◆宅建合格しませんか?

◆宅建業法


◆「商売やるなら修猶館、違反の書式は保留します。」
媒介契約書の種類の一覧です。
・ 所在地
・売買価額
・種類(一般or専任or専属)
・有効期間
・解除に関する事項
・契約違反の措置
・契約書の種類が大臣が定めた形式か?(ひな形)
・報酬
・指定流通機関への登録


福岡で有名な進学校「修猶館」高校。商売を学びたいなら、是非そこで。校則を違反したって、書式の違いで保留できます。


◆「食った手で損害賠償、歌手ロン龍」
売り主が「宅建業者」、飼い主が「素人」の場合の制限 。

・クーリングオフ
・他人所有の売買
・手付金等保全措置
・手付けの制限
・瑕疵担保責任の特約
・割賦販売契約(ローン)
・所有権留保

食物を食べた手で、店の商品を触ってしまって訴えられたのです。歌手ロン龍とは、CDを出してるロンドンブーツのこと。

◆「当時の表示代金で、陶器を引き渡す。 改題不正の損害賠償、危険なお菓子の消費税」
契約成立後に交付する書類の記載事項(37条の書面)

・当事者の住所指名
・取消
・物件の表示(住所)
・代金、賃貸金
・登記移転の申請時期
・物件の引渡時期
・解除
・代金以外に授受される金銭
・ローンの賃借不成立の場合
・損害賠償、違約金
・危険負担


当時、表示していた代金で高級な陶器を引き渡してしまったんです。しかし、陶器の題名を不正していたので、訴えられる。結局、正味期限切れのお菓子の消費税くらいしか儲かりませんでした。と言う意味。

戻る宅建掲示板(自由)ゴロ合せ募集建築書房