涙も出ずに



踏切のシグナルが 一月の雨にぬれて
ぼくは 上りの終列車を見て
柄もりの水が手につめたく
かなしいような気になって
泣きたいような気になって
わびしいような気になって
それでも 溜息も涙も出ず
ちょうど 風船玉がかなしんだみたい


自分が世界で一番不実な男のような気がし
自分が世界で一番いくじなしのような気がし
それに それがすこしも恥しいと思えず
とほうにくれて雨足を見たら
いくぶんセンチメンタルになって
涙でも出るだろう
そしたらすこしはたのしいだろうが
その涙すら出ず
こまりました
こまりました

「愚の旗」 成星出版 より