世界を革命する力を たぶん、クソゲーとかクソエロゲーが好きな人のためのサイト
エロゲーレヴュー

レヴュー 一覧
特集等もこっち


名前順




めにゅ〜

更新の履歴


ゲームレヴュー


アニメレヴュー



YUIの部屋


掲示板


メール


雑記


投票所


リンク



流行りものとか


 
 ブログ | プロフィール | ゲームレヴュー | アニメレヴュー | 掲示板 | 雑記



どうにもならないエロゲーレヴュー

2005年12月25日

漂流







歴代イリュージョン作品の中でも特に今作は、
いったい何がやりたかったのか全くわからない怪作となりました。





ストーリーは・・・


主人公たちが自宅の庭でサバイバルゲームをしていたら、突然80年前の戦場に
タイムスリップしてしまった。







は、はい・・・?





という「戦国自衛隊」も真っ青のタイムスリップネタです。





この唐突感がたまりません。





80年前の戦場ってことは、
第一次世界大戦か?と思われますが、そんなのは一般人が考えるレベルのこと、2096年の80年前で2016年のラグーン内戦です。






・・・ラ、ラグーン内戦?






正直、どこからつっこんでいいのか分らない本作、ゲームシステムを説明すると普通の選択肢型AVGです。



イリュージョンにしては珍しくありきたりのゲームシステムです。




でも、これが普通じゃなかった。




1 川沿いを進む
2 川を渡る
        ←ピッ




ドカーン


琴美死亡   死因:爆死








・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・
・・・・・・・

まず、その致死率の高さが異常です。



選択肢を選ぶたびに死んでいきます。




選択肢は2択方式、
要は致死率50パーセントの選択肢を毎回選ばされるのです。





それもノーヒントで。







この
運試しを20回ちかくこなすと、いつのまにか2096年にタイムスリップできるという寸法です。




奇跡的にこのゲームをクリアーしても、何故タイムスリップしたとか、どうして元の時代に戻ってこれたとかは考えてはいけませんよ。






それはイリュージョンだから。






それで充分じゃないですか。






戦国自衛隊
戦国自衛隊









トップページに戻る

流行りものとか


  TOP  プロフィール  ゲームレヴュー  アニメレヴュー | YUIの部屋  掲示板  メール  雑記