演 習 一



ずぶぬれの機銃分隊であった
ぼくの戦帽はは小さすぎてすぐおちそうになった
ぼくだけあごひもをしめておった
きりりと勇ましいであろうと考えた
いくつもいくつも膝まで水のある濠があった
ぼくはそれが気に入って
びちゃびちゃとびこんだ
まわり路までしてとびこみにいった
泥水や雑草を手でかきむしった
内蔵がとびちるほどの息づかいであった
白いりんどうの花が
狂気のようにゆれておった


ぼくは草の上を氷河のように匍匐しておった
白いりんどうの花が
狂気のようにゆれておった
白いりんどうの花に顔を押しつけて
息をひそめて
ぼくは
切に望郷しておった


「愚の旗」 成星出版 より