世界を革命する力を たぶん、クソゲーとかクソエロゲーが好きな人のためのサイト
エロゲーレヴュー

レヴュー 一覧
特集等もこっち


名前順




めにゅ〜

更新の履歴


ゲームレヴュー


アニメレヴュー



YUIの部屋


掲示板


メール


雑記


投票所


リンク



流行りものとか


 
 ブログ | プロフィール | ゲームレヴュー | アニメレヴュー | 掲示板 | 雑記



どうにもならないエロゲーレヴュー

2006年7月17日


巫女といえば、神社の境内で竹箒使って掃除している黒髪の女性を思い浮かべますね。



我々のイメージで言えば



  • 巫女装束
  • 古風
  • 黒髪
  • 処女
  • 神聖性
  • 対魔師(神剣・御札・神通力)



・・・といった感じでしょうか。



萌えポイントも高得点、エロゲー登場キャラに
1人は欲しい人材にまでなっています。



巫女とは、神に仕える女性のこと。女性の巫(かんなぎ)・巫覡(ふげき)のこと。



元々は神の言葉(神託)を聞き他の者に伝えることが役割の女性たちである。



現代的には、お正月やお祭りで神楽を舞ったり、お神籤やお守りを販売して、神職を補助する女性になっています。




アニメ・ゲーム等のサブカルチャーとしての巫女といえば、最初に『うる星やつら』のサクラが「怨霊退散」と言って
退魔師としての側面を出したことが、その後の巫女のイメージを決定づけたのではないでしょうか。




「戦う巫女」です。




『うる星やつら』以後、巫女が
国民的に注目されたのが『セーラームーン』のセーラーマーズこと『日野レイ』でした。



「火星に代わって折檻よ」のイカレたキメ台詞で、国民の間に潜在意識レベルで巫女の戦闘力が高まっていったのは想像に難くありません。



この間にもゲーム『奇々怪界』の主人公が、巫女で御札を使って攻撃するなど、ゲーム界にも戦う巫女のイメージが広がっていることが確認できます。




さて、時代の流行に敏感なエロゲー界ではどうでしょうか?



当サイトでは、巫女が歌って戦う
超ストーリー
が秀逸な「シャーマニックアイドル みるきぃはみんぐ」が思い出されますが、最悪という言葉しか思いつきません。



「ぶれ」
なんてエロゲーもありましたね。



よく分んない力
で戦う双子の巫女が登場しますが、こちらもシットなので要チェックです。



多数のFlashが作られた
「巫女みこナース」も有名ですね。



タイトルからして巫女を
ナメていますが、内容はもっとナメきっています。



実態は巫女ではなくナースなのですが、それすらも怪しいところが現代のファンタジー。



死ぬほどつまらないので是非ともチェキしてください。



名作
「下級生」にも巫女が登場します。



こちらは神通力みたいな超能力はもっておらず、巫女のもつ清純さ処女性を前面に押し出したキャラになっていますが、世間の垢にまみれていない清純さを追い求めすぎたのか、
何も知らないと事と無知なバカが紙一重になっている
のがちょっぴりデンジャーです。



今回、紹介するのが天下のアリスソフト初の音声付、
何故か18禁じゃないのがよく分らないゲームです。





戦巫女-Vestal virgin-








巫女育成SLGです。



この「戦巫女」ですが、アリスソフト初の音声付ゲームだったと記憶しています。




















これが、酷い・・・




演技が下手とか、風邪をひいて喉がとか、急遽代役が必要で会社の受付嬢を使ったとか、
そんなレベルじゃないです。




『下手な声優選手権』を勝ち抜いてきた
選りすぐりの人材
を登用したとしか思えません。



特に
眼鏡のダメ子ちゃんを演じた声優、あなたはそっち方面で天性の才能をもっています。







キャラのダメさが滲み出ています。







惜しむべきは、彼女の
才能を伸ばすことに、人々は寛容になれなかったという点ですか。残念です。



このゲームで注目すべき点は、あの天下のアリスソフトが
どうにもならないクソ声優を使ってゲームを販売したという事実でしょう。



デアボリカのオープニングで男性の声優を使って、これも
ちょっとなーレベルなんで怪しいとは思っていましたが。



全てにおいて優秀なアリスソフトも、当時は声のあるゲームを作るのが苦手だったみたいですね。




さて、本作の気になるストーリーは・・・



怪物(けもの)と呼ばれる怪物を、
何だかよく分らない力で退治する主人公。



親の仇にあたる怪物「奴」をとある神社に追い込むが、そこに
偶然居合わせた神社の巫女のせいで瀕死の重傷を負ってしまうばかりか力も失ってしまう。



責任を感じた神社の巫女は
「あなたの代わりに私が戦います」と言ったところで物語は始まります。



・・・ということで、主人公の代わりにヒロインである神社の巫女さんを、怪物と戦わせるために鍛えるところがシュミレーションゲームになっています。





しかし残念なことに、このゲームは
ノンアダルトです。





巫女さんにエッチな調教修行しかしたくないという
高いステージに昇ってしまった方は、ここでバイバイです。



美少女の能力値の上下だけで興奮でき
更に高位ステージの方は、こんにちは。



ゲーム部分は普通にやっていけば負けることはありません。
要は簡単ってことです。






エロはなし、ゲームは簡単で単調。




どこに価値を見い出すかで評価が別れます。



私個人は、
美少女と一年間を共に過ごすスイーティーなストーリー
と、イベントで見れるちょっぴりHな画像(下着止まり)に満足してしまいました。




ちなみにエンディングなんですが、
バッドエンド扱いの死亡エンドが個人的に一番しっくりくるんですよね。






ボイストレーニングセット
ボイストレーニングセット








トップページに戻る

流行りものとか


  TOP  プロフィール  ゲームレヴュー  アニメレヴュー | YUIの部屋  掲示板  メール  雑記