世界を革命する力を たぶん、クソゲーとかクソエロゲーが好きな人のためのサイト
エロゲーレヴュー

レヴュー 一覧
特集等もこっち


名前順




めにゅ〜

更新の履歴


ゲームレヴュー


アニメレヴュー



YUIの部屋


掲示板


メール


雑記


投票所


リンク



流行りものとか


 
 ブログ | プロフィール | ゲームレヴュー | アニメレヴュー | 掲示板 | 雑記



どうにもならないエロゲーレヴュー

2003年1月4日

好き好き大好き!






ちょっと昔のタイトルになりますが、
後味の悪さは現在あるエロゲーの中でも屈指の出来ではないだろうか。





内容はノベル形式のAVG、そのストーリーは・・・



主人公はちょっと人には言えない
ラバーフェチのナイスガイ。




電車で見かけた女の子を
誘拐・監禁・強姦するという大変男らしいトゥルーラブストーリーです。




大変男らしい行動かと思いますが、実際にやってしまうとは流石エロゲーの主人公ですね。




誘拐・監禁・強姦
というのは、犯罪以外の何ものでもないです。




当然のことながら、エンディングはそれ相応の報いというか、
因果応報というものを思い知らされるストーリーでした。




このストーリーの秀逸なところは、犯人(主人公)と被害者の心理状態をエグイまでに表現しきれているところではないだろうか。



このエロゲー、主人公の心理描写だけでなく、誘拐監禁されている蒲乃菜という女の子の心理描写もあります。





主人公はラバーフェチを理解してもらいたいのだが、蒲乃菜はそんなこと知りません。



ただ、家に帰してもらいたいと思うだけです。






そのやりとりに緊張感があるんです。



何が目的か分からない蒲乃菜と、ラバーフェチを理解してもらいたい主人公、すれ違い気味な
ラブストーリーに心が打たれます。




また、主人公を取り囲む面々も中々病的で、オイオイやばいよこのエロゲーってな感じです。





特に
「木更津みるく」という女が主人公以上にヤバイです。




名前もかなりアレですが、容姿も負けず劣らずというか・・・、並んで歩きたくない部類です。





初登場でこいつ危険だなと分からせるようなデザインです。



そのような意味では、非常に優秀なデザインと言えるでしょう。




エンディングでも「みるくに監禁される」というものがあり、エンディング名に違わぬ素晴らしい人生の末路を見せつけてくれます。



犯罪者同士の似た者お似合いカップル誕生です。




ちなみにエンディングは以下の10通りと、隠しで1つあります。



「蒲乃菜、ラバーフェチに」
「蒲乃菜、帰宅」
「蒲乃菜、死亡」
「みるく死亡」
「渡、事故死」
「みるくに殺される」
「渡、瑠香、莉果死亡」
「みるくに監禁される」
「みるくを飼う」
「蒲乃菜とみるくを飼う」



・・・エンディング名を見れば分かるが、
10通りとも救われません。



隠しの1つは「あの時をもう一度」というもの。



主人公が、あの時、ああやってれば、ハッピーエンドなのにというもの。






拉致監禁をするような犯罪者には未来がないということを間接的に思い知らせてくれます。




このレヴューを書くにあたり、久しぶりにやりなおしてみたが、現在でも通用する文章レベルだと思いました。



かったるいけど。絵に関して言えば、及第点ぎりぎりと言ったところか。



純粋に文章を楽しむ人で、「螺旋回廊」とかやっていて、モニターを前にニヒルな笑みを浮かべる強者にはオススメします。



そんな感じで終らせてもらいます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・
でも、それじゃ終らないんです、「すきすきだいすき」は終わらないんです。



次、
「フロレアール」




ガスマスクBONDAGE 安部麻由美 [DVD]






トップページに戻る

流行りものとか


  TOP  プロフィール  ゲームレヴュー  アニメレヴュー | YUIの部屋  掲示板  メール  雑記