中国語学習に寄せて

回首頁
看上一頁
第8頁
中国は今や日本にとり貿易高第一位の国
中国語は英語の次に必要な言語です!!
我是大熊猫!
世界はすっかりグローバル化、どこの国とも切っても切れない関係にありますが、世界の工場ともいわれ、巨大マーケットともいわれる中国は、
日本にとってたいへん重要な隣国
多くの中国製品が日本で販売されているだけでなく、日本の製品も中国市場を狙っています。
各業界の多くの日本企業が中国に進出し、取引も年々増加、
今は物づくりだけではなく環境事業や省エネ関連、漫画アニメ等の文化産業に至るまで分野は多岐にたり、中国とのかかわりはたいへん深いものになっています。
統計上においても今では日本にとって、中国が貿易高1位となりました。
今後皆さんがお仕事の延長で、中国とかかわりを持つ可能性は
たいへん高いといえるでしょう。
中国相手の事業に中国語は欠かせません。
そこで問題になってくるのが―語学はすぐに身に付かない―ということ。
突然会社から中国長期出張命令を受け、出発2ヶ月前に中国語学習を開始、
短期集中で学んでも、たった2ヶ月でどれほど話せるでしょう。
(こういう方はたまにいらっしゃいますので、当学院も一生懸命集中して教えていまが・・)
やはり早めに学習を開始し、基礎から地道に努力するより他はありません。
教室では先生について正しい発音や表現を有効に学び、自宅では繰り返ししっかり復習
学んだ端から教室や外で会話を実践
、これが一番の早道なのです。
学生さんは卒業までにある程度習得しておくと、職業選択の幅も広がるのではないでしょうか。
中国留学の道や、通訳への道、中国で就職する道も。
語学学習においても、また中国相手に仕事をするときも
必要になるのが相手への理解です。
中国の歴史、文化、生活習慣、食事、風俗、考え方、政治や社会体制や
地域事情などなど、とにかく良いところもそうでないところも興味を持って情報を
入手し、日本との違いをはっきりさせることです。
中国映画やドラマを鑑賞するのもたいへん参考になりますよ。
中国独自の中国医学、文学、芸能、絵画、拳法、民俗学などを学ぶ日本人も
今では少なくはありません。趣味で中国旅行を楽しんだり中国語を学ぶ人も多いですね。
(当学院では胡弓を受講する方も多いですよ。)
ですが今まで中国の文化に触れる機会がなく、仕事でしか関係のない人も、
自分の業界知識だけでなく、中国全体について知ることをお勧めします。
これらはすべて中国人の思考回路を理解する手がかりになっていくはずです。
中国進出事業や中国との取引は決して容易ではありませんから、
仕事でトラブルも発生するでしょう。そんな時、背景を知らない人より知っている人の方が
また中国の文化を楽しめる余裕のある人の方が冷静に対応できることは間違いありませんから。
日中文化芸術学院が設立されて13年、今年はすでに14年目になります。
これからも中国語教育を通して中国語が話せる人口をどんどん増やしていきたいです。
中国語が話せる人が増えると、中国との交流も増加します。
このような民間のささやかな交流の集まりが、両国の未来にとって
とても重要なものになるに違いないのです。

大家努力学習漢語! 
語学はすぐに身につかない、ビジネス単語だけで会話は成り立たない。
語学もその国の文化のうち。背景を知れば語学学習も楽しく進歩。
当学院は皆さんの中国への入り口として、ささやかな日中交流に貢献したい・・・