行軍二



あの山を越えるとき

おれたちは機関車のように 蒸気ばんでおった

だまりこんで がつんがつんと あるいておった

急に風がきて 白い雪のかたまりを なげてよこした

水筒の水は 口の中をガラスのように刺した。

あの山を越えるとき

おれたちは焼ける樟樹であった

いま あの山は まっ黒で

そのうえに ぎりぎりと オリオン星がかがやいている

じっとこうして背嚢にもたれて

地べたの上でいきづいていたものだ

またもや風がきて雨をおれたちの顔にかけていった


「愚の旗」 成星出版 より