世界を革命する力を たぶん、クソゲーとかクソエロゲーが好きな人のためのサイト
エロゲーレヴュー

レヴュー 一覧
特集等もこっち


名前順




めにゅ〜

更新の履歴


ゲームレヴュー


アニメレヴュー



YUIの部屋


掲示板


メール


雑記


投票所


リンク



流行りものとか


 
 ブログ | プロフィール | ゲームレヴュー | アニメレヴュー | 掲示板 | 雑記



どうにもならないエロゲーレヴュー

2005年10月29日

Last Scene 僕が君にできること






難病にかかった幼馴染の恋人を助けるために医師となった主人公。



だが、彼女の治療法が見つからないまま時が過ぎ、あと7日もすれば死んでしまう。



残されたのは7日間、主人公は自分の無力さを呪う。



日に日に迫り来る死という現実に直面し、
苦悩の末に主人公がとった行動とは…。




・・・というのがあらすじ。




『7日』という数字がやけに具体的すぎです。




途中に出てくる選択肢によって物語が変化する、とりわけ珍しさもないありふれたゲームシステムの、一見
「加奈」フレーバーなビジュアルノベルといったところ。






このエロゲーのすごいところは、そのストーリー展開です。






最初の選択肢が


1 あくまで、治療方法を探す
2 紗枝と二人で、時を過ごす
3 悪魔の手を借りる














・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・


えっ?




最初、これは悪魔の力を借りるのではなく、悪魔のような医療行為・違法な薬を表現した選択肢かと思いました。








主人公「我が名は久遠恭介!!神の名に背き、汝と契約を交わすため・・・」




ぎゃ―――





3番の選択肢を選んだら、本当に
悪魔召喚儀式をやっているよ。




ゲームを進めていくうちに
信じられないストーリーの数々が明らかにされていきます。



何の前触れもなく旅館の女将が
「コールドスリープって知ってる?」や、唐突に女神が登場して「あなた方の愛に心を打たれました」と言って死んだ恋人をに転生させたり、死の恐怖から麻薬中毒になったり、主人公が知ってる人間(恋人を含む)を片っ端から強姦殺人したり、悪魔に恋人の魂を売り渡したり、等など





超先生も目を疑うストーリー展開ばかり。




「加奈」フレーバーどころか、「野々村病院」を飛び越して
「ブラックエンジェルズ」の方が近いです。



パッケージには『業界初純愛フルアニメーションビジュアルノベル』との記載があるのですが、
どこが純愛なのかと疑問をもってしまった私は、ケツの穴が小さい男なのかもしれません。



なんにしても、他のエロゲーでは見られないストーリーは一見の価値はあります。



何の前触れもなく突然
『コールドスリープ』という言葉がさらっと出てくるあたり、このエロゲーがもつ懐の深さを感じてしまいます。



個人的には、「次に何が来るのか?」というまったく先がよめないストーリー展開は面白かったです。




最後に、私のWindowsXP環境では動きませんでした。



動作環境保証しているMeで素直にプレイしました。



格安ワゴンソフトはXPで動かないないものが多いので、
クソエロゲー愛好家にはMe環境は必須ですよ。



XPで動かないからワゴンなのか、ただ純粋につまらないからワゴンなのかを見極めるのは難しいですね。





自分らしく死ぬ―延命治療がゆがめるもの
自分らしく死ぬ―延命治療がゆがめるもの







トップページに戻る

流行りものとか


  TOP  プロフィール  ゲームレヴュー  アニメレヴュー | YUIの部屋  掲示板  メール  雑記