更新日:2014年8月31日(日) 16時34分46秒




KOBAYASHI Masatsugu 著作目録(著作リスト)




★二つの仮説
―血漿アミノ酸は主にアポ蛋白Eに由来する
―アミノ酸の主な輸送担体はアポ蛋白Bである

医学書院「臨床検査」2012年3月号Vol.56 No.3

・血漿アミノ酸が主にアポ蛋白E(ApoE)に由来するとすれば,ApoEはApoE3が正常型であり,ApoE4がアルツハイマー病の危険因子と見なされていることから,正常(ApoE3型の)血漿輸血(あるいは同血漿製剤)が(ApoE4型の)アルツハイマー病に有効である可能性が推測される.

★Two hypotheses
―Plasma amino acids may originate mainly in amino acid residues of apolipoprotein E
―The main transportation carrier of amino acids in the human body may be apolipoprotein B

・I guess that plasma amino acids may originate mainly in apolipoprotein E (ApoE).
If this presumption is right,
I think that a normal (ApoE3 type) plasma transfusion (or plasma derivatives) may be effective in Alzheimer's disease,
because it is considered that ApoE3 is the normal type
and that ApoE4 is a risk factor of Alzheimer's disease.




★血清アミノトランスフェラーゼ(AST,ALT)と中性脂肪水解酵素との関連性について
―血清アミノトランスフェラーゼ(AST,ALT)の増加は,主にヒトの生存に必須の中性脂肪水解酵素などの酵素蛋白の産生に伴うものであることが考えられる.

医学書院「臨床検査」2012年5月号Vol.56 No.5

★About the relevance of serum aminotransferases (AST, ALT) and triglyceride lipases
―Elevation of serum aspartate aminotransferase levels and alanine aminotransferase levels may occur mainly along with synthesis of triglyceride lipases (such as HTGL, LPL, ATGL and HSL) which are essential to human life.




血漿アミノ酸のアポ蛋白E由来の可能性    ALT優位のアミノトランスフェラーゼの肝外組織由来の可能性
トリグリセライドと総コレステロールの各年齢別平均値の相関性    LDLコレステロールの計算式のトリグリセライド項の係数の検討
健康診断受診者群におけるALT(GPT)およびAST(GOT)の男女差   
  
  








 (参考)*アポリポ蛋白E4型とアルツハイマー病の相関:疫学調査




 著作目録【余録】


*この home page(KOBAYASHI Masatsugu 著作目録) は

  Open Directory Project (ODP,dmoz) 「資料」 に登録されています.



*英文ブログ(参照)

  kobay.over-blog.com



プルダウンメニュー式の西暦・元号(明治6年以降の年号)対応表

 (次の枠をクリックしてください)

 


和暦・西暦変換ソフト換暦(かんれき)



西暦和暦年齢一覧表



*あなたのホームページの年次推移がわかるかも!
 次のウェイバックマシンにあなたのホームページのURLを入れてください.

 The() Wayback(ウェイバック) Machine(マシン)



(文献検索)

Entrez(アントレ)  PubMed(パブメド)  CiNii(サイニイ)  J-GLOBAL  Medical*Online  m3.com  ATGC論文Checker



(検索エンジンなど)



bing


goo/Powered by Google goo 辞書


JOY


ceek.jp


FindSearch


総合検索エンジンきららサーチ


K'sBookshelf





母乳―母乳は母親の血でつくられる

 母乳はリポ蛋白などの血中成分からつくられる.
 哺乳類の母親は乳房で自らの血液(血漿)から乳汁を作り子供に与える.
 母親は子供を自分の血で育てるのである.

 Breast milk (Mother's milk) is built with ingredients in blood, such as lipoprotein.
 A mammalian mother makes milk from her blood (plasma).
 A mother brings up a child by her own blood.


 母乳の総アミノ酸組成ではプロリンの比率が比較的大きい.
 乳房での母乳の生成において,プロリンが不斉有機触媒として
 「アミノ酸(グルタミン酸など)からの乳糖の生成」に関わっている可能性が考えられる.
 また,このことによって授乳による低血糖が回避されていることが考えられる.

 注)採血後,試験管内でグルタミン酸が増加することが知られているが
 (採血後グルタミン酸濃度は変化する:https://www.nmij.jp/public/event/2013/forum2013/9.pdf),
 これは前述とは言わば逆反応の,
 プロリンの存在のもとでのブドウ糖からのグルタミン酸の生成の可能性が推測される.

 (小林正嗣,滋賀県大津市)
 In the total amino acid composition of mother's milk (breast milk),
 the ratio of proline is comparatively large.
 I think that, in the generation of milk sugar (lactose) in a breast,
 proline may be concerned with generation of milk sugar (lactose) from amino acid
 as an asymmetric organocatalyst.
 I think that the low blood glucose by breast-feeding is avoided by this.

 notes) After blood collecting, it is known that glutamic acid will increase in vitro.
 I guess that this may be generation of glutamic acid from sugar
 under the existence of proline.

 (KOBAYASHI Masatsugu, Otsu, Japan)




(参考)


母乳 (人乳の泌乳期によるアミノ酸組成の相違) from 「脂質と血栓の医学」

‐Wikipedia


有機化学美術館
 ・究極の不斉触媒 プロリン
 ・English Version
*有機化学美術館・分館(HP有機化学美術館のブログ版)
* 「有機化学美術館」管理人・佐藤健太郎先生について
  佐藤 健太郎 - Wikipedia




Copyright(C) 2002-2014 KOBAYASHI Masatsugu (Otsu,Japan) All rights reserved.