冬に死す
蛾が
静かに障子の桟からおちたよ
死んだんだね


なにもしなかったぼくは
こうして
なにもせずに
死んでゆくよ
ひとりで
生殖もしなかったの
寒くってね
なんにもしたくなかったの
死んでゆくよ
ひとりで


なんにもしなかったから
ひとは すぐにぼくのことを
忘れてしまうだろう
いいの ぼくは
死んでゆくよ
ひとりで


こごえた蛾みたいに

「愚の旗」 成星出版 より