世界を革命する力を たぶん、クソゲーとかクソエロゲーが好きな人のためのサイト
エロゲーレヴュー

レヴュー 一覧
特集等もこっち


名前順




めにゅ〜

更新の履歴


ゲームレヴュー


アニメレヴュー



YUIの部屋


掲示板


メール


雑記


投票所


リンク



流行りものとか


 
 ブログ | プロフィール | ゲームレヴュー | アニメレヴュー | 掲示板 | 雑記



どうにもならないエロゲーレヴュー

2006年1月9日

雫 (リニューアル)






WindowsXPの環境でも「雫」がしたい!




そんな
平家の怨念も真っ青な救えぬ魂を導いたのが、これ。



まぁ、旧版「雫」は正式サポートではないにしろ、XP環境でも一応動くんですけどね。



旧版からの最大の違いは音声の追加です。




が、そんなのはどうでもいいことです。



瑠璃子さんの




「長瀬ちゃん。電波届いた?」




が正式にXPの環境で聞けるだけで充分なんです。



ゲームの形式はノベル。



現在では当たり前に見られるようになったノベル形式ですが、その始まりは旧版の「雫」からではないでしょうか。





ストーリーは・・・


突然、クラスメートの女の子が教室で
発狂した。主人公は先生の依頼で、少女がなぜ発狂したのかを調査することになった。


・・・というもの。




今のリーフには見られない陰惨・狂気が充満した作風となっています。




この作品で登場した
「毒電波」
なる単語も流行りましたね。




で、このリニューアル版ですが、旧版とのストーリーの違いがありません。



音楽も同じです。



絵は綺麗になっていますが、旧版の面影を良く残していて良い感じに仕上がっています。





要は面白いってことです。














問題はオマケシナリオなんです。





旧作ではトゥルーエンドを見たあとに、2本のオマケシナリオができました。



1本は「香奈子と2人だけの世界」で、こちらはリニューアルしてからも残っていました。




もう一つの「雫キャラが
雫の製作者達と戦う」オマケシナリオがないんです。






あれ、すっごく面白かったです。






旧版「雫」の価値はあの伝説のオマケシナリオにあるといえます。




なんせ
本編より長かったんですから。





これに関してはオマケシナリオで
敵役を演じていた当時のリーフの製作者たちが、現リーフにほとんど残っていないのだからしょうがないのかな。



ちょっと悲しいですね。


(リーフの人たちがいなくなった件については、
こちら。)







、諸事情によりリーフの内輪ネタが使えなくなったため、代わりの新作オマケシナリオが作られたのだが、







・・・これがマジでつまらない。






このマジでつまらないシナリオのおかげで、僕の旧版「雫」はまだまだ現役であり続けることでしょう。



今の人達の目には、この「雫」がどのように映っているのでしょうか。



この作品の面白さが今の世代に伝わればと切に思います。





ソフビ魂 VOL.36 電波人間タックル
ソフビ魂 VOL.36 電波人間タックル










トップページに戻る

流行りものとか


  TOP  プロフィール  ゲームレヴュー  アニメレヴュー | YUIの部屋  掲示板  メール  雑記