世界を革命する力を たぶん、クソゲーとかクソエロゲーが好きな人のためのサイト
エロゲーレヴュー

レヴュー 一覧
特集等もこっち


名前順




めにゅ〜

更新の履歴


ゲームレヴュー


アニメレヴュー



YUIの部屋


掲示板


メール


雑記


投票所


リンク



流行りものとか


 
 ブログ | プロフィール | ゲームレヴュー | アニメレヴュー | 掲示板 | 雑記



どうにもならないエロゲーレヴュー

2004年1月14日

いもうとブルマ 〜放課後のくいこみレッスン〜







素晴らしいタイトルです。



注目するべきは、
〜放課後のくいこみレッスン〜の部分でしょう。




メインタイトルも力強いですが、副題の主張も凄まじいですね。



コンセプトは『妹とブルマの融合』。



トヨタの自動車なみに明確なコンセプトを持っています。



でも、実際はどうかと言うと・・・。



とりあえずそれはおいといて、ストーリーを見てみましょう。



「お隣の幼馴染とその姉妹が全員俺の妹に!?」


ひょんなきっかけから”義兄妹”というカベを超えた
お兄ちゃんとのいけない関係が始まる!!




というのがストーリー。



別にあってもなくてもいいですね。




ストーリーはどうでもいいんです。


プレイ時間のほとんどは、体育倉庫でのHなレッスンに費やされます。



妹にブルマを履かせてセックスというシチュレーションがウリなんですから、それも潔い割り切り方で良いと思います。




問題は『妹』という存在を活かしきれてない点です。




ブルマの方は、Hシーンの大半で使用されているので文句なしに
『ブルマゲー』を名乗ることができます。





問題は『妹』をメインにもってきているのに、妹ならではのイベントが皆無なんですよ。





『義妹』に関しては、現在のソフ倫規定ではしょうがないことなので素直に諦めました。



昔はやっていたのに・・・。



で、妹らしいイベントなんですが、ほとんどのイベント(Hシーン)が体育倉庫で行われるため妹色を出しにくい状況にあります。





しかも、このエロゲーの主人公と妹は一つ屋根の下に生活していません。




別々の家に住み、
学校の体育倉庫でしか接点がないような関係です。



いくら
「お兄たん」と呼ばれてもねー、それじゃあイメクラだよ。







妹の部屋を覗いて見たら、
お兄ちゃんの名前を叫びながらオナニーしているとか、両親不在時の妙にソワソワしながらの食事とか、雷が怖くてお兄ちゃんの部屋に駆け込んで来るとか、





それが妹ゲーでしょ。





結論を言うと、妹とブルマを組み合わせるという
荒技を使った割には、そのコンセプトを活かし切れなかった感があります。


ブルマ〜放課後のくいこみレッスン〜
で開発していたら文句なしのエロゲーだったのに残念です。





体育の時間 ワインレッド
体育の時間 ワインレッド










トップページに戻る

流行りものとか


  TOP  プロフィール  ゲームレヴュー  アニメレヴュー | YUIの部屋  掲示板  メール  雑記