[ 建築書房 ] 無気力建築学生による不親切建築書ガイド。手がかりは残した。後は自分で探しておくれ。
■建築書籍 検索 produced by Amazon.co.jp
『Rem Koolhaas: Projects for Prada』
妹島と西沢

商業と建築をくっつけることを嫌がる人もいるかもしれないけれど、建築で仕事をしたいなら、まずコレを読むべし。建築デザインとプラダの関係は!?

WEBデザイナーもなぜか持ってます。

site map
▼建築的講演会 ▼建築的名作 ▼建築デザイン書 ▼建築的家具 ▼建築的作品集 ▼建築的お勉強 ▼CAD参考書

Rocking Stool

Aeron Chair フル装備
Tulip Chair
Bertoia Side Chair
Barcelona Chair
Butterfly Stool

How High The Moon
SUNSET
Rainbow Chair
LCW
1006 Side Chair
Eames Lounge
Butterfly Cushion
Aeron Chair PostureFit装備
Rive Droite Armchair
Zumi Stool
Side Shell Chair DSR
Wire Chair DKR-5/Fablic
Coconut Chair
La Chaise
Antony
Tom Vac
Panton Classic
Wire Chair DKR
Cone Chair
Side Shell Chair DSS
Ypsilon-Solid
Ypsilon-Techno Gel
Standard Chair
▲HOMEに戻る
丹下健三

丹下健三

¥28,500
新建築社
>> 詳細を見る




日本の建築家と言えば「丹下健三」。この人をおいて他に抜きん出る人はいません。

私も丹下さん大好きです。渋谷の代々木公園を初めて見た時は本当にシビレました。 都庁にしろ、フジテレビ社屋にしろ、カテドラル教会にしろ、気付かない内に見た事ある建物がこんなに多い建築家はこの人をおいて他にいないのではないでしょうか?


本書では丹下健三の評伝と全作品を、藤森照信氏がまとめています。めちゃ大きくて、分厚いです。図面、写真が多く、資料もたくさんあるから。しかし、”昭和建築史”の傑作であることには替わりないですね。


丹下はどのようにして世界のタンゲになったのか!?


まあ、如何せん、値段が高い本だから、ちょっと手が届きません。。。あと、二万くらい安けりゃ、買ってもいいだけどなぁ。と、思っていたら、次のような文章を掲示板で発見しました。
以下、引用(http://blog.neoteny.com/eno/archives/001767.html

November 05, 2002


高ぇー!「たっけぇー!」と呼びます。

久しぶりにこの言葉を口にした。

先日、丹下健三さんのが発売されたと聞いたので 僕は興奮しながら、夜中に久しぶりに青山ブックセンターに向かった。

丹下健三さんは、1913年生まれですので、もうほぼ90歳! 僕の大好きな建築家です。

僕が建築に興味を持ったのは、彼がきっかけでした。 自分が街で見る好きなデザインが、ほとんど彼の手による ものだと知ったとき、「建築」という言葉の脳の中の位置が ちょっと動きました。 まだまだ、若かった頃ですが。

そうやって、建築にも丹下健三にも興味を持った僕ですが、 彼の本って全く出ていない。 たぶんだけど、作品展もないんだと思う。 そんな彼の本が出たのだから、嬉しかった。

青山ブックセンターの 六本木店には、しばらくぶりだったのだが、 夜中だと、ここ(広尾)からタクシーであっという間だ。

店内を進むとあった。

しかも、一階から中二階へと進む階段の先に。 ドドーンと。
これも丹下さんの建築か?と思うほどすばらしいプレゼンテーション。
まるで、アマヌサの建築コンセプト。
階段の上に素晴らしい空間の出現だ・・。
(そちらは、ケリーヒルだが)

で、買おうと手にした。



デカい、重い。








一応、値段を見ると、28500円!











高ぇー!!
(ここで、この発言をした)

いや、本の素晴らしさも価値も理解できる。
だけど、ここで、「はいこれ」って
28500円の本、買えるかー、オレ。
もちろん、仕事に関係する本だったら、たまにはあることだ。
だけど、オレは建築の仕事には縁がない。

いやー、微妙だなー、28500円。
40000円だったら、ちょっと諦めるし
15000円だったら、買うんだけど
28500円はなぁーー。

ということで、今月、ちょっと余裕もないので
また今度、ということになってしまった。
いや、心の準備があったら、買ったかもしれない。
時間的準備があっても、お金とっておいて、買えたと思う。
だけど、突然の28500円は、なかなかひく。
CDJが壊れたら、買うだろう。
それに比べたら、全然安いではないか。
だけど、何故か買えない28500円。
あんなに好きなのに、あんなに尊敬しているのに
どこかで買えない28500円。
それは、何故か?
高ぇーーー!からだ。

そして、帰って調べて知った
2500部限定だそうだ。
少ぇーー!
そして、だから高ぇーー!
チョコエッグか!?(ちと古い)


Posted by: mpm on November 6, 2002 09:26 AM

はじめまして、Mと申します。

実は私は建築学科の卒業なのですが、友人の家にありました。この28,500円の本。

私も高ぇーーと叫んでしまいました。
今はもう建築をやっていない私にとって、学生でありながら何の躊躇もせず買えてしまう友人は尊敬ものです。
でも私には永遠に「高ぇーー」代物であることでしょう。

Posted by: matsuda on November 9, 2002 12:42 AM
■■相互リンク■■
Yahoo! | 設計事務所情報提供サービス | 住まいのネットリンク集 | タウンネット・コム アーキサイト | 芸術系サーチエンジン | SHINKA.Net | ソニーDSC買いますた。 | 石材販売専門店 酒井石材 | 宅建合格しませんか? | 免震| 土地活用
Copyright (C) moroqyu Corporation. All Rights Reserved