オリジナルギターが出来るまでpart2

ボディ木工&木地仕上げ

アーチの形状は、レスポールより深くグラマラスに ホーンの稜線はなだらかに整形。ピックガードレス仕様の為ピッキングリスクを考慮した形状。アーチの頂点はトレモロスタッド部に成るようにしてある。これはアームアップの稼働幅を稼ぐ効果も持つ。ウエストの形状は座った時にギターが自然なポジションに成る様に左右非対称のオフセットウエスト。ボディフィットコンターを施している。6弦側ホーンは意図的にネックとの接合部分とその体積を大きく設計されている。コントロールキャビティはタイトに設計。ジャックはボディサイドに設定。ネックはフロントピックアップキャビティ下一杯まで差し込まれるディープジョイント。