つぶやき


『風水に関してどのような考えをお持ちですか?』
と、風水に凝っているお客様から聞かれお答えした文章です。


風 水・家 相
先人の自然化学と人間工学・統計学を元にした知恵の集大成。

風水・家相との向き合い感を一筆。
  人が幸せに暮せる家、住まいを造る為の知恵・現代の住宅は、
昔と違う部分が沢山ありますが、今は食べる場所・寝る場所を
分けて考える寝食分離が一般的ですが、昔はその様な考えは
ありませんでした。戦後位からの西洋的発想でしょうか・・・。
断熱、耐震やシックハウス、ユニバ−サルデザイン等の問題、
ランニングコスト、各種エネルギ−利用の長所・短所の検証、
選択を行ない、時代の流れの中でライフスタイル、趣向の変化を
考慮しつつ気象学・人間工学・地域特性そして工学の進歩で明確
に裏づけられる技術との融合をもって、先人の英知と進歩した
設備等で補い、本当に気持ちの良い安全で良質な家造りを実現
させる為のツ−ルとしての風水・家相の側面があると考えます。
 少し掘り下げて考えると(昔の家とは)どんな家かと言うと、
仕事場と住まいが一つ屋根の下という事が多く、風通し・日当
たり・使い勝手も「暮らし」より仕事場・作業場としての「商い」
が優先された間取りとされている事が多い。


【 鬼 門 】気と水と風の流れの良い悪し
一例として、鬼門と言われる場所に水廻りを持ってこないの
も、発祥平安時代の京都・奈良では、夏に北東方向から湿度の
高い強い季節風が吹くので、嫌な臭い・湿気を建物内部に入れ
ない工夫がされているものも、ひとつと思われます。
 トイレには下水も無く、肥溜め状態であったし、お風呂や
台所は水の汲み置きですから、冬は凍り、夏は腐る。
冷蔵庫も暖房もありません。又、家の中各所で直接火を焚いて
暖を取り煮炊きをし、良く燃えそうな木と紙で防火施設など
無く、一軒燃えるとその町が無くなるぐらい、燃え広がるような
環境なので、細心の注意をもって、風向き・井戸位置・距離・通り
などを工夫をし、安全性はもとより、衛生的に問題山積でしたが、
風水・家相を巧みに活用して克服してきました。
 
有難い四季の恵みと恐れを知り尽くし、最大限に有効利用して
きたのでしょう。なんと言っても、お天道様と風、そして雨・雪、
徹底して上手に利用、防御しながら暮らしをたててきました。


【 欠け凶 】時に不合理な形?
 神社・仏閣・武家屋敷とは違い、一般の人々の家を手がける
当時の大工さんの技術は均一的に高く無いと思われ、予算等も
限られる中で構造躯体も簡素な造りで弱かったと思います。
また、L字形・コの字形・すみ欠けなど複雑な構造は時に
美しく、楽しいデザインではありますが、ともすれば躯体が弱く
なる場合があります。現在は、耐震基準・雨仕舞の技術が確立
されているとは言え、それに対する備えが合理的に表わされているのが
『欠凶』と言う表現でしょうか。
 寒さ・暑さ・地震・家事・泥棒、そして弱者・お年寄りに対する
配慮 、全ての「人生の備え」「家守り」の想いがそこにあります。
全国の地方都市の町並みと商家等の栄枯盛衰の歴史を見ると、
風水・家相に通じる方位関係に影響されたと思われる驚きの実例
が多数見受けられます。その一例として当地花巻でも、旧家・豪商?
と言われ昔から何代も続く商家は、店は北向き、家族の住まいは
南面の日向にあり、「商品傷まず、人に病なし」商売繁盛・家族
息災・子宝授かり永代栄え・・・と、そんな事例が各所に
見受けられます。

車や家を買う時、神頼みや占いでは買いません。
災難を未然に防ぐ為に、神頼み・占いでは無く、裏づけに
乗っ取った正しい「風水・家相」感と、高い建築技術と共に
真剣に取り組まなければなりません。
   (Dr.コパさんの風水は、方法論は語るが・・・・
        対処法が、いまいち出てこないですよね!!)

                    RE・ホ−ム
                        筑 後 久 典

いつも弊社が大変お世話になっている社会福祉施設の理事長さんから
平成22年6月6日開催されました『花まつり 能楽らいぶ』 〜慶昌寺にて〜の
感想を頂きしましたのでみなさんにご紹介致します。
  


◎今、子供が・・・

少子化、高齢化、そんな甘い話ではない。
おそろしく子供が少ない。

昭和20年8月15日、あの忌まわしい大戦が終結し、その後日本の
爆発的エネルギ−による復興の軌跡・・・
良かったのか、悪かったのか、世界に冠たる経済大国・・・

造る、守る、壊す歴史の循環
それぞれに要した莫大な資本とエネルギ−、その源は何だったのでしょう。

戦時下、兵力確保必定の「産めよ、増やせよ」の大号令。
そして、あの終戦玉音放送。
戦後と言われる苦難と希望とが混在した時代・・・
貧しかったけれど、「5男5女の次男坊で〜す!!」そんな友達が学級に
大勢いた・・・。
家の中にも、外に出ても、いっぱい子供がうじゃうじゃいた・・・。

学校は、一学年10クラスなんていうのも、珍しいことではなかった。
皆、ご飯を食う、食う、食う・・・
エンゲル係数というものも、そんな時代に教わった。
貧しかったけれど、子供達は遠慮なく食う、食う、食う・・・
子供は食う、食う。
父母は必死で動く、動く、動く・・・子供達を笑顔にする為に。

大人になったあの子供達は、チト辛い競争社会で豊かさを求めて、
みんな動く、動く、めげずに動く、父さん母さんがそうだった様に、
子供、家族、自分の為に懸命に動く・・・。

しかし、今の現実・現状・・・
この国には子供が少なすぎる。
あの頃の社会エネルギ−が感じられない。

皆が明るく、豊かに、安心して、希望をもって生きられる社会資本は、
多勢の元気な子供達を、キラキラ笑顔にすることによって
生み出されるものかもしれない。
国家の仕組み、社会バランスのエネルギ−の「源」になる様な
気がするのですが・・・。

キラキラ笑顔の子供達がいっぱいいる社会を想像してみませんか!!
                             代表 筑後 久典

住まいはねぐらにあらず         

この場所から 学校 病院 役所 お買い物 ・・・
この場所へ チト疲れて 公園 塾 お仕事帰り ・・・

わたしが、私に帰る家
家族全員が安心 安全 快適に、ゆだんして、休める 楽しめる
気合いを入れなくても家族それぞれの時間 事情 都合に
よりそってくれる良質な空間・・・
やさしい気持ちにさせてくれる暖かな家、
おおきな窓から庭の緑がまぶしい・・・わたしの家

お隣さん ご近所さん 地域 プライバシーと穏やかな関りを保ちながら
お世話し、お世話いただき、互いに暖かな余裕ある心づかい、たすけあい
くらしのすべてがここで、そして ここから・・・ お気に入りのわたしの家

匠の技と最新 最先端技術で時をつなぐ
デザイン、設計の工夫で空間の広がり
やすらぎと安心の暖かな木の家
    リーズナブルに提案いたします

                                 代表 筑後 久典

20年の時が過ぎあらためて『助け合いの心』
〜あらためてご挨拶〜


私の生業(仕事)は良質な住まい造りであり、箱作りではありません。
お施主様から御用立て頂いた建築費用を有効かつ丁寧に使い、
お施主様の思意を、夢を具現化する。家造りが大好きで、
多少の苦労はあっても最後には必ず『ありがとう』と言われる。
本当にありがたい良い仕事です。
私のお金ではなく、お施主様のお金で仕入れ・支払いを行ない、
私の好きな事・得意な事をさせて頂きそして喜ばれ、ずっと親しく
お付き合いをさせて頂ける・・・なんとありがたい事でしょう。

地鎮祭・上棟式・お引渡し・新築お披露目等、数々の
お施主様ご家族のお喜びの場面に同席させて頂き、
早や20年が過ぎた今あらためて思う事は・・・

ご縁を頂いたお施主様を始め、協力業者の方々、社員に、
深く感謝すると共に、本当に良質な住宅造りを続けていく為にも、
『助け合いの心』で正しくお施主様に情報・技術・サービスを
提案しなければならないと強く感じております。

『助け合い』それは・・・
真に相手の事情・都合・現実を理解し、最良の結果を導くこと。
毎日のように目にする洪水のごとくのCM、似非(えせ)情報、
誇大広告、いい加減な箱造り、曖昧な資金計画、業界の
ブラックボックスに翻弄され不安・不信で疲れきったお施主様。
このような現状を目の当たりにするにつけ、広く、深く、
正しい情報をお施主様に提供していく力を身につける事、
そしてそれをしっかり伝える事が急務と感じています。

劣悪な住まいで、長く長くローンを支払わされる・・・。
それはまさに、損とか得とかではなく『不幸な人生』と
言い切っても良いでしょう
地域の全ての住まいが、本当に満足できるものだとしたら・・・
家族の安全、安心、幸せが現実できるとしたら・・・
多くの人と出会い話し合い『助け合いの心』で実現してゆく事が
できたなら・・・

   『建築好き』なスタッフが集まる
             設立20周年の会社代表    筑後 久典

花巻東高等学校野球部 大変お疲れ様でした
           そして感動をありがとうございました


H21.8.19付 読売新聞より


新築現場見学会開催

2009.8.8(土) 午前9時〜午後9時 場所:花巻市下幅地内

1日かぎりのとっておきの内覧会です。
ぜひご家族皆様でおこし下さいませ。
スタッフ一同お待ちしております。

子どもたちの“こころ”を作る物語
1990年から顕著になってきた児童虐待は年々拡大し、かろうじて救われ、施設に保護されている子どもの数は
3万5千人に及びます。これは幸運にも保護された数です。表に表れない数は30万人とも推定されています。
未来の担い手である子どもたちの受難の先に見えるのは、ほころび始めた私たちの社会です。
今、児童虐待で3日に1人、子どもたちが殺されています。岩手県盛岡市にある児童養護施設「みちのくみどり学園」は、
そんな子どもたちを保護し、育てている場所です。
この映画は、施設の生活と取り組みを通して、職員たちの暖かなまなざしを受けながら傷ついたこころを再生していく
子どもたちの記録です。

「いのちの作法」のスタッフが贈る“受難と再生”のドキュメンタリー
“児童虐待”という未来殺しとも呼べる大きな問題に「いのちの作法」で岩手県西和賀町の生命行政を描いた
小池征人監督が視線を向けた本作。
これに呼応して、撮影に一之瀬正史、音楽に森拓治・長谷川光、録音に若林大介、そしてナレーターに伊藤惣一など、
「いのちの作法」のスタッフが再集結しました。
さらに編集には「アレクセイと泉」や「バオバブの記録」の村本勝が参加。子どもたちの“受難と再生”に向き合い、
4ヶ月間の合宿撮影で記録された80時間の映像から紡ぎだされる物語は、私たちの“現在地”とその未来を
指し示してくれます。

児童虐待とは?
日本では「児童虐待の防止等に関する法律」(平成12年法律第82号)において、「保護者(親権を行う者、未成年
後見人その他の者で、児童を現に監護するものをいう)がその監護する児童(18歳に満たない者)に対し、
次に掲げる行為をすること」と定義されています。
その行為とは、「身体的虐待」・「性的虐待」・「ネグレクト(育児放棄、監護放棄)」・「心理的虐待」などがあります。
虐待を受けた子どもたちは心に大きな傷を抱えています。
これらは一般的な病気とは異なり、子どもたちの状態によって対処が変わってくるために常に新しいケアの方法が
求められています。

生命の伊吹_葦牙(あしかび)
「葦牙(あしかび)」とは葦の若芽のことです。
春になり、水辺の葦が芽吹き、水面にそのとがった新芽が点々と顔を出します。
その言葉の始まりは古く、古事記にも「葦牙の如く萌え騰れる(あしかびのごとくに もえあがれる)」と神々の誕生が
記されています。
「葦牙(あしかび)」は生命力の象徴なのです。

子どもたちは毎年、息づく葦のごとく、力強く生きています。

記録映画「葦牙−あしかび− こどもが拓く未来」完成披露上映会
北上市文化交流センター 「さくらホール」小ホール
200988日(土)9日(日)※各部、監督ほか映画制作スタッフによる舞台挨拶があります。
8月8日(土) 昼の部 14:00開場 14:30開演 (16:30終了予定)
夜の部 18:00開場 18:30開演 (20:30終了予定)
8月9日(日) 朝の部 9:00開場 9:15開演 (11:15終了予定)
【料金】 大人 前売り1000円/当日1200円   小中学生500円
【主催】 記録映画「葦牙」製作委員会  【共催】 記録映画「葦牙」北上上映実行委員会 【後援】 北上市、北上市教育委員会
【お問合せ】 有限会社ロングラン・映像メディア事業部(0197-67-0714)
【プレイガイド】 江釣子ショッピングセンターパル、さくらの百貨店、おでんせプラザぐろーぶ、さくらホール、とどり接骨院

北上で優勝後、初の凱旋公演
世界的な難しいコンテストの一つであるバン・クライバーン国際ピアノコンクールで辻井伸行氏が
日本人初の優勝の嬉しい報がもたらせられた。6月13日さくらホールで行われたコンサートの
出演者であり、凱旋帰国後、国内初の公演が北上で行われた。付帯事業のイベントとりわけ
クラシック音楽等で若い芸術家の発表の場を早期に提供して、その成長が楽しめる醍醐味の
一つ、楽しみ方をさくらホールは世に知らしめることになりました。芸術文化は良心の発露です。
芸術文化の世界では、国籍・男女・幼少・健常・障害の有無は関係のない世界なのです。
優れた卓越した表現者だけで充実であり、たまたまその表現者が障害者だったり、若かったり、
女性であったりするだけの話ですが、残念ながら何故か頭に「盲目」の天才ピアニストという表現
になる社会は我慢がならない。優勝時に耳にした心ない記者の質問「もし一日だけ目が見えると
したら何が見たいか?」と問う。答えに何か想定した、被質問者にとって可能性とか個人の努力で
かなわない域外の想定である。彼が世界一だけの資質であった。安堵した。記者より格段の差が
ある人間性を最期に示した。「心の眼で見ているので、今のままで充分です。」と救われた感じでした。
インタビュー等を生業とする者、謙虚さと心遣いを心にしたいもの。すくなくとも今をときめくm司会者
のような「シャーナリオストの鏡で素晴らしい質問だった」と絶賛する勘違いが跋扈しない地域と人間に
密着したCATV業界にしたいものです。
さすが、氏の所属事務所エイベックス・エンタテインメント株式会社
(本社:東京都港区、代表取締役社長:松浦勝人)は「盲目」の冠を付しておりません。
写真 (C)Van Cliburn Foundation







         完全個人レッスンで、基礎からしっかり。
         バイオリン教室、生徒募集。                 
                                           あきこバイオリンレッスンルーム

         憧れのバイオリンを始めてみませんか?
         北上市の「あきこバイオリンレッスンルーム」は、完全個人レッスンで、一人ひとりの
         レベルに合わせた指導が魅力。
         講師の畠山亜希子さんは、東京の上野学園大学音楽学部器楽学科ヴァイオリン専門を卒業。
         現在、北上フィルハーモニー管弦楽団に所属し、コンサートミストレスを務める。
         幼稚園児のお子さんを持つお母さんでもあるので、
         子どもの指導も安心。
         対象年齢は4歳ぐらいから大人までで、月3〜4回で6000円から。
         アットホームな雰囲気の中、楽しくレッスンを始めてみませんか?
         見学もできるので、気軽にお電話を。
         
         お問い合わせ あきこバイオリンレッスンルーム
                   北上市里分7地割65-1 080-600-8102











宮澤賢治の雨にも負けずにはモデルがいた!!
雨にも負けず

雨にも負けず 風にも負けず

雪にも夏の暑さにも負けぬ
丈夫な体を持ち

欲はなく決して瞋(いか)らず
いつも静かに笑っている

一日に玄米四合と味噌と少しの野菜を食べ

あらゆることを自分を勘定に入れずに
よく見聞きし分かり そして忘れず

野原の松の林の蔭の
小さな萱葺きの小屋にいて

東に病気の子供あれば
行って看病してやり

西に疲れた母あれば
行ってその稲の束を負い

南に死にそうな人あれば
行って怖がらなくてもいいと言い

北に喧嘩や訴訟があれば
つまらないからやめろと言い

日照りのときは涙を流し
寒さの夏はおろおろ歩き

皆にデクノボーと呼ばれ
ほめられもせず 苦にもされず


そういうものに 私はなりたい




参考:以下の文章に出てくる斉藤宗次郎とは、宮沢賢治作の『雨にも負けず』の実際のモデルとなった人です。

 斉藤宗次郎は、岩手県の花巻に1887年に禅宗の寺の三男として生れました。彼は、小学校の教師になりますが、
内村鑑三の影響を受けて聖書を読むようになり、洗礼を受けてクリスチャンになりました。
しかし、それからが大きな戦いのはじまりでした。

 当時は、キリスト教は、「ヤソ教」「国賊」と呼ばれていました。彼は洗礼を受けた時から迫害を受けるようになり、
石を投げられ、親には勘当さえ、小学校の教師を辞めさせられてしまいました。それだけではありません。
迫害の手は、家族にも及んできました。近所で火事が起きたとき、全然、関係がないのに、嫌がらせで、放水され、
家を壊されたことがありました。何度もガラスを割られることもありました。そして、さらにひどい迫害が起こりました。
9歳になる長女愛子ちゃんが「ヤソの子供」と言われてお腹を蹴られ、腹膜炎を起こして亡くなってしまったのです。
亡くなる時、愛子ちゃんは讃美歌を歌って欲しいと言い、讃美歌を歌うと「神は愛なり」と書いて天に召されたそうです。

 宗次郎はそのような苦しみの中で、神に祈りました。そして、彼は「御心がなりますように」とくじけることなく神様を
信じ、神様に従い続けたのです。普通なら、迫害のない違う土地へ移るところですが、宗次郎は、むしろ、その土地の
人々に神様の愛を持って仕えることを選びました。牛乳配達と新聞配達のため一日40キロの配達の道のりを
走りながら迫害する人々にキリストを宣べ伝えました。10メートル走っては神に祈り、10メートル歩いては神様に感謝を
ささげた話はあまりにも有名です。

 そして、子供に会うとアメ玉をやり、仕事の合間にも病気の人のお見舞いをし、励まし、祈り続けました。
彼は雨の日も、風の日も、雪の日も休むことなく町の人達のために祈り、働き続けました。彼は「でくのぼう」と言われ
ながらも最後まで愛を貫き通したのです。そして、1926年に彼は内村鑑三に招かれて、花巻を去って東京に引っ越す
ことになりました。

 花巻の地を離れる日、誰も見送りには来てくれないだろうと思って駅に行くと、そこには、町長をはじめ、町の有力者、
学校の教師、生徒、神主、僧侶、一般人や物乞いにいたるまで、身動きがとれないほど集まり、駅長は停車時間を
延長し、汽車がプラットホームを離れるまで徐行させるという配慮をしたというのです。実はその群衆の中に若き日の
宮沢賢治もいたのです。

 それは、彼が「御心がなりますように」と祈り、神様の御心に従った強い信仰と、どこまでも人々を愛し続けた愛の業が
そうさせたのだと思います。この人こそ、東に病気の子供があれば行って看病してやり、西に疲れた母あれば、行って
その稲束を負いという宮沢賢治の詩にあるようなことを普通にやっていた人でした。そういう宗次郎の生活ぶりを
見ていた、宮沢賢治が「こういう人になりたかった」という思いを込めて、「雨ニモ負ケズ」という詩を書いたのでは
ないかと言われています。

北海道警察には「刑事の誓い」と題する言葉があると、2年前まで道警の刑事部長を務めた中川正浩さんが
警察関係の月刊誌に書いていた。以下の7項目からなる誓いだ。
・社会正義のために これがわれらの使命である
・打てばひびく これがわれわれの感覚である
・腰軽く粘り強い これがわれわれの根性である
・心と心の触れ合い これがわれわれの誠意である
・物からものを聞く これがわれわれの科学である
・話し上手より聞き上手 これがわれわれの技術である
・どんな役にも誇りを これがわれわれの組織である
                    読売新聞 編集手記より
これは刑事という職業だけではなく、どんな職業にも通用する誓いではないだろうか・・・・

e-デジシャク http://www.pref.iwate.jp/~hp0208/co2diet_ds/digisyaku/index.html
岩手県が日常生活で排出される二酸化炭素(CO?)排出量を簡単に計算できるサイト「e-デジシャク」を開設しました。
「可燃ごみ」「電気」「ガソリン」など15項目それぞれ使った数値を入力するとCO?の排出量が出てきます。
そして出てきたCO?排出量がサッカーボール、車やスギの木で教えてくれます。
地球温暖化を食い止め、豊かな自然を守るためにはひとりひとりが暮らしの中でCO?排出量を意識し、
削減を心がける事が必要です。
「e-デジシャク」では生活を簡単にシュミレーションができるので、家庭でどれくらいのCO?排出量があるのか
計算してみてはいかがでしょうか?

 日本は、世界中の人々が認めるように四季の移ろいを実感できる美しい国です。
ところが、最近特に日本人は季節の移り変わりに鈍感になってしまったような気がします。
科学技術が進歩したおかげで、私たちは一年中いろんな花を飾ることができますし、
野菜や果物も旬に関係なくいつでも食べられるようになりました。
 しかし、そのことが逆に私たち日本人の生活の中から、旬を愛でる歓びを忘れさせ、
季節感を奪ってしまったのかもしれません。
夏の暑い時期には、キュウリやトマトのように体を冷やしてくれるものを食べ、
冬には大根や白菜のように体を暖めてくれるものを食べる。
旬の食べ物は美味しいだけではなく、人間の健康にも密接にかかわっていたのですね。
ところが、私たちの根底にある季節感が崩れると、人間と自然の深い関係までが壊れてしまい、
日本人が自然と共生(=RE)してきた歴史も失われていく気がしてなりません。
                                        「週刊 日本の歳時記」より

ペレットストーブ(サンポット)
1・環境にやさしい
  ・燃料は木質バイオマスエネルギーのペレット。
  ※ペレット
  製材工場やチップ工場から出る端材や樹皮などを固めて円筒形にした燃料です。
  (直径6mmほど、長さ2〜4cm程度)形がそろい乾燥しているので取り扱いが簡単です。

  ・カーボンニュートラルのため地球温暖化対策に有効
  ※カーボンニュートラル
   植物系バイオマスの燃焼時に発生するCO2は成長過程で光合成により吸収したCO2を発生
   しているものと考えられ、ライフサイクルで見ると大気中のCO2増減に影響を与えない性質の
   ことを言います。

2・室内をクリーンに保つ
  ・強制給排気(FF式)なので、煙突タイプに比べ設置が簡単で快適な居住空間を保ちます。

3・室温調整・タイマーなど充実の機能
  ・着火・消化それぞれに温度設定などすべて自動、灰の取り出しと掃除の時以外は
   手を汚すことはありません。
  ・室温調整機能付でお好み室温を保ちます。
  ・タイマー機能付なので、暖かい朝を迎えられます。

4・安全面を考慮
  ・耐震自動消化装置・過熱防止装置など、万一の時に備えた安全設計です。
  ・気密住宅での使用も可能

  北海道型 岩手型
商品名 FFP-701DF FFP-471DF-1
本体外形寸法 高さ700×幅900×奥行510mm
(奥行背面カバー含む)
高さ950×幅580×奥行530mm
特徴 居間にも違和感なく置けるような薄型 食材を簡単に温められる加熱機能付
 

ローザールーフィング(金属瓦)
1・安心の10層構造
  0.4mmのガルバリウム鋼板の上に6層、下に3層の合計10層構造の為、腐食を防止し長寿命
      

2・高遮音性
  高い遮音性で雨音もほとんど吸収

3・無落雪
  写真のように隣地・駐車スペースの落雪を考慮しなくてよい。
      

4・超軽量
  一般の瓦に比べ重さが1/6なので建物にも負荷をかけません。

5・増改築工事も簡単
  アスファルトルーフィングや金属屋根、カラーベストなどの屋根材を撤去しないでその上から
  葺く事が出来、工期の短縮、コストの削減につながります。

6・カラーバリエーショ
  デザインは2種類 カラーはそれぞれ3種類
      

7・当社施工例
        

     

   ☆華やかさなど どこにも見当たらないけれど・・・
    言葉にできない ぬくもりがそこにある。
    きれいじゃないけど 美しい・・・。
    「おかえりなさい。」と声をかけてくれる
    そんな我が家に帰りたい。
   ☆? 何気ない「いたわり」と・・・
    気付かれることのない「こだわり」が・・・
    「やさしさ」感じる家になる。
    かっこ造りだけじゃ だめなんだ。
    家って そういうものでしょ・・・。
   ☆? 知らない人には近づかない。
    ちゃんと付き合ってみなくちゃ わからない。
    暖かい人間なのか 冷たい人間なのかさえ
    見た目だけじゃ わからない。
    なのに・・・
    そんなに簡単に・・・決めちゃっていいの?
    永く永く暮らす家なのに。 

青春(Youth)
 青春とは人生のある時期ではなく、心の持ちかたを言う。
 薔薇の面差し、紅の唇、しなやかな肢体ではなく、
 たくましい意志、ゆたかな想像力、燃える情熱をいう。
 青春とは人生の深い泉の清新さをいう。
 
 青春とは怯懦(きょうだ)を退ける勇気、
 安易を振り捨てる冒険心を意味する。
 ときには、二〇歳の青年よりも六〇歳の人に青春がある。
 年を重ねただけで人は老いない。
 理想を失うとき初めて老いる。
 
 歳月は皮膚にしわを増すが、情熱を失えば心はしぼむ。
 苦悩・恐怖・失望により気力は地に這い、精神は芥になる。
 
 六〇歳であろうと、十六歳であろうと人の胸には、
 驚異に魅かれる心、おさな児のような未知への深求心、
 人生への興味の歓喜がある。
 君にも吾にも見えざる駅逓が心にある。
 人から神から美・希望・喜悦・勇気・力の霊感を受ける限り
 君は若い。
 
 霊感が絶え、精神が皮肉の雪におおわれ、
 悲嘆の氷にとざされるとき、
 二〇歳であろうと、人は老いる。
 頭を高く上げ希望の波をとらえる限り、
 八〇歳であろうと人は青春にして巳む。
 
                           サムエル・ウルマン

香りで癒されてはいかがですか?お香編
 香りは不思議とやる気がでてきたり、元気にし、癒してくれるもの。
日本人は古来から、この香りの作用をお香という形で楽しみ、心を研ぎ澄ましてきました。
そこで、今回は「お香」の知識を増やし、お香の香りを身に包み、上手にこころを開放してみてはいかがでしょうか。

<お香の種類>
 お香というと仏壇にそなえられるお線香の香りを思い浮かべる人もいると思いますが、今では種類もさまざま。
昔から親しまれている間接的に温めて香りを漂わせる練香と香木のほか、線香のような直接火をつける
タイプには、スティック型、コーン型、うずまき型などいろいろな形があり、燃えている時間もそれぞれ異なります。
香りも白檀や伽羅など雅なものからローズやペパーミントなどハーブ系のものもあり、色もカラフルです。
スティック型 香炉や香皿に立てて使う一番ポピュラーな形、長いものは折って使うことも可能。
コーン型 三角すいの先端に火をつける。下に行くほど燃える面積が増え、香りも強くなる。
うずまき型 比較的燃焼時間が長いものが多いので、じっくりと楽しみたい方にお薦め。
香 木 木そのものが香る白檀や枯死した木が土の中で香る木になる沈香がある。
香木は仏教儀礼の時も焚いて仏前を清める小道具として大陸から伝わったもので、
お香の始まりといわれている。
練 香 粉末の香料に蜜や梅肉などを加えて熟成させたのち練り上げたもの。
仏のための供香だったお香を練香の伝来によって、平安時代の貴族が住居で
楽しむための香りとして発展させた。

<気分で香りを選ぶ>
 香りには色々な効能があります。落ち込んだ気持ちを上に向かせたい時や興奮しすぎの自分を
押さえたい時など・・・適した香りを選んで気分をコントロールしてみては。

【元気になりたいとき】
グレープフルーツ 暗く沈んだ心を明るくし、よどんだ心を爽やかにしてくれる。
頭の疲れを癒すので、精神疲労の多い現代人にぴったり。
レモングラス 爽やかでシャープな香りが沈んだ心を引き上げてくれる。
自律神経を調整する作用があり、めまい、倦怠感を払拭する。
マンダリン このかわいくておいしいみかんの香りをかげば天真爛漫な子供心が甦り、
とげとげしている心を明るく穏やかにしてくれる。

【リフレッシュしたいとき】
ユーカリ スカッとする香りが眠気を覚まし、気持ちを前向きにしてくれ、
頭の働きを良くする。何か息苦しさを感じたときに使うといい。
ペパーミント 思考力を高め、やる気を起こさせる。覚醒作用が強いので、どうしても
眠りたくない頭脳ワークを続けたいときにおすすめ。
ベルガモット 陽気でリラックスした気持ちにしてくれる。緊張をほぐし、完璧主義で
イライラしがちな人におおらかさを与える。

【ぐっすり眠りたいとき】
ラベンダー 怒りや不安、ヒステリーを鎮めたり、パニックを和らげる。
心をリラックスさせ、精神のバランスを取り戻してくれる。
カモミール りんごに似た香り。ラベンダーと並び鎮静効果が高く、不眠やいらついた
気分を楽にする。ストレスが胃腸にきてしまう人に。
白 檀 緊張と解き、興奮を鎮め、不安や焦燥感を和らげる。
瞑想に適した香りで落ち着いた気分にしてくれる。

<自分流の香りを楽しむ>
 香りを選ぶ時、一番大切なことは、その香りを気に入るかどうかです。いくら人気のある香りでもなにか違うと
感じたらやめておきましょう。今自分に必要なのはこれだと、出会えばきっと直感で感じるはずです。
お気に入りの香りを見つけたらお気に入りの香炉も選び、ひとりになってゆっくりと香りの中に身をゆだねましょう。
香りが終わるころには、無になり自分を取り戻しているに違いありません。

前回↓に引き続き・・・今回は「建築用語」
 知っていて損はしない建築用語をほんの少しですが、紹介します。
@建築士 建築士の資格は一級建築士・二級建築士・木造建築士と3種類あります。それぞれの
資格によって建物の構造規模が決まっていますが、一級建築士はなんでも設計可能
です。ちなみに、日本の一級建築士の第1号は第64・65代内閣総理大臣の田中角榮。
(この制度を作ったのが田中角榮だからだそうです・・・)
A地鎮祭 工事に入る前に神主を呼んで、地の霊に家が建つ報告をして工事の無事を祈願する。
B上棟式 家の骨組みが組み上がった時点で行う式典。職人も大集合して飲めや歌えやのお祭り
騒ぎになるはずです。
C基礎工事 建物の地盤を固定する下部構造が基礎。地盤調査を行い、その土地と建物に合った
工事を行います。
Dエクステリア 家の外側のこと。外壁や外側の装飾のことをいう。アプローチの設計などもエクステリア。
[反対語]インテリア
E間取り 住宅の部屋の配置のこと。
F吹き抜け 階上の床となる部分を作らずに、素通しにした空間。小さい部屋でも吹き抜けにすると
広く感じられたり、採光や通風などの効果があります。
Gニッチ 照明や花瓶が置けるように壁にくぼみをつけた部分。日本語では「壁龕(がん)」と
訳されます。
H巾木 床と接する部分の壁に張る横板のこと。
I見付 柱や桟、サッシなどモノを表面から見た時の幅のこと。奥行きは見込みという。

今更、人には聞きにくい!?基礎的な「不動産用語」
これだけは知っておきたい、「不動産用語」を下記に並べてみました。
あなたは正しく説明できますか?
 @建ぺい率(ケンペイリツ)

 A容積率(ヨウセキリツ)

 B間口(マグチ)

 C地目(チモク)

 D用途地域(ヨウトチイキ)








答えはコチラ

灯りの基礎知識
新築・増改築工事の間に、照明器具選びとクロス選びの
二大イベントがあります。
担当者からプランを提案することもありますが、お客さんの楽しみとして厚いカタログを2、3冊家に持ち帰ってもらって
家族会議ということがあります。
そこで、一般的な照明器具の名前だけでも勉強しておきましょう!

照明器具は、「全般照明」と「部分照明」に分けられます。
・全般照明・・・部屋全体の明るさを確保するための照明。
         一般的な器具としてシーリングライトや
         シャンデリア、ペンダント
・部分照明・・・全般照明で足りない光を補う小さめの照明
         のほか、用途に応じた演出も楽しむ。
         ブラケット、スポットライト、フロアスタンド等

光の元となる光源(ランプ)、白熱灯と蛍光灯の違い。
・白熱灯・・・明暗のコントラストに富んだ味わいのある
       しっとりとしたあかりで、自然光により近い。
       赤っぽい光。
・蛍光灯・・・さわやかな明るさで影が出にくく、快活さや
       清潔な雰囲気がある。経済的で長寿命。
       白っぽい光。
《 全 般 照 明 》
シーリングライト
天上に直接つけるタイプすっきりとした印象。
シャンデリア
装飾性が高く華やかなものが多い。
フォーマルな空間に似合う。
ペンダント
吊り下げ式照明。ダイニングや吹抜空間に使用。

 《 部 分 照 明 》
ブラケット
壁に取付けるタイプ。明るさや華やかさを高める。
スポットライト
集光性が高く、部分的に明るくしたい時にお薦め。
フロアスタンド
床に置く照明。ムードづくりや読書灯として活躍。

チェアスキーヤー横澤高徳さんと一緒にスキー
3月4日快晴、夏油スキー場。

NPO法人アクセシブル北上で知り合った
チェアスキーヤー
横澤高徳さんと一緒にスキーを
楽しみました。華麗に滑る姿にすっかり目を奪われつつ、
楽しい時間を過ごしました。

子供を前に乗せ、チェアスキーを滑るという神業も披露。(右下写真)

2010年バンクーバーで開催されるパラリンピックでの金メダルを目指している横澤さん。今後の活躍を期待して、応援していきたいと思います。


横澤高徳さんのBLOG http://yokosawa.exblog.jp/

NPO法人新住協主催
「住まいづくりのテレビ放映」と「市民住宅セミナー」「一斉見学会」
今回のテーマは「暖房エネルギーを半分にする高断熱住宅」。断熱を強化、窓に工夫・・・ちょっとの予算で実現できます。

1.岩手IBCテレビ
  「テレビ住宅講座〜失敗しない家づくり」

   2月4日 午後1時〜1時30分
2.市民住宅セミナー「住まいの科学」2006
  
鎌田紀彦先生 〈入場無料〉
   2月11日 午後1時〜午後4時ウェンディ(北上翠明荘)
3.一斉見学会
   2月18〜19日
   開催場所:石鳥谷町江曽(国道4号線沿い花巻空港北側)

1、2、3、に参加して、みんなで勉強し知識を増やしましょう!

岩手県は寒い!
みなさんご存知の通りで、わざわざ寒いと言わなくてもいいのですが・・・
気象庁がまとめた資料によると、
岩手県は緯度に関係なく、年間平均気温・年間平均最低気温、共に北海道に次ぐ全国2位の寒さなのです。
岩手県の住宅にも、北海道の断熱仕様並みの住宅がやはり必要だと思いませんか?
年間平均気温(低さ順)

1位 北海道
2位 岩手県
3位 青森県
4位 秋田県
5位 山形県

あけましておめでとうございます。
あけましておめでとうございます。

昨年は大変お世話になり、ありがとうございました。
本年も圧倒的にいいものを造っていきますので、
是非是非、宜しくお願い致します!

2006年元旦 筑後 久典

愛犬と一緒の生活
ペットと共に生活するというと、ペットの為の空間が必要になります。子供がいれば「子供部屋」、車があれば「駐車場」のように・・・
 そこで、今回は愛犬と一緒に生活しているお施主様の希望で犬との空間を工夫をした新築物件を紹介したいと思います。
・ワンルーム(右写真左上)
 勝手口の横に犬のトイレ。掃除をしやすくする為、
 壁床はFRP(バルコニー床と同じ素材)で施工しました。
 勝手口ドアは採光・換気ができ、暗くならず臭いも気に
 なりません。
・犬の気晴らし空間
 リビングの窓際の棚の上。階段で棚に上がり窓の外を
 見られます。散歩中の犬と目が合いそこで愛が!
 なんてこともあるかも知れません。

後付けのそこに置いただけのものより、建物を一体化した空間いかがでしょうか?

白物家電の三種の神器
生活必需品の家庭電化製品は白いものが多い為(炊飯器、冷蔵庫等)に、白物家電といい、最近では白物家電の三種の神器といえば・・・
 ・IHクッキングヒーター
 
・食器洗い乾燥機
 
・生ゴミ処理機
と言われています。
家事の手間を省いたり、環境を考えたりと現代人はそう考えるものです。
新築、改築時にそれらを希望する人は最近ではとても多いです。いろいろなメーカーがあり、メーカーによって個性豊かで悩んでしまうことがあると思います。
IHクッキングヒーターであれば、いろいろな鍋が使えるものやグリル内掃除が楽なもの等たくさん新しい商品がでています。カタログを見比べたり、実際使ってみたりと商品選びを楽しんでみてはいかがでしょうか。

新住協 花巻合宿研修会
10月13〜14日に新木造住宅技術研究協議会(新住協)の研修会が行われました。
全国からここ岩手の花巻市に会員が集まりました。
 設立当初からの会員の他、NPO法人となりだんだんと新しい会員も増えてきています。そこで今回の研修会では、基本技術の再確認として、基礎から応用技術まで断熱気密の原理原則を2時間に渡って、室蘭工業大学鎌田紀彦教授の基調講演が行われました。
その後はベテランの会員施工者の実際の施工現場を見学して回りました。工程順に材料から施工手順まで実際の要領の説明を聞いて見学しました。
 1泊2日と言うこともあり、夜は温泉で手足を伸ばしてのんびりと・・・なんて事はなく、いつも建築の話し合いや勉強になる会話が飛び交い続ける2日間でした。

 ※新住協のホームページはこちら↓
                 

   基調講演風景

   鎌田紀彦教授

お寺の垂木に熊蜂の巣!
熊蜂がお寺の垂木に巣を作った為、垂木交換の依頼が来ました。
早朝に棟梁が危険をかえりみず仏様の為に交換へ。
寒さで蜂の動きが鈍くなっていたのですが、垂木を切り落として手にとって見みるとそこに6匹の蜂が!急いで駆除し、難を逃れました。
工事後、巣に戻ってきた蜂が巣を探して飛び回っていました。
今回は1本の垂木の被害でしたが、巣がもっと広がると屋根が下がってきたり、雪の重みで折れてしまうことになったかも知れません。
今年は蜂が多いとニュースでは報道されています。早めの駆除で被害をださないように注意しましょう。

ちなみに熊蜂は英語では「a carpenter bee」といい、直訳すると「大工蜂」です・・・

高所作業車で垂木交換

駆除された6匹の熊蜂


RE・ホーム トップページへ