世界を革命する力を たぶん、クソゲーとかクソエロゲーが好きな人のためのサイト
エロゲーレヴュー

レヴュー 一覧
特集等もこっち


名前順




めにゅ〜

更新の履歴


ゲームレヴュー


アニメレヴュー



YUIの部屋


掲示板


メール


雑記


投票所


リンク



流行りものとか


 
 ブログ | プロフィール | ゲームレヴュー | アニメレヴュー | 掲示板 | 雑記



どうにもならないエロゲーレヴュー

2009年9月25日

Deep Purple





当サイトではおなじみかもしれませんが、あの
「STUDIOねこぱんち」が放つ渾身の電脳紙芝居です。



「電脳紙芝居」(パッケージ裏表記)というと若干聞こえはいいですが、
ゲーム性を一切排除した
エロ絵がついてる単なる読み物ってことです。



さすが「STUDIOねこぱんち」、
格の違いを見せつけました。




ストーリーは・・・


魔女と魔女が作った
何だかわからん生物しかいない国の学生である主人公は、友人の魔女が何だかわからん魔法実験中に死亡した事件に何だかわからん生物が関与していたの突き止めたのだった。






何だかよくわからない話です。






魔女しかいない・
何だかわからん
生物も全部女ということで、基本的にというか自動的にレズのお話となります。



レズということで男性の暴力的な描写もなく
安心してアグネスにも薦められます。



「ハリーポッター」の登場人物が全員女で全員エロいことをしていると思ってもらえれば幸いです。



そんなハリーポッターなら観たかった・・・。





むすめーかー





タイトルからも分かるように、ぶっちゃけプリンセスメーカーのエロゲー版で、それに「まじかるアンティーク」のような経営シュミレーションを足した感じです。



キャラクターは非常に可愛らしく、パッケージを見ただけで即購入ものです。



購入後は鼻息荒く自宅に直帰、山麓の清流の様に無駄のない華麗な動きでズボンを脱ぎ捨て
下半身裸でPCの前に即正座、片思いのあの子に想いを馳せるようにインストール画面を繁々と見つめてしまう思春期の少年のような自分がまた可愛いですね。



ストーリーは、借金を背負わされた
幼女女の子に売春をさせて借金を返すというもの。



東南アジアの児童売春を連想させて
アグネスが全力で阻止しかねない本作ですが、「登場人物は全て18歳以上です」と定型文でクールに対応するのがエロゲー紳士です。




海外に流出したら間違いなく問題になる本作、一番の問題は
予想に反してすごく面白かったことでしょうか。



ゲーム内期間はプリンセスメーカーが大人になるまで育てるのと違い1年間ですが、それは
成長したヒロインなど犬の糞にも劣るという制作者の明確な意思表示の現れでしょうか。



私が勝手に思ってるだけですが、目頭が熱くなりますね。



ヒロイン達のステータス(魅力等)をあげると、売春させたときの料金が高くなり、1年間で
2億
という借金もあっという間に返せてしまうのは児童売春の笑えないジョークなんでしょうか。



売春させるといっても処女は主人公が必ず
ごっつぁんするわけで、善良なエロゲー紳士をファビョらせない親切設計にも感服する次第です。



音楽なんかも素晴らしく、ミニゲームの横シューやRPGも付いており、意外な作りこみに思わずアグネスにも薦めたくなりますが、
本当に発禁になりそうなのでやめときます。



ロリコン粛清が吹き荒れる昨今、非常に反体制的な本作ですが、秘密警察の追手をかわしつつ火炎瓶片手に地下の下水道に籠ってでもプレイすることをお薦めします。




アジアの子どもと買春
アジアの子どもと買春








トップページに戻る

流行りものとか


  TOP  プロフィール  ゲームレヴュー  アニメレヴュー | YUIの部屋  掲示板  メール  雑記