世界を革命する力を たぶん、クソゲーとかクソエロゲーが好きな人のためのサイト
エロゲーレヴュー

レヴュー 一覧
特集等もこっち


名前順




めにゅ〜

更新の履歴


ゲームレヴュー


アニメレヴュー



YUIの部屋


掲示板


メール


雑記


投票所


リンク



流行りものとか


 
 ブログ | プロフィール | ゲームレヴュー | アニメレヴュー | 掲示板 | 雑記



どうにもならないエロゲーレヴュー

2005年5月8日

もう最近、菊門を犯したくてしょうがないです。




身も蓋もない表現をすれば、そこらを歩いている
女子高生の尻を剥き出しにして肛門に自分の棍棒のごとく勃起した肉茎を挿入し、直腸内に射精したのち肛門性交の何たるかをレクチャーしたいと思っているしだいです。



しかし残念なことに、
神のイタズラか
、僕の博愛精神を理解できる女性になかなか巡り会えません。



この
切なき想いはどのように遂げたらよいのでしょうか?




やっぱりエロゲーですね。




お尻ぷりんセス







・・・・・・・・・
・・・・・・
・・・


もうタイトルだけで、そのゲームの
ストーリーの95パーセント以上分かってしまうのは流石です。



副題も、「肛辱に散る拙き隷姫」と負けず劣らずの力強さです。



JAROも納得の分かり易いタイトルは、他のエロゲーメーカーも模範とすべきではないでしょうか。




ちなみに小説版の紹介文には、
「肛虐悶絶花嫁修業!」の文字が見かけられました。



ちょっと
ヤケクソ気味なところが好感度アップです。





ストーリーは肛門性交大好きの王様が、幼女を性的虐待するお話です。



ゲームやってて、王様がこれじゃあ、
「あぁ、この国は終わりだな」と思ってしまいました。












実際、そんな終わり方です。






王子様とハッピーエンドを迎えることもできるのですが、
肛門好きになってしまった王子様とお姫様には子供ができなかった
とさ。




なんて切ないハッピーエンドでしょうか。




私は笑ってしまいましたが。


ふたりでできるもん―オトコのコのための相互アナニー入門
ふたりでできるもん―オトコのコのための相互アナニー入門








トップページに戻る

流行りものとか


  TOP  プロフィール  ゲームレヴュー  アニメレヴュー | YUIの部屋  掲示板  メール  雑記