略年譜(『竹内浩三作品集』 参照)
1921(大正10)年 誕生5月12日 三重県宇治山田市吹上町184番地に生まれる。父、竹内善兵衛。母よし(芳子)。
竹内家は、竹内呉服店、丸竹洋服店などを手広く営む伊勢でも指折りの商家。
父善兵衛は先代善寿に見込まれて大北家より婿養子として竹内家に入るが、妻に早逝され、後添えとしてよしを大岩家より迎える。母よしの父大岩芳逸は、伊勢で医師を開業していたが、明治初年の荒廃した伊勢神宮の環境整備に私財をなげうって尽力し、その顕彰碑は、今も倉田山下の御幸道路沿いに立っている。母よしは大岩家の家事を支えながら長く小学校教諭をつとめていた。結婚して、四歳上の姉(松島こう)と浩三をもうける。短歌の才に秀で、佐々木信綱に師事。 
1928(昭和3)年(7歳)四月、宇治山田市立明倫小学校入学。小学校時代を通して、とくに算数の成績が優秀であったが、その他に目立つところはなかった。
1933(昭和8)年(12歳) 2月8日母よし死亡。辞世「己か身は願もあらし行末の遠き若人とはにまもらせ」師佐々木信綱の弔歌「志もゆきに美さをいろこきくれたけのちよをもまたてかれしかなしさ」
1934(昭和9)年(13歳)4月 三重県立宇治山田中学校入学。
1936(昭和11)年(15歳) 8月、同級の阪本楠彦、中井利亮等を誘って「まんがのよろずや」と題する手作りの回覧雑誌を作成。以来、「MANGA」「ぱんち」等と改題しつつ出しつづける。後に合本を自ら製作して残している。なお、この年、四日市市博覧会のポスターに応募して入選する。担任の数学者井上義夫も驚くほど幾何学の成績抜群。ただし、教練の成績悪く、回覧雑誌の筆禍もあって、父はしばしば学校へ呼び出される。
1937年(昭和12)年(16歳) 11月、「竹内浩三作品集」と題する文集をつくる。学校への提出物が中心であるが、中にマンガ、日記、ユーモア小説等あり。
1939(昭和14)年(18歳) 3月、宇治山田中学卒業 上京して浪人生活。第一外国語学校という予備校に通う。
1940(昭和15)年(19歳) 4月、父善兵衛が前年に死亡し、それまで父の反対でかなわなかった念願の日本大学専門部(現芸術学部)映画科へ入学。
1942(昭和17)年(21歳) 6月1日、在京中の宇治山田中学時代の友人、中井利亮、野村一雄、土屋陽一と『伊勢文学』を創刊、以後11月までに5号を出す。9月、前年10月公布の勅令第924号にもとづき、日大専門部を半年間繰上げて卒業。10月1日、三重県久居町の中部第38部隊に入営。
1943年(昭和18)年(22歳) 9月20日、茨城県西筑波飛行場に新たに編成された滑空部隊に転属。挺身第5聯隊(東部116部隊)歩兵大隊第2中隊第2小隊へ配属。
1944(昭和19)年(23歳) 1月1日「筑波日記T  冬から春へ」執筆開始
7月「筑波日記U  みどりの季節」中断
1945(昭和20)年(23歳)4月9日、昭和22年三重県庁の公報によれば「陸軍兵長竹内浩三、比島バギオ北方1052高地にて戦死」。
 竹内浩三関連 作品集 研究 出版年表
1947(昭和22)年8月10日、『伊勢文学第8号−竹内浩三特輯号』(中井利亮編)発行。「骨のうたふ」原型
1956(昭和31)年 1月20日、中井利亮編『愚の旗−竹内浩三作品集』(私家版、限定200部)出版
1966(昭和41)年 2月、松阪市戦没兵士の手紙集『ふるさとの風や』(三一書房)出版。冒頭に「骨のうたう」
1978(昭和53)年 8月、桑島玄二『純白の花負いて−詩人竹内浩三の”筑波日記”』(理論社)出版。
1980(昭和55)年 5月25日、伊勢市朝熊山上に『戦死ヤアハレ』の詩碑建立。
1982(昭和57)年 7月15日西川勉新大阪駅ホームにて心不全のため倒れ、死去。
            7月17日 小林察西川家にて『愚の旗』「骨のうたう」に出会う。
            8月5日、足立巻一『戦死ヤアワレ−無名兵士の記録』(新潮社)出版。
            8月10日、NHKラジオ夏期特集番組「戦死やあわれ」(構成・西川勉)放送。
1983(昭和58)年 7月15日、西川勉遺稿・追悼文集『戦死やあわれ』(新評論)出版。
1984(昭和59)年 7月25日、小林察編『竹内浩三全集』第1巻「骨のうたう」、第2巻「筑波日記」(新評論)出版。
1985(昭和60)年 8月10日、小林察『恋人の眼や ひょんと消ゆるや』(新評論)出版 
1988(昭和63)年 5月27日、朝、野村一雄外出先にて倒れ、その夜永眠。
1989(平成元)年 7月31日、小林察編『竹内浩三作品集』(新評論)出版。
1991(平成3)年 浜本昌宏著『青春・竹内浩三の詩とマンガ表現について』
1992(平成4)年 「戦争と平和」市民の記録 竹内浩三著『愚の旗』 (日本図書センター)出版
1994(平成6)年 7月28日、たかとう匡子著『竹内浩三をめぐる旅』(編集工房ノア)出版 
           連載中に桑島玄二さんが亡くなられた。  
1998(平成10)年 8月26日、竹内浩三著 松島新構成 木村隆夫編『愚の旗』(成星出版)

2001.(平成13)年7月7日 小林察氏 竹内浩三の遺稿新発見

2001(平成13)年11月30日 小林察編 「日本が見えない」(藤原書店)出版 

2002(平成14)年11月16日 小林察氏 竹内浩三の出征直前の遺稿を新発見

2003(平成15)年1月17日 小林察編「戦死やあわれ」岩波現代文庫(岩波書店)出版 新発見遺稿収録

2003(平成15)年1月30日 「環」特報「新発見の遺稿全文画像掲載(藤原書店)出版

2004(平成16)年7月25日 稲泉連著 「ぼくもいくさに征くのだけれど」(中央公論新社)出版

2005(平成17)年6月16日 稲泉連 「ぼくもいくさに征くのだけれど」大宅壮一ノンフィクション賞を受賞

2005(平成17)年7月30日 吉田みどり編「まんがのよろづや」(藤原書店)出版