世界を革命する力を たぶん、クソゲーとかクソエロゲーが好きな人のためのサイト
エロゲーレヴュー

レヴュー 一覧
特集等もこっち


名前順




めにゅ〜

更新の履歴


ゲームレヴュー


アニメレヴュー



YUIの部屋


掲示板


メール


雑記


投票所


リンク



流行りものとか


 
 ブログ | プロフィール | ゲームレヴュー | アニメレヴュー | 掲示板 | 雑記



どうにもならないエロゲーレヴュー

2003年9月22日

お兄ちゃん受信中







可愛い妹が欲しい!



これはプレステ2のコピーと同じくらい、全国の救われないお兄ちゃん達が願うことであります。



だが、そんなピュアな願いも己の境遇を前にしては、汚く散らかった部屋の片隅で
世の中の不公平さを2ちゃんねるに呪詛のごとく綴るのが精一杯でしょう。



人生を
ほんのちょっとリスキーに生きるなら、近所の児童公園でお菓子片手に幼女をナンパするのもいいかもしれませんが、リスクマネジメントが行き届いている方には社会にほとんど迷惑がかからないエロゲーをオススメします。



つーわけで「お兄ちゃん受信中」です。




一言、言わせてもらえば・・・




「誰だ!こんなもの作りやがったのは」




なわけでして、それに対して




「私達が作りました」




「お兄ちゃんやめて」の製作者が、原爆を作った科学者のように堂々と答えれば











「じゃっ、しょうがないね」












と納得してしまうエロゲーです。



ストーリーは、いたずら目的で幼女を2人預かるという、球種でいえばストレート、決まり手でいえば押し出しというロリゲーではポピュラーなお話。




主人公は交通事故の影響で、
「何か、声のような物が聞こえてくる」という可哀想な人になってしまいます。



この御時世、まったくシャレにならない設定ですね。




この設定から「お兄ちゃん受信中」なわけなのです。




こんな危ない奴に、なりゆきとは言え幼女2人を預ける親もどうかと思いますが、しょせんエロゲーですので深く考えるのはやめましょう。



さあ、主人公は2人の幼女を迎えるべく、その準備を始めます。



短い時間とは言え、女の子と一緒に生活するんですから、それなりの準備は必要でしょう。




電波「何よりもまず着替えだ」




神の啓示にも等しい言葉が、主人公の頭の中に響いてきます。



思わず「なんでやねん」と電波にツッコミをいれる主人公、
もう可哀想すぎて涙がでてきます。




でも、皆さん彼を嫌いにならないで下さい。彼はほんのちょっと頭が弱いだけなんですから。




主人公「動きやすいものをということで、体操着をチョイスした」



彼は病気なんです。



主人公「次にメイド服。これは、おれの個人的趣味からだ」



それも、重症の・・・。そんな可哀想な彼に、電波は更に追い打ちをかけます。



電波「あとは指導道具だな」



でも、皆さん彼を嫌いにならないで下さい。彼はほんのちょっと頭が弱いだけなんですから。






電波に従うまま準備が完了し、幼女2人が主人公の家にやってきました。


部屋の背景画像が
「お兄ちゃんやめて」と同じなのが気になります。











これって、フリーの素材?










そんなところでツッコミをいれるのは野暮ですよね。



幼女が来て急に態度がでかくなった主人公、一人称が「おれ様」になっています。



なんか、ちょっと可哀想に思えました。



自己紹介を始める女の子に「おめーには聞いてねえ」と冷たく言い放つ主人公。何か人間として大切なものを失っているように思えます。





でも、皆さん彼を嫌いにならないで下さい。彼はほんのちょっと頭が弱いだけなんですから。





幼女2人に家の中を案内する主人公、真っ先に着替えをしまってあるクローゼットに連れてきました。



主人公「さあ、早速着替えろ。そして掃除をしろ」



幼女「ええ〜」


主人公「これから世話になるんだ。当たり前だろ」





さしあたっては掃除を・・・






でも、皆さん彼を嫌いにならないで下さい。彼はほんのちょっと頭が弱いだけなんですから。








この後も想像通りの展開で、本能と電波の趣くまま行動します。


さあ、お兄ちゃんと電車ごっこだ!






さあ、勉強の時間だ!






幼女の1人が昆虫採集すると言うと、主人公はおもむろに一物を取り出し大放尿!!!


なんと!蟻が集まってくるではないか!!


賢明な読者の方ならもうお分かりですね、主人公は糖尿です。




瓶カルピスを飲む主人公。何故かって?


賢明な読者の方ならもうお分かりですね、これから増量する分減らしておかないといけないからです。


びゅっ びゅっ びゅっ・・・こぼすことなくボトルに注がれるザーメン。


あんたは鬼や!悪魔や!!






幼女が昆虫採集するのを手伝ってあげようと、ペンライトを取り出しパンツを下ろさせる主人公。


賢明な読者の方ならもうお分かりですね、蛍です。








意外に博識、飲尿健康法・・・










そんな主人公の奇行を可哀想に思ったのか、幼女の1人は主人公に帽子を差し出します。


何の変哲もない、ただの野球帽のようだが、よく見てみると、内側が銀色に光っている。




幼女「にいちゃま・・・これかぶってよ」

幼女「いつも優しいにいちゃまが、急に変なことをしたりするのって、『でんぱ』を『受信』しちゃうせいなんだよね」



主人公「そうなのか」



幼女「頭の中に、声が聞こえてくるんでしょ。いんたーねっとで調べたら、そういうふうに書いてあったんだ」

幼女「でね、『頭にアルミホイルまかなきゃ〜』ってよく書いてあるから、アルミホイルをまくと、いいと思うの」

電波「やめろー、それをかぶるんじゃない」



ぼすっ



帽子をかぶると、謎の声は聞こえなくなった。





電波も聞こえなくなり、めでたし、めでたし。












すげー・・・





雫(しずく)DVD-ROM版









トップページに戻る

流行りものとか


  TOP  プロフィール  ゲームレヴュー  アニメレヴュー | YUIの部屋  掲示板  メール  雑記