ふくらはぎの筋疲労・腓腹筋の肉離れ

下腿三頭筋には、3本の大きな筋肉からなっている。深部にはヒラメ筋といわれる大きな筋肉が1つ。浅部には腓腹筋
といった2つの大きな筋肉がある。
筋肉の性質から言うと、腓腹筋は筋を強く、速く収縮させる速筋の割合が高いのに対し、ヒラメ筋は急激な動きには対応
できないが、その土台となる下腿の固定の役割を果たしている。
腓腹筋のオーバートレーニングは、内側頭の筋・腱移行部でチェックすることができる。ちょうどふくらはぎが盛り上がる部分
で、そこを圧迫したときに痛みを感じれば、オーバートレーニングの兆候である。
ヒラメ筋は腓腹筋に比べて疲れにくい筋肉であるが、マラソンなどの長距離走では、同様に疲れは溜まる。

腓腹筋の肉離れは、強くジャンプしたり、全力疾走したり、力強くキックしたりすると、腓腹筋の内側頭が主に収縮される。これは
身体動作学上、歩行、走行などの際には、踵を地面に接地した後には、母趾球で地面を押さなければならないため、内側頭が
良く使用されるのである。これには、足首の内果・外果という一般的に言われるくるぶしの位置関係も関係してくる。

ダッシュしたり、方向転換する際には、バチっと音を立てたかのように、切れる感じを受けることがある。。これは自分は、高校の時に
経験しました。。。これが腓腹筋の挫傷、肉離れである。

予防、対応としては、筋温が温まらない内にダッシュをしない。要は十分にウォーミングアップをしてから、走るということである。
部活などでは、必ずウォーミングアップをしている選手が多いとは思うが、考えられるのは、社会人になり、突然運動量が減少した中で、
みんなで集まってスポーツ大会なんかを開いた時に、このようなことが起こる可能性がある。これはアキレス腱断裂というこも良く起こる。

直線上に配置