世界を革命する力を たぶん、クソゲーとかクソエロゲーが好きな人のためのサイト
エロゲーレヴュー

レヴュー 一覧
特集等もこっち


名前順




めにゅ〜

更新の履歴


ゲームレヴュー


アニメレヴュー



YUIの部屋


掲示板


メール


雑記


投票所


リンク



流行りものとか


 
 ブログ | プロフィール | ゲームレヴュー | アニメレヴュー | 掲示板 | 雑記



どうにもならないエロゲーレヴュー

2005年12月18日

湾岸DREAM






相変わらずのダメシナリオ
がクソゲーマー達のハートを熱くさせるイリュージョン初期の3Dレースゲームです。




今作も独自のジャンルを追求して、
業界初の18禁レーシングゲームとなりました。



簡単に言えば
『頭文字Dエロゲー』です。



公道バトルとかいう違法なレースに勝つと、
何故か女が脱ぎまくるというのがこのゲームのルールです。




何故?とか考えてはいけませんよ。





それはイリュージョンだから。





それだけで充分です。



ゲームは簡単。


車のセッティングで「ダメージ」の項目を限界まであげてください。


この「ダメージ」をあげると、壁にぶつかってもほとんどスピードが落ちなくなります。


この特性を活かして、
カーブは曲がるのではなく、全速力で壁にぶつかり曲がりたい方向へ跳ね返ることが勝利への秘訣になります。




時速250キロ以上で壁をボールのように跳ね返りながら走る車・・・


レースゲームとして根本的に間違っている攻略法かと思いましたが、ソフトのインフォメーションのところに「どうしても勝てない場合」は上記の「ダメージ」をあげる方法が書かれているので
メーカー公認でしょう。




本当にレースゲームを作る気があったの?




業界初の18禁レースゲームを作るという未踏峰を制覇しながら、この中途半端さがイリュージョンらしくていいです。


ゲームの独創性を除けば、ストーリー・音楽・絵・その他もろもろ全てダメというイリュージョン初期のエロゲーの典型ですので、
どうしても資本主義に貢献したいというのであればどうぞ。




お金以外に、広い心と少しばかりの忍耐力も忘れてはいけませんよ。





レーシング・ラグーン
レーシング・ラグーン










トップページに戻る

流行りものとか


  TOP  プロフィール  ゲームレヴュー  アニメレヴュー | YUIの部屋  掲示板  メール  雑記