お知らせ(随時更新中)

 2014年03月15日
  新作刀剣に付いて。
 新作刀剣に付いてお知らせ致します。
 
 初代で鍛冶屋さんを始めますと中々製作依頼も安定せず大変な面が多いです。
 ですので、もし新作刀剣の製作を御考えの方が居ましたら若手刀匠を支援する意味合いでも御依頼頂けると幸いです。
 
 ただ、製作には原材料費、研磨他諸費用掛かりますので、それ相応の値段には成ります。
 ですので、ただ話だけで終わってしまっては返ってガッカリ差せてしまう事が有りますので、そちらの方の目途を付けてから御質問頂けますと幸いです。

 御自身の座右の銘など茎に刻み、唯一の愛刀にされるのも粋では無いでしょうか。
 宜しくお願い致します。


 2014年01月01日
  本年も宜しくお願い致します。
 旧年中は沢山の御依頼頂き有難う御座いました。
 本年も宜しくお願いを致します。

 研磨の御依頼は随時受け賜わって折ります。
 お気軽に御問合わせ下さいませ。
 年の初めは御依頼にも、やや空きが有り少し早目の納期で御納め出来るかと思います。
 
 何卒、宜しくお願いを致します。


 2013年09月19日
  研磨コンクールの出品に付いて。
 今年の研磨外装技術発表会(コンクール)から従来の刀部門と合わせて、平造り部門が新設されました。
 折角ですので出品をしたいと思い、研磨を御考えの平造りの短刀、寸延び短刀が有りましたら御協力願えますと幸いです。

 出品差せて頂ければ、研磨料金から相応の割引を差せて頂きます。
 また、納期も年末もしくは年始には御納め出来ますので通常より早く御納めが出来ます。

 ただ、研磨コンクールで成績を得る事を考えますと、色々と検討し無ければ成らない事柄が多く、折角御問合わせ下されてもお答え出来ない場合も有り、その様な場合は大変に申し訳御座いませんが、何卒御理解を下さいませ。
 協会主催のコンクールですので、協会発行の証書が有るものに限らせて下さいませ。

 誠に勝手な御願いながら御心当たりが有りましたら、宜しくお願いを致します。


 2013年02月25日
  御願い(電話)
 研磨御依頼の御問合わせ、居合道の稽古に付いての御問合わせ以外のお電話は御遠慮下さい。

 弟子入り志願、刀剣その他の物品の買い取り等の御問合わせには対応出来ません。
 宜しくお願いを致します。


 2012年12月04日
  優秀賞を受賞致しました。
公益財団法人、日本美術刀剣保存協会主催、第65回刀剣研磨外装技術発表会において、優秀賞(一席)を受賞致しました。

 今後とも技術の向上に精進致します。
 日々の仕事の積み重ねが有っての受賞ですので、今まで研磨の御依頼を下されてお客様に感謝致します。
 今後とも、御支援宜しくお願いを致します。



 2012年10月03日
  御来訪の御願い。
 当工房へ御来訪下さる折りは、予め、前日までに御連絡を下さいませ。
 当方は急な用事で留守にする時も有り、御願いを致します。
 また、見学のみの御来訪は、申し訳無いのですが、原則御断り差せて下さいませ。
 どうしても、と言う方はメールで個別に御相談下さい。
 
 よろしくお願いを致します。


 2012年05月07日
  下の記事の補充。
 ヤフーメール等からは、送受信出来ます。


 2012年05月07日
  メールの送受信。
 当方へ、研磨の御相談等で、メールを送信して頂き、こちらで受信致しまして、何も返信をしない、と言う事は、まず、有りません。

 ですので、メールを送信したのに、何日も返信が届かない様な場合は、失礼ながら、迷惑メールの方へ振り分けられて、気付かす削除してしまった、または、何かしらの原因で、受信出来ていない場合が考えられます。
 
 その様な場合は、お電話かFAXをして頂くか、soudenbizen@yahoo.co.jp の方へメールをして下さい。
 
 また、オフィスワード、からのメールなどは、上手く受信出来ない場合が有りますので、通常の、Windowsメール、Outlook Express、から送信して頂けますと、有難いです。
 
 何卒、よろしくお願いを致します。


 2012年03月15日
  仕上げ直し。
 今まで、ホームページ上では載せていませんでしたが、仕上げ直しの作業も差せて頂く事に致しました。

 これは、古研ぎや、古い差し込み研ぎなど、見た目は、少しボケてしまった感じに成っている刀剣に、拭いの作業をして、刃取り、磨き、ナルメの作業を行います。

 地鉄の感じなど、大きく変わる事は無いのですが、地鉄の黒、刃の白さが引き立ち、見た目の華やかさは、大いに増しますので、研磨する程では無いが、もう少し見栄えを、と言う方にお勧め致します。

 また、その様な作業ですので、保存状態が整っている御刀の作業に成りますので、錆が出ている、以前の研ぎの状態が、相当に悪い、もの等は直す事が出来ず、お引き受け出来ない場合が有りますので、御理解を下さい。

 その様な場合は、通常の研磨の作業を行って下さいませ。
 
  
 作業料金は、1寸2000円に成ります。

 御活用頂けましたらば、幸いです。
 ご不明の点は、御問合わせ下さい。


 2012年02月07日
  下の記事の続き。
 研磨済みの新作刀の、研ぎ直しの場合は、古作の料金設定と同じに成ります。
 


 2012年02月07日
  新作刀の研磨料金の改定のお知らせ。
 新作刀の研磨料金を改定致します。。
 通常研磨、1寸8000円を1寸7000円に、上研磨、1寸10000円を1寸9000円に致します。
 これは、鑑賞用の場合です。
 居合刀などの場合は、別に御問合わせ下さい。

 当方は、動力を使った研磨作業をして折りませんので、有る程度の鍛冶押しをしてお渡し下さいませ。




 2011年12月25日
  刀剣の廃棄をお考えの方。
 家に有る刀剣で、錆が進んだり、持ち切れなく成り、廃棄してしまう事を御考えの方がいましたら、御譲り頂けると有難いです。 
 売買に利用する訳では無く、技術向上のため、色々と試行錯誤するのに利用させて頂きますので、もし、その様な事が有りましたら、御協力お願いします。


 2011年09月01日
  研修会終了。
 研修会も無事に終える事が出来、また、特別研修生も終了する事が出来ました。
 これも、今まで、研磨作業を受け賜り、刀剣研磨師を続ける事が出来たお陰です。
 今後とも、御贔屓下さいますと幸いです。
 よろしくお願いを致します。
 


 2011年08月03日
  居合刀の研磨等の御依頼の際は。
 居合刀等の研磨し直し、等の場合は、仕上げ研ぎが少し簡易に成りますが、その分、料金は、割安に成る、研磨も致して下りますので、ご利用をお考えの歳は、御気軽に、御問合わせ下さいませ。

 何卒、宜しくお願いを致します。


 2011年03月15日
  大震災に。
 この度の、東北関東大震災の被害に合われた方に、心より、御見舞い、申し上げます。
 一日も早い、復旧と復興が成る事を願って下ります。
 リンクページ壱より、日本赤十字社、義援金サイトへリンクを差せて頂いて下ります。
 何卒、御協力、御願を致します。


 2011年01月22日
  新作刀の研磨の料金。
 料金表に新作刀の研磨料金を掲載致しました。
 新作刀の研磨料金は、通常研磨1寸8000円、上研磨1寸10000円の二段階の設定に差せて頂いて下ります。
 これは、荒身に限った場合です。
 一度研磨して有る新作刀の研ぎ直しは、通常の研磨料金コースと同じ設定です。
 何卒、宜しくお願いを致します。


 2010年12月04日
  研磨外装技術発表会。
 第63回、研磨、外装技術発表会において、優秀賞を受賞致しました。研磨御依頼下さり、御刀の研磨の積み重ねの御蔭と感じております。
 今後も、技術向上に努めますので、何卒、御支援下さいますと幸いです。
 有難う御座いました。


 2010年03月17日
  研磨コースの設定の見直し。
 今月末で、割安研磨の受付を一旦休止致します。
 今後、復旧するか、どうか、など、時期を含めて未定です。
 また、上研磨の初回割引も、今月末を持って、取り止めに差せて頂きます。
 長い期間、御依頼を下さり、有難うございました。
 何卒、御理解を賜れば幸いです。
 宜しくお願いを致します。


 2010年02月23日
  錆身の料金。
 下の記事の補足ですが、現状、御依頼を頂いている御客様は、御見積りを差せて頂いた時の料金で変更有りません。


 2010年02月22日
  錆身の料金。
 錆身の場合は、料金に上乗せを御願いしていたのですが、解り難い部分も有り、設定を変更させて頂きました。
 深錆、大きな刃毀れ、刃毀れ個所が多い、姿崩れが著しい、など、金剛砥での整形研磨が必要な場合は、1寸あたり、1000円増しと差せて頂きます。
 これは、各、研磨コースとも共通です。
 通常研磨ですと、1寸7000円と成ります。
 部分錆び等では、割増は頂きません。
 御依頼の際は、御刀の状況を御知らせ下さいませ。
 何卒、宜しくお願いを致します。


 2009年12月05日
  受賞。
 平成21年度、日本美術刀剣保存協会主催、研磨、外装技術発表会にて、努力賞を頂きました。
 更に刀剣研磨に精進致しますので、御支援、宜しくお願いを致します。
 有難うございました。


 2009年10月31日
  御振込みの二分割の件。
 今まで、料金の御振込みは、研磨終了後、一括で頂いて下りましたが、諸工作(白鞘、ハバキ)の製作が終了した時点で、その分の費用を御振込み下さり、研磨終了後、研磨料金を御振込み下さる、と言う二分割も御提案させて頂く事に致しました。
 諸工作製作終了、研磨終了の期間は、近づき価値で、二分割の意味が、少し薄い所が有り、申し訳無いのですが、一括だと、高額に成りますので、御利用下さい。
 今まで通り、研磨終了後、一括で御振込み下さっても、勿論結構です。
 ただ、諸工作を始める前などに、研磨料金の一部を御振込み下さるのは、今の所、行なう予定は有りません。これは、研磨を始めて、傷などが出て、研磨を途中で止める場合、料金の返却など、ややこしい面が出る為です。
 何卒、御理解を下さい。
 宜しくお願いを致します。


 2009年03月17日
  更新中。
 ブログの方は、随時、更新しています。
 見て下さると嬉しいです。


 2008年12月23日
  初回割引に付いて。
 初めての御依頼の場合、上研磨、最上研磨を、一寸あたり500円割引きを差せて頂きます。
 上研磨、一寸7500円、最上研磨一寸9500円に成ります。
 割安研磨、通常研磨は、初回の割引は御座いません。
 今までに、割安研磨、通常研磨で御依頼を頂いたお客様でも、上研磨、最上研磨を初めて御依頼頂く場合は、初回割引料金で、御依頼を請け賜わります。
 何卒、よろしくお願いをいたします。


 2008年07月10日
  感謝。
 御依頼を頂き、また、ホームページを御覧頂き、有難う御座います。
 只今、御依頼を頂きますと、諸工作が有る場合は、半年は、御預かり差せて頂く事に成ります。
 諸工作が無ければ、それよりは、少し早く御納めが出来ますが、長い期間、御待たせをする事に成り、申し訳御座いません、
 何卒、御理解を頂けましたらば、幸いです。
 宜しくお願いを致します。


 2008年04月23日
  リンクの件。
 当方のホームページは、リンク出来る数に制限が有るのですが、今は、2件程空きが有ります。
 もし、相互リンクして下さる所が有れば御連絡下さい。
 相互リンクで無くて、当方をリンクする場合は、必ず御連絡下さい。
 


 2008年03月16日
  研磨コースに。
 研磨コースに最上研磨を加えました。
 今までの研磨の手間を下げる訳では御座いませんが、特別な思い入れの有る御刀などに御利用頂けましたらば幸いと思い、加える事に致しました。
 宜しくお願いを致します。
 


 2008年03月13日
  説明ページを新設。
 御問い合せから、御依頼頂き、御納めまでの説明のページを新設しましたので、御参考にして下さい。


 2008年03月07日
  名称の変更を。
 格研磨コースの名称に、統一感を持たせるべく、少し改称しました。
 研磨の内容、料金に変更は御座いません。
 宜しくお願いを致します。
 


 2008年02月11日
  ファックスの設置。
 ファックスを設置致しましたので、御活用下さい。
 ファックスは、非通知着信拒否設定に成って下りますので、送信が出来ない場合は、当方へ送信されましたファクシミリ機の設定を御確認下さい。
 私も、設置致しまして、まだ、操作に慣れず、不手際が有るかも知れず、その際は、申し訳御座いませんが、何卒、御理解を頂けましたらば幸いです。
 宜しくお願いを致します。
 


 2008年01月01日
  新年。
 新年明けましておめでとう御座います。
 昨年中は、沢山の御依頼を頂き、有難う御座いました。
 一振り一振り、誠実な仕事をする様に心掛け、技術の向上を目指しますので、本年も、何卒、宜しくお願いをいたします。


 2007年08月25日
  相互リンクの件。
 相互リンクの件でお願いです。
 このホームページは、プロバイダーの簡易ホームページを使っている為、1ページあたりのリンク出来る数が限られ、これ以上、相互リンクする事は出来ません。申し訳御座いません。
 リンクフリーでは無いので、このページをリンクする時は、必ず御知らせ下さい。
 今の所、こちらのページからリンク差せて頂いているホームページ以外、私から御願いしてリンクした所は有りません。
 尚、ブログの方なら相互リンクは出来ます。
 御理解を頂きたく、宜しく御願いします。 


 2007年05月27日
  リンクの更新。
 リンク3に、田中貞豊鍛刀場をリンクしました。
 田中さんは、滋賀県で鍛錬をされている、若手刀匠です。
 ホームページを御覧下さい。


 2007年05月16日
  画像送付の件。
 画像送付の件で、御連絡を致します。
 以前は、あまり重い画像は受信出来ない様に制限をして下りましたが、それを取り止めました。
 今後は、重い画像でも送付出来ますが、少し軽くして頂くか、また、枚数が多い場合は、数度に分けて頂けると有り難いです。
 制限は、以前、色々なと不具合が起こり、設けていたのですが、送信したが、受信出来ないと言うご指摘を頂きましたので、今回、取り止める事に致しました。
 以前、私に画像を送付したメールを送信された方で、こちらからの返信が無かった場合は、こちらで、受信が出来ておらず、読めなかった可能性が有ります。
 ご迷惑をお掛けして、大変に申し訳御座いませんでした。
 御連絡を頂いて、返信をしない事は御座いませんので、そのような事が有りましたらば、御手数ですが、再送信頂けると有り難いです。
 宜しくお願い致します。


 2007年05月16日
  新規に。
 前の日記も、書き始めて、随分経ち、昔の物が、相当下の方に言ってしまい、見難いので、一旦消して、改めて始める事にした。
 前のは、折角なので、自分で保管した。
 これからは、お知らせや、研磨の事など、もう少し、仕事に関係した事をお知らせしようかと思っています。