の個人情報の取扱いについて

個人情報保護法に関する規定
<個人情報に関する基本方針>
 1.個人情報保護・管理体制の確立
   株式会社アールイーの設置運営するすべての事業所(以下「当事業所」という)は、
   取扱い規則を規定し、法人役員、すべての職員およびその他の関係者が遵守するこ
   とにより、個人情報を適切に保護・管理します。
 2.個人情報の取得、利用および提供
   当事業所は、個人情報の取得、利用、提供については、それぞれの目的を明確に
   定め、適法かつ公正な手段により保護管理します。
 3.個人情報の安全性の確保
   当事業所は、個人情報の安全性・正確性を保ち、個人情報への不正アクセス、紛
   失、破壊。改ざん、漏えい等を防ぐための規定および安全管理措置を整備し遵守
   します。
 4.個人情報保護・管理に関する研修
   当事業所は、個人情報保護・管理をの重要性について、個人情報に関する管理・監
   督者を設置し、法人役員、すべての職員および関係者の教育・研修を徹底します。
 5.個人情報の外部委託
   当事業所は、個人情報の取扱いを外部に委託する場合には、委託業者について適
   正な審査を実施のうえ、契約を締結すると共に、個人情報の取扱いに関して監督・
   指導を行います。
 6.法令・規範の遵守
   当事業所は、個人情報に関する法令、そのほかの規範を遵守します。
 7.基本方針の継続的改善
   当事業所は、個人情報に関する基本方針を継続的に見直し、改善します。

<個人情報の取扱いについて>
 当事業所は、個人情報に関する基本方針に則り以下の通り個人情報を適正に保護・管理
 します。
 (個人情報の利用目的)
 原則として、個人情報は利用者様ご本人に対するサービス提供の目的以外では使用しま
 せん。
 1.利用者の医療上、緊急の必要性がある場合に医療機関等に利用者に関する心身の状
  況等の情報を提供すること。並びにそれに付随して家族の情報を提供すること。
 2.介護支援専門員の主催するサービス担当者会議、又はサービスの質の向上を目的と
  した評価機関による審査のために、利用者及びその家族の個人情報を用いること。
 注)次の項目に関しましては、上記の利用目的の制限の例外とさせていただきます。
 T.法令に基づく場合
 U.生命、身体および財産の保護のために必要がある場合で、本人に同意を得ることが
   困難な場合
 V.公衆衛生向上のために必要がある場合で、本人の同意が得ることが困難な場合

<個人情報の開示について>
 個人情報開示の目的は、利用者様に納得のいく福祉サービスを受けていただくためのも
 のです。当事業所は、次の手続きにより情報を開示いたします。
 1.個人情報の開示を希望する場合「個人情報開示等請求書」を管理者宛に提出
  していただきます。(代理人の場合は、委任状が必要となります。)
 2.原則として、1ヶ月以内に開示の範囲を決定し、ご本人様または代理人様に開示い
  たします。
 3.開示を求められた個人情報の全部または一部を開示しない旨を決定した場合は「個
  人情報等開示通知書」にその理由を記入し、ご本人様または代理人様に交付し、そ
  の理由を説明いたします。
 4.開示は、原則として、開示を決定した範囲の個人情報を記載した情報媒体の写しを
  提供する方法で実施させていただきます。
 5.開示の結果、誤った情報があり、訂正を求められた場合は、管理者は原則として1
  ヶ月以内に必要な調査を行い、その求めが適正と認められる場合は、訂正等を行い
  ご本人様又は代理人様に対してその理由を説明させていただきます。
 6.次のいずれかに該当する場合は、開示することはできません。その場合は、管理者
  より、ご本人様又は代理人様に対してその理由を説明させていただきます。
 T.訂正または削除等に多額の費用を要する等、当該措置を行うことが困難な場合であ
   って、本人の権利利益を保護するため、これに代わる必要な措置をとる場合。
 U.訂正等の求めがあった場合でも、
   ○利用目的から見て訂正等が必要でない場合
   ○誤りである指摘が正しくない場合
   ○訂正等が事実でなく、評価に関する情報である場合
 V.訂正の求めがあっても、手続き違反等の指摘が正しくない場合

<苦情処理>
 個人情報の取扱いに関します、苦情・お問い合わせに関しましては、適正、且つ迅速な
 対応に努めます。

トップページ