※ 検索サイトから直接このページに飛んで来られた方へ・・「こちら」からHOMEへどうぞ。 ※
※ サイト改装に伴い、こちらのページが変更されております。サイトHOMEへは↑のリンクから。
  直接新構築された小説「B.B」を開くには――「こちら」からどうぞ。


■ STORY ■
舞台は架空世界エアーレイス。
アメリシアと言う国に存在する精鋭騎士舞台「BLUE BLOOD」の日常話。基本は剣と魔法のファンタジー。
主人公がカップルなので甘めの話もあり、又アクション話や‥
登場するのが個性豊かな(な、はず‥)面々によるほのぼの話やバカ話など、各話によって様々。
一応1エピソード1話完結。小さな完結エピソードの集まった連話。
実は‥お題とテーマさえあれば創り手が厭きるまで紡ぎ続ける事のできる物語でもあったりもする‥。
オリジナルファンタジー「BLUE BLOOD」。(略して「B.B」)

このまま読んでも一応分かるようには作っているつもりですが、設定等も完備中。
どちらの設定も「別窓」で開きますので、お戻りはウィンドウを「閉じて」下さい。
■ 文字だけの簡易的キャラ設定で十分な方は、「こちら」
■ イラスト&詳しい設定や説明は、「こちら」。
  地下倉庫:「B.B」設定近道通路が開きます。

▼↓「B.B」には、話的に時期というものが分かれていたりします。▼
● Episode:「−(マイナス)」期:ジャックが中央陸軍に入隊するまでの頃を指す時期(過去)
● Episode:「0(ゼロ)」期:ジャックが見習い騎士をしていた頃を指す時期(遠くない過去)
● Episode:「+(プラス)」期:ジャックが騎士になってからを指す時期。話的にはこれがメイン(今)
● Episode:「α(アルファ)」期:番外編?本編との区別は作者の独断だったりする。(大笑)

▼↓更に「B.B」には、主人公'sがカップルの為、甘々度(笑)なるものが存在中。▼
VV(オレンジ)」→普通: 「VV(ピンクとオレンジ)」→甘: 「VV(ピンク)」→甘々「VV(赤)」→激甘
無論、あくまで作者本人の感覚ですので・・。

■ この駄文「B,B」は 「NEWVEL」 に登録しています。もしもお気に召して頂けたのならば、
 ↑下線部クリックで投票して頂けると励みになります。いや、嬉しすぎて鼻血が‥。(ヲイヲイ。)

今現在での最新更新話は、Episode:「+期」/ 「Friendship」(12.7.15 up) になります。

長年連作し続けていると、話数だけは増えて行きます。「どこから読んでいいか分からない…」なんて言葉も時々聞こえて来始めました。
――確かに。なので、「↓道標」的な物を創ってみました。ただし、時系列順ではなく、作者が書いた順。読み進めの目安になれば嬉しく。
別窓で開きますので、お戻りはウィンドウを「閉じて」下さい。
■ 「BLUE BLOOD」読み進めの道標。――あくまで、1案。(笑) ■



■ 「B.B」Episode:「−」期 ■
※ジャックが中央陸軍に入隊するまでの話。(過去)※


■「NORA(野良)」■(2003.4.3) // Page.1 / Page.2 / Page.3
:ジャックとジルが初めて出会った時の話。ジャック8歳、ジル23歳、上総32歳。別名「家族になった日」「VV」

■「YORIDOKORO(拠所)」(2004.9.11〜10.9)
/ ACT.1「ジルの恋人」 :話的には「NORA(野良)」の後。「NORA」でジルは
一応「家族」になりますが、まだ本当の家族とまではなりきれず。
己の居場所は家族に求め、拠所は恋人に求めておりました。
けれど、それも揺らいでいるこの頃。
ジルが本当の家族として落ち着くまでの話です。
「VV」
(ある意味甘いと言えるかもしれないが・・?:汗)
/ ACT.2「ジルの小さな家族」
/ ACT.3「ジルの後悔」
/ ACT.4「ジルの疎外感」
/ ACT.5「ジルの決断」


■「JYUBAKU(呪縛)」■(2003.12.25) // Page.1 / Page.2 / Page.3
:ジャックとジルの家族から恋人へとなった時の話。すんなり行かないのが彼ら?「VV」(ある意味?)
<<あん様よりの「なんちゃってリクエスト」>>


■「ISSEN(一線)」■(2004.1.7) // Page.1
:「JYUBAKU(呪縛)」より約半年後。文字通り、彼らが一線を越えた時の話。「VV」(・・たぶん)
 <<あん様よりの「なんちゃってリクエスト」>>


■「Dears」■(2005.2/19) // Page.1
:ジャックが高校生活を送っていた時の話。双子「エドガー&マッシュ」との出会い話。「VV」
 
<<Ptia様からの「なんちゃってリクエスト」>>
■「Dears:2」■(2005.4/9) // Page.1
:↑「Dears」の続き的話。話的にもDearsの直ぐ後の話。ジルと上総と双子が初めて顔を合わせた時の話。
 ジルが家に帰った時、そこにいたのは‥。
「VV」

■「手を繋いで、腕を組んで…」■(2005.3/19) // Page.1
:ジャックとジル。恋人同士にになってから初めての1日デートな話。「VV」
 <<ようこ様からの「なんちゃってリクエスト」>>


■「彼と彼女の傷痕」■(2006.6/18) // Page.1
:ジャックとジル。2人の体は、原因は違えど結構傷だらけなんです。
 上総のいない日の深夜に交わされる彼らの傷に纏わる短い話。短いのに甘い?
「VV」





■ 「B.B」Episode:「0」期 ■
※ジャックが見習い騎士の頃の話。(遠くない過去)※


■「永久氷壁が溶ける時…」■(2003.3/25) // Page.1 / Page.2 / Page.3 / Page.4
:見習い騎士のジャック。彼女が入隊以来実行してきた事は?「VV」
 
(作者の頭の中では本編はここから始まっていたりするのですが‥。)

■「First Mission」■(2003.8/15) // Page.1 / Page.2 / Page.3 / Page.4 / Page.5 / Page.6
:見習い騎士ジャック達の初の基地外訓練(任務)話。思わぬアクシデント多発で大混乱?「VV」(長いです)
■「True Strength」■(2003.9/13) // Page.1 / Page.2 / Page.3 / Page.4
:「First Misson」の続き的話。初の基地外任務から帰還したジャックを待ち受けていたものは?「VV」
■「Present」■(2004.2/23) // Page.1 / Page.2
:「First Misson」「True Strength」の、続き?補足?なバカ話。何だか上総とアレックスが壊れ加減?「VV」

■「スリング少尉の憂鬱」■(2004.5/4) // Page.1 / Page.2
:「永久氷壁の溶ける時」に関わってくるのか?そこでのジャックとスリング少尉の不仲回復?和解話。「VV」

■「Chess man」■(2004.11/13) // Page.1
:初めての基地外任務での功績で、ジャック達が特別勲章を授与される事に。「First Mission」関連話?「VV」
■「何処でも一緒…」■(2004.11/26) // Page.1
:「Chess man」の続編と言うか番外編?・・「Chess man」の直ぐ後の話。ちなみにジャック達は出ません。
 登場キャラは、アニー、アレックス、ヴィンス、スリング・・脇役陣。(笑)
「VV」

■「Ceremony」 ■ (2007.6/6) // Page.1
:ジャックがいよいよ見習い騎士から正式に騎士へと着任。そして、密かなジルの策略?「VV」
■「軽くて、重い決断」■(2007.12.16) // page.1 / page.2 / page.3
:「Ceremony」の続きになる話。ジャックが密かに背負っている秘密の十字架とその理由?「VV」
■「ヴィンスフェルト准将と賢者の石」 ■ (2010.5.23) // Page.1 / Page.2 / POSTSCRIPT
:「軽くて、思い決断」の続きになる話。「BLUE BLOOD」零部隊は、この日より始まった。 「VV」
■「スリング少尉のファーストネーム」■ (2010.5.23) // Page.1 / Page.2 / POSTSCRIPT 
:「ヴィンスフェルト准将と賢者の石」の続きになる話。スリングが昔からトラウマにしている名前は…  「VV」





■ 「B.B」Episode:「+」期 ■
※ジャックが騎士になってからの話。これがメイン。(現在)※


■「泣ける胸があるから…」■(2003.3/12) // Page.1 / Page.2
:ジャックが偶然遭遇した友人の説教場面で起きた事とは?(正真正銘?初めて書いた人前小説)「VV」
 
■「Family」■(2003.10/23) // Page.1 / Page.2 / Page.3 / Page.4
:久振りのジャックと上総とジルの休日に上総の実家へ里帰り。普通に休日を過ごせないのが彼等の運命?
 <<Ptia様からの、「なんちゃってリクエスト」>>
「VV」
■「Trinity」■(2003.11/18) // Page.1 / Page.2
:「Family」の続話。親子の会話?(苦笑)過去にまつわる上総とジャック双方の心の内が見える?「VV」

■「Blood (血脈)」■(2004.7/24) // Page.1
:絶縁したはずのジルの身内が基地にやって来た‥その理由とは??「VV」(←たぶん・・)

■「Minimum」■(2005.6/4) // Page.1 / Page.2
:薬品工場が爆発!緊急任務に向かったジャック達。しかしその工場、実はただの工場ではなくて?「VV」

■「真夏の夜の夢」■(2005.8.27) // Page.1
:仲間の騎士の抱えている悩みを解決させる為、ジャックがうち出した策とは??
夏の夜空に舞ったのは、本物ではないけど心のこもった夢1つ。
「VV」

■「Einherjar ―英雄―」■(2005.11.21) // Page.1 / Page.2 / Page.3 / Page.4 / Page.5
:アメリシア北部で政府施設占拠事件が発生!制圧に乗り込んだのは勿論‥ジャック達。
 「英雄」とは、必ずしも任務に成功した人間ではなくて‥。
「VV」(‥長いです)
■「Valhalla ―歌葬―」■(2006.1.28) // Page.1 / Page.2 / Page.3
:「Einherjar」の続き的話。先の任務で友人を亡くしたジャック。悲しみの中で友の葬儀を迎える事に‥。「VV」

■「Jelly」■(2006.9.24) // Page.1 / Page.2
:突然変異体のスライムが大量発生との報告を受け、ジャックは指揮官として魔物討伐任務に行く事に。
 ‥しかし、それは‥前代未聞の珍騒動の幕開けでもあった!!
「VV」

■「Friendship」■(2012.7.15) // Page.1 / Page.2 / Page.3 / Page.4 / Page.5 / Page.6
                                      Page.7 / POSTSCRIPT
=NEW=:ハイジャック事件発生!事件解決は容易だが、それだけで終わらない。ハイジャック、更に、魔物――
そして、協力国「クバイ」の騎士達。Friendship=友情・親交。
「VV」(…長いです&ジル不登場)





■ 「B.B」Episode:「α(特別)」期 ■
※クリスマスや正月など、時期モノ又はその他の特別話など。※


■「女3人寄ったれば」■(2003.5/15) // Page.1 / Page.2 / Page.3
:馬鹿話?画回廊同題イラストより生まれてしまいました。(時期的には、Episode:「+」期)「VV」(たぶん・・)

■「Milky Way」■(2003.7/5) // Page.1 / Page.2 / Page.3
:馬鹿話?第二弾。(笑)「七夕」をテーマに文章を書いてしまった。(時期的にはEpisode:「+」期)「VV」

■「June Bride」■(2004.6./18) // Page.1 / Page.2 / Page.3
:6月をテーマに作ってみた。題だけ「6月の花嫁」で中身は魔物討伐話。(時期的にはEpisode:「+」期)「VV」

■「Christmas Songs」■(2004.12/24) // Page.1 / Page.2
:クリスマスをテーマに作ってみた。でも中身は魔物討伐話。(笑)時期的にはEpisode:「+」期)「VV」

■「Web小説カップルに30の質問:ジル&ジャック編」■(2008.4.1) // GO!
:Web拍手のコメントでリクエストを頂きましたので、挑戦してみました。どうでしょう?(笑)

■「人は見かけによらぬもの」■(2008.8.4) // Page.1 / Page.2 / Page.3
                                                 / POSTSCRIPT
:ジャックが休みの日に遭遇してしまった出来事。夏凪竜様のキリ番的HIT報告により、特別リクエスト発動。
…1人キャラを発案して貰って、動かしてみました。ジャックとそのキャラのみ登場。時期は「+」期
「VV」

■「SPIDER」■(2009.7.11) // Page.1 / Page.2 / POSTSCRIPT
:「Gallery」の「PRESENT&OTHERS、「SMOKER」コーナーにある同題「SPIDER」を描いて出来上がった話。
勤務の関係で基地から2人だけ先に帰宅したジャックとジルは…。時期は「+」期。砂吐いてみる?
「VV」





■ 封印殿TOPに戻る・・

++ 当HPにおける全ての内容の無許可転載、転用を禁止します。
全ての内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。++

Copyright(C)MIHANA OKADA.
All rights reserved. Never reproduce or republicate without written permission.