしていた『ROD』シリーズのブルーレイ化。           OVA3話と『THE TV』が全話収録。           ブルーレイ化の際しての新規コメンタリにアニメ会として参加。           外装パッケージに『アニメ会』って入ってる!!           うわー。ゆめのよう!!                      ……夢って叶うんだなぁ……。           『かみちゅ!』ではかなり舞い上がってましたけど、           今回はけっこう落ち着いて、国井の「神さま」な           クリエイタ(舛成監督、脚本家の倉田さん)に作品のお話伺ってます。           まさしく「やはりプロはこうなのだ」と、国井も痺れるお話。           すごいよ、やっぱり。            発売中 『珍遊記』           ジャンプ連載(80年代?)の漫画原作で全3巻でフラッシュ・アニメ化されます。           そこでなんと、『諸葛孔明』を演じています! しかも「ひとこと」で!(笑)                      中尾さん、くまいさん、櫻井さんのサインいり。           ……TVにも出ていないコネもない芸人がここまできたのだ。           これくらい、アニメの神も許してくれるだろう。(駄目?) 発売中       『かみちゅ!』(第6巻/第12話「ふしぎなぼうけん」)                         『R・O・D』シリーズでお馴染みの舛成監督と倉田先生のオーディオコメンタリィ            わたくし、国井咲也がアニメ会メンバーと共にゲスト参加してます!                      ただでさえ萌え狂っていた作品にコメンタリー参加です!            なんという栄誉! 
 祀ちゃんのひざ小僧はしかし、無防備だ。  

執筆 
一覧はこちら 連載  『楽天ブログ/アニメ会の日替わりアニメ定食』 金曜日担当 ネットコンテンツ     『USEN SHOWTIME アニメ会(国井咲也・三平×2)のこのキャラで世界は天国さ』 ネットコンテンツ     『チャンピオンREDいちご/アニメ会のあれやこれや』                        コラムを書いてます。            アニメでない映画とキャラ(役)の話をしています。(表紙画像は09年2月号/偶数月発売)
PODCAST(ipod視聴コンテンツ)      アニメ会の『ヲタめし!』 緊急告知! 使用していたサーバの急なシステム変更により、事実上番組の更新が不可能となりました! つきましては、番組配信のブログを第29回から変更します! http://www.voiceblog.jp/wotameshi/ こちらのブログにアクセスしていただいて、 再登録(バナーをituneにドラッグして『ポッドキャスト』の所にドロップ) してもらえれば、環境は今までどおりとなります。 過去の放送分も順次新しいブログでも聴けるようにアップの予定です。 しかし困ったことに 国井の環境ではこの方法では更新ができませんでした。 ですが、 まず上記アドレスで新しい更新ブログに飛んで、 ブログの一番下にあるバナー  ブログの下のほう このオレンジの上のやつ 写真にある『RSS Podcast』のバナーを クリックして、 自身のPCのituneの『Podcast』の上にもってきて ドロップしたら、 国井の環境(林檎のOS10.3 ネットへのインタフェイスは『サファリ』を使用してます)でも 今までどおりに登録/更新ができました。 こういうふうにやったら国井は成功しました。 もしブログにある一番大きい登録バナーで うまく行かなかった方はこの方法もおためしあれ。
末葉日記 骨相の梢   MAKE CONVERSATION, FAKE CONVERSATION
 

 さくや:乙女回路内蔵の大男。フルーツパフェと菜の花の巻寿司がすき。

 くまぞう:一番古株のぬいぐるみ。「ふにふに」と笑う、お気楽主義くま。
           あまいおかしとかにかま。それとふかふかの布団がすき。

 モモ助:コモモ族のしっかりくま。はちみつをいれたホットミルク、それとりんごがすき。

 バタさん:「バタさん」は愛称。名前はヴァーミリオン・クマース・ウェインリッジ枢機卿。
           おしゃれなタイ(リボン)がトレードマーク。
           イギリス出身。フィッシュ&チップスと一晩おいた甘口のカレーがすき。 

 玲(あきら):さくやのAir Sister。くまハーレムに押されてすっかり出番がなくなってしまった
             あいねや多くの脳内妹達にあって、唯一その存在を残している希有な妹。 
             東京の中野とか高円寺あたりで一人暮らししている(らしい)。 
                  

 美里(みさと):さくやのAir Sister。
              玲の双児の妹にあたる。愛称は「みりぃちゃん」。
              さくやの脳内実家(岐阜。もしくは仙台市。とにかく桜が美しく咲く場所)に
              住んでいる(らしい)。


妖精多数



過去の日記/
2005年(4月〜12月)
      2006年(1月〜12月)
      2007年(1月〜12月)

      2008年(1月〜12月)
      2009年(1月〜12月)     


■JUNE/JULY



27th/10th

■またまた警察署へ。
 ストーカ被害(加害者がいつどこで何時に現れた、という確認報告)の相談。

 『ヲタめし』の収録場所がバレている弊害だ。
 そこから後をつけてくる。
 あまりにキモいので引っ越しまでしたのに、転居先を悟られては大変だ。

 再三再四に渡る警告(もちろん、ストーカ行為をくりかえしている犯罪者には
 文章としても送っています)にもかかわらず、いやがらせをくり返す。
 気味が悪いことこの上ない。
 日本語がわからない程の知能指数ということか。
 いい年こいて「迷惑だ」という漢字も読めない犯罪者らしい。
 「欲求不満のなすりつけ」が強烈に気持ちが悪い。

 TVにもでていないようなタレントを待ち伏せして何時間も浪費するくらいなら、
 きちんとした仕事を持つか、学校からやり直して人間関係の構築の仕方を
 学ぶ時間にあてた方がまだ前向きだと思いますが?
 更正は早い方が良い。 
 といっても、女性として年齢的に後がないのか。
 (まぁ、だからストーカー行為に走る、というか、走らざるを得ないのでしょう。
 なにもないヒマ人、つまりは無才能、無努力な人間ほど犯罪に走りやすい)

 その焦りを他人に向けてなにが楽しいのか。
 そういった思考をすること自体が不愉快だし、吐き気がする。

 こんな低俗な生物が存在する事が無気味。
 豊かな社会が生み出した「無価値」といえる。
 早急に行政で処分できる法整備が急務だろう。


 当日は常時、携帯で警察の担当の方と連絡しつつ、タクシーで帰宅。
 (いらん出費だ。このストーカ女の為に金銭を失っている。十分に犯罪だ)


■MAY


25th
モモ助:…きょうはいいおてんきですよぅ。

さくや:晴れたり雨だったりだけどねぇ。
    今日は晴れたね。

モモ助:あい。

さくや:……はー。(ため息)

モモ助:ややっ?!
    ……なんだか、おつかれですよぅ。

さくや:なんかねー。疲れてるんだよなー。ここんとこ。   
    なにしてるってワケでもないのになぁー。

モモ助:ぐあいがわるいんでしょうか?

さくや:そうなのかなぁ。
    なんかねー。とにかく疲れてるんだよね。
    肉、食い過ぎか?

モモ助:おにく?!

さくや:肉は疲れやすくなるっていうしなぁ。

モモ助:ふむふむ……でもでも、ごはんのとき、おにくあまりたべませんよぅ。

さくや:……だよなぁ。
    モモ助もくまぞうも肉とか魚、たべないからついつい
    野菜主体になってるからなぁ。
 
モモ助:すみませんよぅ。
    あちきたち、ぬいぐるみのくまですから。

さくや:ははは。

モモ助:ややっ?!

さくや:なぁに、モモ助?

モモ助:ぎゃくに、おにくたべないからではっ?!

さくや:あー。
    そういうのもあるか。
    パワーとかスタミナがない、みたいなとこか。

モモ助:あい。

さくや:…………よーし、じゃぁ、今日のごはんはハンバーガーでも買ってくるか。

モモ助:あい。

さくや:モモ助たちはどうする?

モモ助:あちき、「ほっとあっぷるぱい」だとうれしいですよぅ。

さくや:はは。やっぱり!

モモ助:あちき、りんごがすきですから。


■APRIL↓

25th
■最寄りの警察署へ
 ストーカ対策室へ相談。

 とりあえずピーポ君の尽力に期待したい。


9th
■渋谷にてサンキュータツオ主催『コレカミ!』
 
 サンキュータツオのライブにゲスト出演。
 メインはなんと舛成孝二監督。しかも「演出論」。

 いやー、感動。
 やっぱり一流って凄いな、と思わせる内容でした。
 「考える」という事がいかに大切で、
 そこが肝要かということを再認識させられましたね。

 悲しいが、
 アイデア(発想)は無料だと思い込んでいる人があまりに多い。
 そういう人はなにもしない、というか、
 出来ない為に「なにかした気」を欲する傾向が極めて強い。
 どうにもならないとこれを『恋愛』にすり替える傾向も見える。
 ストーカ行為なんて、この典型。
 能力もなく、努力から逃げる人間ほど
「なにかしている」気になりたくてこういった犯罪に走るのでしょう。
 なので、巻き込まれない為の工夫が必要。思い当たる人は注意して。
 (ピーポ君にはもっと頑張ってもらいたいと切実に願う国井咲也である)

 国井は満を持して(?)、キャラクターデザインとしての銃器のお話。
 ライブ後、舛成監督の御指摘(もちろん、笑いながらね)もいただいたのだけれど、
 銃器うんぬんの描き方は、「設定」の範疇。
 つまり『キャラクターデザイン』ではない。
 ないのだが、作品のデザイン(設計)の1要素として捉えて、話をしました。
 ……伝わったかなぁ?

 国井の美学に反して、やや時間をオーバ。(笑)
 あれでもかなり現場で削った。
 銃器の進化を読むとき、「弾丸」の設計思想も重要なファクタ。
 そのあたりもバッサリ。


9ミリの代表格(なんのこっちゃ)

 
 
他にも国井が唸った『コレカミ』なデザインを持つ作品、
 たくさんあるので、
 機会があればまたやらせてもらいましょうか。
 二時間もあれば『完全(武装)版』、できるのでは?(しないしない)

 次回『コレカミ!』は6月開催。
 舛成監督の最新作『宇宙ショーへようこそ!』の公開も6月。
 劇場へ走れ!


1st〜8th
さくや:…………はー。つかれた。

モモ助:おつかれさまですよぅ。

さくや:いやぁ、終わったわけじゃないからね。
 
モモ助:ややっ? じゃぁじゃぁ、まだまだおしごとですかっ?

さくや:仕事ではないな。
    仕事となるように、だね。

モモ助:がんばるところですかっ?!

さくや:がんばりどころだなぁ。

モモ助:でもでもおやすみしないとたいへんです。

さくや:そうなんだけどなぁ。
    ……まぁ……

      ひょい、とモモ助を抱き上げるさくや

モモ助:やややっ?!

さくや:君たちがいるので頑張れますよぅ。

モモ助:ややっ?!


■MARCH↓


10th〜29th
さくや:……ぐ、ぐおおおお……

くまぞう:!!!??(どしたの?!)

さくや:さ、さすがにしんどいのだ、くまぞう。

くまぞう:!!!(おやすみするの!)

さくや:それができんからしんどいのだ。

くまぞう:むーむー。(考え込んでいる)

さくや:しかし頑張りどころなのだ。
    ただ、頑張れば頑張る程、アニメ観る時間がないよなぁ。

くまぞう:!!!(こまったなの!)

さくや:まったくだなぁ。
    というか、アニメより庭の手入れがしたいのに。
    ぜんぜん時間とれん。
    くまぞうやモモ助がいてくれるから、毎日の生活が枯れる事は無いが。  
    ……潤うのぉ。君たちのふかふか笑顔は。

くまぞう:ふにふに!


1st〜9th

     仕事部屋/モニタにむかっているさくや

さくや:かきかきかきかきかき……

モモ助:ぷゅぃ〜。

さくや:あー。大変だなぁ。

モモ助:あい。
    さくやさん、こーひーたくさんのんでますよぅ。

さくや:完全に飲み過ぎだなぁ。

モモ助:でもでもあさからずっとですから。

さくや:飴くおう、飴ちゃん!

モモ助:すこしおやすみしますかっ?!

さくや:うん。そうしましょう。


■FEBRUARY↓


8th〜20th
忘れた頃にやってきた

ずいぶん前に予約していたミニカーが届いていた。
完全に忘れていた。
仕事ががんばりどころだと、モモ助とくまぞうが結託して隠していたのだ。
かわいい。
最近はパーツ(なんの?)が週1は届くので
配送の人と仲良くなっているらしい。
さすが女性はかわいいくまに抵抗がない。
かといってあまり仲良くなられても面白く無い。
連れていかれたらどうする!
くまぞうとモモ助がからむとたいへんなやきもちやきの咲也である。

で、届いていたのは
ランボルギーニ・カウンタック。クワトロヴァルボーレ。
やっぱ白でしょう!
このリアデザインの凄絶さはいまなお、驚嘆。
カッコいいよなー(うっとり)

これをMRコレクションシリーズでドア開閉ギミックあればなー。
2万くらい安いのに。(ええ?)


4〜7th
てんとう虫っぽくて可愛い。お尻もキュート。

ネットでは手に入りにくいミニカーを某ショップで発見!
街歩きもするもんだ、としみじみ。

プジョーの205。
フランス車はさほど興味があるものが少ないが、これは可愛い、かっこいい。
調べると、初期フェラーリを手がけたピニンファリーナの作。
やっぱり「どこか、ちがう」ものを持っているのだろう。


3th
モモ助:ややっ?!

くまぞう:!!!(ゆき!)

さくや:おおー。東京はまた雪なんだね。

モモ助:いっぱいふるとみなさん、たいへんです。

さくや:たいへんそうだなぁ。

くまぞう:ふにふに。

さくや:ん? なにが面白いの?

くまぞう:!!!(ひとごとなの!)

くまぞう:ははは。あーそうか。
     そりゃいかんな。

くまぞう:ふにふに!


■JANUARY ↓


18th
よみーっ! デン智ビウム、いきまーす!


5th〜17th
■某日にコメンタリー収録

なんとROD(春発売予定のブルーレイBOX)にコメンタリィ出演!
舛成監督、倉田先生とアニメ会で作品を観ながらひたすらおしゃべり。

ライブで特集して作品だから
より感慨深い。

夢って叶うんだな、と実感。
いや、マジで。(ここ、泣くとこです)



1st〜4th

どないやねん


モモ助:ややっ?! 

さくや:すごい名前だなぁ。

くまぞう:!!!(だじゃれ!)

モモ助:きょうはここでごはんですかっ?

さくや:……いや、営業はしてないみたいだ。
    建物だけ長い間、残ってるんだね。

モモ助:ふむふむ。
    とうきょうじゃ、あんまりないですよぅ。

くまぞう:!!!(すぐおみせかわっちゃうの!)

さくや:そうだねー。
    ……じゃ、今日のお昼ご飯、どこで食べるかなぁ。
    なに食べたい? お正月だし、なんでもいいぞ。

モモ助:なんでもっ?!

くまぞう:!!!

さくや:ふふふ。うん。なんでもいいぞー。

くまぞう:!!!(うどん!)

さくや/モモ助:うどん?!

くまぞう:!!!(くまぞ、うどん!)