世界を革命する力を たぶん、クソゲーとかクソエロゲーが好きな人のためのサイト
エロゲーレヴュー

レヴュー 一覧
特集等もこっち


名前順




めにゅ〜

更新の履歴


ゲームレヴュー


アニメレヴュー



YUIの部屋


掲示板


メール


雑記


投票所


リンク



流行りものとか


 
 ブログ | プロフィール | ゲームレヴュー | アニメレヴュー | 掲示板 | 雑記



どうにもならないエロゲーレヴュー

2011年1月3日

脅迫 〜終わらない明日〜







ヒロインの転落っぷりが
一昔前のVシネマのような本作、もうこの近年稀にみる堕ちっぷりは芸術的ですらあります。




盗撮で脅されたヒロインがDQN共にたっぷり犯される
コッテリ風味の王道ストーリーは、もはや伝統芸能といっていいでしょう。




周囲の巻き込まれっぷりも
「サザエさん」を見ているかのような安定感、これほどエロアニメにしやすいエロゲーはないんでしょうか。





この様式美はもう
重要無形文化財クラスですかね。





注目は何と言ってもケツに突っ込まれようが、咥えようが、
処女さえ守りとおせばハッピーエンドを迎えられるという点でしょう。








処女は全てにおいて優先する何にも代えがたいものだということの暗示でしょうか。








処女さえ守ればいいというのも
ちょっとどうかと思いますが、最近は冗談になってないですもんね。





かんなぎ 1 (REX COMICS)




ちなみにキャラデザは「リバ原あき」が務めています。




ご存知の方も多いかと思いますが、Winnyを使ってゲームやらアニメを違法ダウンロードして
世間の非難を一身に受けた人です。




リバ原あき事件




2005年8月、アイル所属のディレクター兼原画家のリバ原あき(川原亮俊)の自宅パソコンがファイル共有ソフト「Winny」からのウイルスに感染し様々な個人情報が漏れた。



その中には、Winnyにてゲームやアニメを入手しようとした痕跡、次回作の企画書や2ちゃんねる専用ブラウザの書き込み履歴などが含まれていたから、
さぁ〜大変。




特に書き込み履歴にはリバ原が
自社や同僚、外注先などへの痛烈な批判や自身が制作の作品に出演した女性声優の表名義を暴露する内容が残されていた。




もちろん、2ちゃんねるは敏感に反応。




もう、こりゃ追い込むっきゃねー。




つーわけで、大炎上お祭り騒ぎ、リバ原は持ち堪えることができず、アイルホームページ内にて謝罪、降格減給やゲームソフト部門からの異動などの処分を受けた。




お前ら大勝利。




その後、『凌母』にて「リバ原あき」名義での2年ぶりの原画家復帰を果たすことになる。




ゲーム制作者自らが違法ダウンロードしていたことは、モラルの低下と違法ダウンロードの広がりの根の深さを示してくれると同時に、ネット匿名性の意外な弱点、違法ダウンロードのリスクの高さを身をもって証明してくれました。








・・・・・



まぁ、そんなこともありましたが、
そっち系のゲームとしては良く出来ているのでやってみては如何ですか。







ウイルスセキュリティZERO (2年連続NO.1謝恩キャンペーン版)
ウイルスセキュリティZERO (2年連続NO.1謝恩キャンペーン版)








トップページに戻る

流行りものとか


  TOP  プロフィール  ゲームレヴュー  アニメレヴュー | YUIの部屋  掲示板  メール  雑記