鈍走記

生まれてきたから、死ぬまで生きてやるのだ。
ただそれだけだ。
       *
日本語は正確に発音しよう。白ければシロイと。
       *
ピリオド、カンマ、クエッションマーク。
でも、妥協はいやだ。
       *
小さな銅像が、蝶々とあそんでいる。彼は、この漁業町の先覚者であった。
       *
四角形、六角形。
そのていたらくをみよ。
       *
バクダンを持って歩いていた。
生活を分数にしていた。
       *
恥をかいて、その上塗りまでしたら、輝きだした。
       *
おれは、機関車の不器用なバク進ぶりが好きだ。
       *
もし、軍人がゴウマンでなかったら、自殺する。
       *
目から鼻へ、知恵がぬけていた。
       *
みんながみんな勝つことをのぞんだので、負けることが余りに余った。それをことごとく拾い集めた奴がいて、ツウ・テン・ジャックの計算のように、プラス・マイナスが逆になった。
       *
××は、×の豪華版である。     注:戦争は悪の豪華版である。
       *
××しなくても、××はできる。    注:戦争しなくても建設はできる。
       *
哲学は、論理の無用であることの証明に役立つ。
       *
女はバカな奴で、自分と同じ程度の男しか理解できない。しようとしない。
       *
今は、詩人の出るマクではない。ただし、マスク・ドラマなら、その限りにあらず。
       *
「私の純情をもてあそばれたのです」女が言うと、もっともらしく聞こえるが、男が言うと、フヌケダマにみえる。
       *
注釈をしながら生きていたら、注釈すること自身が生活になった。小説家。
       *
批評家に。批評するヒマがあるなら創作してくれ。
       *
子供は、注釈なしで憎い者を憎み、したいことをする。だから、好きだ。
       *
おれはずるい男なので、だれからもずるい男と言われぬよう極力気をくばった。
       *
おれは、人間という宿命みたいなものをかついで鈍走する。すでに、スタアトはきられた。
       *
どちらかが計算をしはじめたら、恋愛はおしまいである。計算ぬきで人を愛することのできない奴は、生きる資格がない。
       *
いみじくもこの世に生まれたれば、われいみじくも生きん。生あるかぎり、ひたぶるに鈍走せん。にぶはしりせん。

「日本が見えない」藤原書店発行 小林察編より