各研磨コースの説明&リンクページ弐
 
上の写真は銀ハバキの見本です。

研磨コースの説明を致します。
研磨コースは、御刀への思い入れや、御予算で御決め下さいませ。

<居合刀(割安)研磨>
 仕上げ研磨は少し簡易に成りますが、その分、料金は割安に成ります。露骨な手抜き等は致しませんので、御安心下さい。居合刀の研磨し直し等に御利用下さい。居合刀以外でも御引き受け致します。
 
<通常研磨>
 通常研磨は、下地の斑等の修正が必要な場合は厳密に行います。
 仕上げ研ぎは、御刀の出来に添って仕上げを致します。
 部分錆びでしたらば、追加料金は頂きませんが、全体に錆びていたり、姿の崩れが大きく、金剛砥等の、荒砥での整形が必要な場合は、追加料金を頂く時が有ります。其の折は、御連絡します。

<上研磨>
 刀をより良くなる様に仕上げます。総ての工程を丁寧に致しますが、特に、内曇砥を良く効かせ、地艶、刃取り等、仕上げ研ぎを、より丁寧に行います。

<最上研磨>
 特別な思い入れの有る御刀の研磨に御利用下さいませ。研磨コンクール出品刀と同程度の手間を掛けて入念に御研ぎ致します。

*差し込み研ぎも行いますが、差し込み研ぎは、向く刀、向かない刀が有ります。御相談下さい。
  
*錆び等が酷い場合や彫刻が有る場合は料金を上乗せする時が有ります。御依頼の際は、御刀の状態を成るべく詳しく御知らせ下さい。

*樋などに斑が有る場合は、成るべく研磨の際に修正する事をお勧め致します。

*彫刻が施された刀身は、彫刻の種類、濃密度によって、研磨に掛かる手間が変わってきます。
 彫刻の種類、可能でしたらば、画像など御送り頂けますと、御見積りがしやすいです。

*ハバキ、白鞘は良い品を作れば、長く持ちます。