世界を革命する力を たぶん、クソゲーとかクソエロゲーが好きな人のためのサイト
エロゲーレヴュー

レヴュー 一覧
特集等もこっち


名前順




めにゅ〜

更新の履歴


ゲームレヴュー


アニメレヴュー



YUIの部屋


掲示板


メール


雑記


投票所


リンク



流行りものとか


 
 ブログ | プロフィール | ゲームレヴュー | アニメレヴュー | 掲示板 | 雑記



どうにもならないエロゲーレヴュー

2005年10月1日

おれのなつやすみ







言わずと知れたガチンコ同人ロリゲー。





「小学5年生と小学2年生」と言い切ってるところが、非常にオフェンシィブで好感がもてます。




アダルトビデオのタイトルが「ロリっ子●●」なのに、大人の女性が園児服着てアヘアヘしている姿を見て
激昂したロリコン諸兄も納得の設定です。



私は「おれのなつやすみ」シリーズが一本になった、「おれのなつやすみDVD−BOX」でプレーしました。奥さん!DVDですよ、DVD!同人もDVDの時代なんですね。



CDからDVDへ、人は変わり、時代は変わろうとも、その営みは変わらないのです。




諸行無常を感じつつ、厳(おごそ)かにインストールして起動してみましょう。






「このゲームに登場する女の子はみ〜んな
10歳以下の小学生だよ」






アグネス・・・





で、ストーリーは・・・


主人公は小学6年生の12歳、家庭の事情で親戚の家に一週間だけ預けられることになった。


その親戚の家には小学5年生の亜理朱と小学2年生の花梨がいた。


もちろん、
おにいちゃんだ〜いすき。









そんな
御伽話です。








私は例のとおり、セーブデータをクールにダウンロード。




クレバーなプレイスタイルに惚れ惚れです。



それでいいんです。このゲームはマップ移動型のゲームなんですが、その無駄にゲーム性があることが合理的な諸兄に不評だったらしく、続編の「おれのなつやすみ 番外編」では極力ゲーム性を廃しエッチシーンに重点を置いています。




それならいっそのこと、
初めからシーン回想をフルにしたものを売ればいいじゃんと思った私は、やっぱりクレバーだと思います。





体育倉庫物語 ~幼性の夏休み~ DVDPG
体育倉庫物語 ~幼性の夏休み~ DVDPG










トップページに戻る

流行りものとか


  TOP  プロフィール  ゲームレヴュー  アニメレヴュー | YUIの部屋  掲示板  メール  雑記