空をかける



蛍光を発して
夜の都の空をかける
風に指がちぎれ 鼻がとびさる


虹のように 蛍光が
夜の都の空に散る
風に首がもげ 脚がちぎれる


風にからだが溶けてしまう


蛾が一匹
死んでしまった


「日本が見えない」藤原書店発行 小林察編より