トップページに戻る

本サイトに初めていらした方へ

本サイトは,LaTeX による文書作成に慣れた人々を対象として, LaTeX を用いる上で出会う種々の問題への“最大公約数的な”対処法を考える, ということを目的としています. 特に,TeX/LaTeX システムあるいは各種 dviware(*) のインストール法については取り扱っていない,という点にご注意ください.

(*) dvi ファイル((La)TeX 文書を TeX で処理して得られる, 処理結果を記述したファイル)を読み取り, 表示・印刷や他の形式(例えば,PDF 形式)への変換などを行うソフトウェアを dviware と総称します.

TeX/LaTeX 一式あるいは dviware のインストール法については それらの配布元にある(または配布アーカイブに同梱されている) マニュアルを参照してください. (また,巷にはよくできた“インストールガイド”的なページもあります.) ここでは,下記のページを紹介するにとどめます.

なお,UNIX 系の環境に対しては,(株)アスキーの pTeX のソースファイルなどの説明のページ に挙げられているftpサイトなどからソースファイルを入手することができます. (もちろん,コンパイル済みのバイナリ・パッケージが利用できる場合もあります.)


これ以降は“経験者向け”の補足です.

上記の記述で“最大公約数的な”という言い方をしましたが, これは概ね“TeX のマクロを用いて処理できる範囲で”と理解して構いません. したがって,個々の dviware に関することには深入りしません. もちろん,dviware が絡むことを全く扱わないというのではなく, 個々の dviware には必要があれば言及しますが, 本サイトはあくまでも“TeX そのもの”に関するサイトです.

例えば,“画像の取り込み”といった処理を取ってみると, \special で与えるべき文字列は dviware ごとに異なるわけですから, dviware 寄りの見方をすれば“画像を取り込むための標準的な方法はない” ということになるのでしょう. しかし,graphicx パッケージの使用を前提とした場合には, \includegraphics[options]{filename} という記述で統一的に扱うことができるわけですから, マクロ作成者としての視点では“画像を取り込むための標準的な方法が提供されている” わけです.(もちろん,dviware ごとの相違は個々の def ファイルによって吸収されているものとします.) もちろん,本サイトでは後者の視点(マクロ作成者の視点)で話をします.

トップページに戻る