世界を革命する力を たぶん、クソゲーとかクソエロゲーが好きな人のためのサイト
エロゲーレヴュー

レヴュー 一覧
特集等もこっち


名前順




めにゅ〜

更新の履歴


ゲームレヴュー


アニメレヴュー



YUIの部屋


掲示板


メール


雑記


投票所


リンク



流行りものとか


 
 ブログ | プロフィール | ゲームレヴュー | アニメレヴュー | 掲示板 | 雑記



どうにもならないエロゲーレヴュー

2010年2月16日

放課後のメイド







中古エロゲー屋で安く買って、どうせクソエロゲーだと思ってやったら、
本当にクソエロゲーだったという本作。





その気になる内容とは・・・


主人公の義理の妹とその友人が
「メイド養成クラブ」なる部活を作ってしまった。



主人公はその「メイド養成クラブ」の部長に!というもの・・・。




メイド養成と言ってもすることは、
校内清掃調理実習なわけで、エロゲーマーが期待するご主人様なプレーは一切ありません。




部活メンバーも常識者しかおらず、大人しく校内清掃と調理実習にあけくれる
メイド服着てるだけじゃんってゲームです。




唯一の異常者がレズっ気たっぷりの部活担当の先生というのも笑えない冗談なんでしょうか。




このゲームの本番は、先生シナリオの裏メイドクラブです。



ただこちらも保健室でズッコンバッコンやるだけなんで
メイド服意味ないじゃんってことに気がつきます。



このゲームの最大の失敗は、女性陣が職業メイドじゃなくて基本は学生なんですよね、それもいったてまともな学生です。





先生は単なるレズだし。







このエロゲー、
メイドのエロゲーじゃなくて、メイド服を着たエロゲーなんだね。



この文を書いてて自分で妙に納得してしまいました。



クソエロゲーをやったあとの
脱力感がなんともいえない人は是非ともプレイしてください。






放課後こすぷれ倶楽部 (二次元ドリーム文庫)
放課後こすぷれ倶楽部 (二次元ドリーム文庫)








トップページに戻る

流行りものとか


  TOP  プロフィール  ゲームレヴュー  アニメレヴュー | YUIの部屋  掲示板  メール  雑記