方   言

鹿 児 島 弁

ゆくさ
こんホームページに
 おさいじゃしたもした
あいがともさげもした

ようこそ
このホームページに
 おいでいただきました
ありがとうございました

 鹿児島の方言はわからない言葉の代表のように考えられている。日本の最南端の辺境で,,しかも長い間の二重鎖国のせいで,特殊な発展をとげたと思われます。概して促音便と撥音便が多く,大きく分ければ本土国と島国の二つの地域別と,武士言葉(城下士言葉と郷士言葉の別があるが,大きな差はない)と平民言葉(在すなわち百姓の言葉使いと、町人言葉,浦人言葉の3種類がある)の身分別の2つの型があります。
 戦後は言葉もその階級性を失って混同され,おかしな薩摩弁が外部の人には鹿児島弁として映っています。たとえば「○○どん」「兵児二才』などは武士言葉でしたが,身分制の廃止と共に一般化して用いられています。用語はもちろんアクセントやイントネーションも歴然とした区別がありました。
 また,ここで注目したいのは,武家政治700年の間,島津氏の統一権力に属していたことから奄美は別として(琉球に属す)多少の地域的ニュアンスの差はありますが,大体同じような方言圏を成し,他県に見るような雑多性のないナが特徴です。
恩師 故原口虎雄先生の鹿児島県の歴史を参考にした
ちょっと(^。^)y-.。o○
   
             戦後間もない頃鹿児島に引き揚げてきたときのことです
             祖父が「かぜがはいっでそこんとをたてんか」と私に??
             「おじいちゃん,戸は立ってるよ」
             「立てる」とは「閉める」の意味だったのです
あ行 方 言 標   準   語 用 例
1 あいがとさげもす 有り難うございます
2 あがいやったもんせ 上におあがりください。 お召し上がりください まあいっとっあがっいっきゃったもんせ=まあチョット(一時)上がっていってください
3 あけ・あかか 赤い・明るい ひがっがあけっ=東が赤い
4 あさねごろ 朝寝坊 ごろは軽蔑の接尾語
5 あたい あたいもてのんめあげもんそ=私も一緒に参りましょう
6 あち 暑い,熱い あちこっごわんが 暑いことです
7 あったらし もったいない・惜しい あったらしこつした=もったいないことをした
8 あっばった 手を焼いた。苦労した
9 あにょ・あんさん 兄・お兄さん
10 あのっサア〜 あの人(敬意を表した言い方) あのっサア〜どこん人やんそかい=あの方は何処の人でしょうか
11 あばてんね 大変な・たくさん あばてんねこっごわんが=大変なことですが
12 あぶっ 泡・焼く
13 あまめ ゴキブリ
14 あんべ 具合,塩梅,調子 きゅはがっついあんべがわり=今日はどうも具合が悪い
15 いかなこて まさか(如何なる事があっても) いかなこてだまっひんもどいはすんめ=まさか黙って帰りはすまい
16 いがわ 井戸
17 い(ゆ)っかすっ 教える(言い聞かせる) こどんのしぃはよゆっかせ=子供たちに早く教えなさい
18 いっき・いっきんこめ すぐ いっきせんか=すぐしないか
19 いっぺこっぺ あっちこっち いっぺこっぺさるっもっしたらだれもした=あっちこっち歩き回ったので疲れました
20 いみしわろ きびしい・意地が悪い奴
21 いやっごろ いやしん坊・食いしん坊
22 うかぜ 大風
23 うけ,うか,うわか 多い こん村はぶけんしゃどんがうけどこの村は金持ちが多いよ
24 うっかた 家内・妻 おいげんうっかた=うちの家内
25 うったくっ たたく・なぐる そげんうったくっな=そんなに殴るな
26 うったっ 始める・出発 ぼっぼっうったとかい=ぼつぼつ出発しようか
27 えじ ずるい
28 おかた うっかた(平民言葉),おかた(武士言葉)のちがい
29 おかべ 豆腐
30 おごじょ お嬢さん
31 おじゃんどかい おいでになりますか・いらっしゃいますか 人の家を訪問したときの挨拶としておじゃんどかい(おさいじゃしっか)
32 おさいじゃしか 上と同じだが,行きますかの意もある こいからどけおさいじゃしか=これから何処に行かれますか
33 おせ 大人 おせんしのゆうこつきっきゃんせ=大人達の言うことを聞きなさい
34 おだっ 育つ,(育ち過ぎのときも使う) そんトマトはもうおだっちょ=そのトマトは熟れすぎだ
35 おっとっ ぬすむ・盗る
36 おてつき・おてちき 充分,いっぱい(落ち着くの意か?) おてちきたもった=いっぱい食べた
37 おはん おまえ (同等以下の者に対して使う)
38 おぼっかね おぼつかない
39 おまんさあ お前様。あなた様(敬称) おまんさあ〜んはなしゃわっぜおもしてごわした=あなたの話は大変面白うございました
40 おもして,おもしとか おもしろい
41 おやっとさあ ご苦労様 おやっとさあごわしただいやめでんしやんせ=ご苦労様でした晩酌でもしてください
42 おらっ 叫ぶ そげんふてこえでおらっな=そんなに大きな声で叫ぶな
43 おんじょ 男の年寄 とないのおんじょはやかましおんじょじゃった=隣の小父さんはうるさい(厳格な)小父さんだった
Topページ方言の意味
か行 方 言 標   準   語 用 例
1 がいし 軽石
2 かかじっ (痒いところを)かく そげん かかじいたくんな=そんなにかきまわすな
3 かかっ 触る ふれる  品もんぬ かかいたくんな=品物を触りまわすな
4 かずん (匂いを)嗅ぐ よかにえがしもんで かずんみやんせ=いい匂いがするので嗅いでごらん
5 かたっ @加える A話す,語る まぁ いっと かたっいっいきゃはんか=まあ チョット話していきませんか
6 がっ 叱る がいやんな=叱りなさんな   がらるっど=しかられるぞ
7 がっつい @ちょうど ぴったり A感嘆詞的に がっついじゃった=ぴったりだった  がっついだれた=とっても疲れた
8 かぶしっ かじる ねずんが かぶしった=ネズミがかじった
9 からいも 唐芋 からいも サツマイモ
10 がらんつ ガラガラに干した塩いわし めざし 私の子供の頃のお昼はからいもとがらんつじゃした 唐芋とめざしでした
11 きっさね 汚い 部屋がきっさねはよ片付けんか=大部屋が汚い早く片付けなさい
12 きっなご キビナゴ きっなごんさしんでんたもいやんせ=キビナゴの刺身でも食べなさい
13 きのって ゴキブリ
14 きばっ 気張る 頑張る いっぺきばいやんせ=一生懸命頑張りなさい
15 きらし おから
16 ぎをゆぅ 議を言う 文句を言う 子供の頃おせんしぃむこて(大人に向かって)ぎをゆなと言われた
17 くっ 首,口,靴 これらみんなくっ
18 ぐらしか かわいそう
19 ぐわんたれ 質の良くない  ぼろ あんたぐぁんたれじゃらい=あの人はだめな人だ
20 けすいばっ おおちゃく やんちゃ あんやちゃ けすいばっじゃらい=あの人は面白いやんちゃ者だ
21 けっされた くされた こん魚は けっされおっ=この魚は腐れている
22 げんね 恥ずかしい げんねこつ しやんな=恥ずかしいことをしなさんな
23 こげんな こんな
24 こさっのくっ 押しのける ひとをこさっのけこさっのけ=人をおしのけおしのけ
25 ごぜんけ 結婚式
26 ごぶれさぁ ご無礼 失礼 ごぶれさぁもさげもした=ご無礼を申し上げました
27 ごろいと とうとう ごろいと やっせんじゃった=とうとう駄目だった
ちょっと(^。^)y-.。o○
   
             「由梨香ちゃん お客さんよ おもちゃを早くなおして頂戴」
             と母親が言います
             子供はいそいそとおもちゃ箱にお片づけします
             鹿児島では「しまう」ことを直すといいます
             「そこの箒を直しておいて」とか「雑巾直しておいて」とかいいます
             これは「しまって」という意味で言っているのです。
             そしてそれが標準語だと思っています。
             「しまう」ことも「修理する」ことも「なおす」なのです
             鹿児島出身者がよそで恥をかくことがよくあります