世界を革命する力を たぶん、クソゲーとかクソエロゲーが好きな人のためのサイト
エロゲーレヴュー

レヴュー 一覧
特集等もこっち


名前順




めにゅ〜

更新の履歴


ゲームレヴュー


アニメレヴュー



YUIの部屋


掲示板


メール


雑記


投票所


リンク



流行りものとか


 
 ブログ | プロフィール | ゲームレヴュー | アニメレヴュー | 掲示板 | 雑記



どうにもならないエロゲーレヴュー

2003年12月12日



そろそろ冬コミケの時期になってきましたね。コミケと言えばコスプレ。




最近はエロゲーキャラのコスプレをしている婦人も増えたようです。



「神は肉を与えたもうた」と意識世界から物質世界へバージョンアップしたキャラを目の前に、今ここに「いる」素晴らしさに感動を覚えるわけです。



ただ、質に関して言えばピンからキリまであり・・・



中には
ビグザム登場シーンの音楽がかかるコスプレイヤーもいるわけで、「侮辱罪で告訴してやる!」などとアメリカ人並のオーバーアクションで頭のネジが弛んだ発言の一つもしたくなります。



そもそもエロゲーキャラの告訴権者になれるわけないのですが、
「俺とマルチは結婚しているので、俺は立派な告訴権者だ!」などと魂の叫びを聞かされては認めるしかありませんよね。




愚かなコスプレイヤーに死兆星を見せてやり、
「誅殺」の文字で明日の朝刊の見出しを飾ってやりましょう。




今回紹介するエロゲーは、コミケを題材にしたなかでも特にコスプレに特化したエロゲーです。




Changing my Heart 〜心を変えて〜






いい出来です。



クソという言葉が
ウォーズマンのファイティングコンピューター並の計算速度で思い浮かびました。


私が購入したときは
380円のワゴンで腐海に沈む巨神兵のように人知れずひっそりと朽ち果てようとしていたこのエロゲー、パッケージにはしっかりと8800円の文字がありました。



それでは480円の牛カルビ弁当を食べながらプレーしますか。




主人公が
無理やり友人にコミケに連れて行かれるところから始まるこのストーリー、友人は会場に着くなりコミケの簡単な説明をして早々にどこかに行ってしまうのでした。



「無理やり連れてきてそりゃないだろ!」な感じですが、コミケによく見られる場面を表現したと言えなくもないので「可」としておきます。



その後はありきたりの展開で、女の子と出会い仲良くなってHするというもの。



問題はと言えば、登場キャラが「こみっくパーティ」とは違い、コミケ当日の出会ったその日にやっちゃうという尻軽ぶりです。



一目会ったその日から恋の花咲くこともあるので、それもいいでしょう。




ちなみにヒロイン達の主なコスプレの題材は「サクラ大戦」と「機動戦艦ナデシコ」です。



パッケージ絵のヒロイン「榊原典子」が某艦長に非常に似ていて、私の方が心配してしまいます。



全国で4人くらいは「機動戦艦ナデシコ」のエロゲーと間違って買ったかもしれません。



エンディングまでの所要時間は20分程度、人生に余裕のある人はCDの中身を覗いて声優「写真集」も見てあげましょう。




恐ろしく下手クソな声優の素顔を拝見することができます。



「七瀬うらら」なる声優のスリーサイズは、身長157pでB93W62H90のなかなかのボデーの持ち主。本作で一番欲情したところでした。




機動戦艦ナデシコBlu-ray BOX【期間限定版】
機動戦艦ナデシコBlu-ray BOX【期間限定版】









トップページに戻る

流行りものとか


  TOP  プロフィール  ゲームレヴュー  アニメレヴュー | YUIの部屋  掲示板  メール  雑記