出産後の不調

ぜび、出産後に整体を!

 通常、靭帯でしっかりと固められている骨盤は、出産前後になりますと
ホルモン(リラキシン)の影響で全身の靭帯の結合部が

弛み始め、それによって骨盤の関節部分(仙腸関節や恥骨結合)が弛み、その弛みによって骨盤内に産道がつくられ、赤ちゃんを

スムーズに出産することが可能になります。

これは赤ちゃんが母親の産道を通り抜けてくるために女性の身体に備わった自然の仕組みですが、この靭帯を弛ませるホルモンの

分泌は
産後も6ヶ月間くらいは続くといわれています。

この間に、身体の
「元に戻ろうとする自然の力」の働きによって骨盤は閉まっていくわけです。

その為、分娩を終えた後の骨盤は、しばらくは弛んでいる状態が続き、歪みやすい状況にあります。

出産直後は骨盤がゆるい感じ、ぐらぐらする、という人も多いでしょう。

もしここで骨盤に
歪みが生じてしまいますと周辺の骨格が歪み、筋肉を硬張らせ、全身に影響を及ぼし、さまざまなトラブルを

引き起こす原因をつくってしまいます。

産後6ヶ月間が過ぎてホルモンの分泌期間が低下してきますと
「元に戻ろうとする自然の力」もストップしてしまいますので、

それまでの間に身体を整えておくことは今後の健康のためにとても大切なことだと整体では考えています。




骨盤の歪みを放置すると・・・

 妊娠〜出産直後は骨盤が最も弛んでいる状態なのでとても歪みやすいです。

『歪む』といいましても骨の形状が変わるという意味ではありません。

骨盤は、
腸骨(ちょうこつ)恥骨(ちこつ)坐骨(ざこつ)仙骨(せんこつ)の4つの骨の総称のことをいいます。

骨盤を支えている大腰筋や腸骨筋などの筋肉の左右のアンバランスによって、これら4つの骨の結合部にズレが生じ、それに

よって骨盤が歪むのです。

出産時に開いた骨盤、左右の腸骨は、右、左、右、左、と左右交互にゆっくりと元の位置に戻るものなのですが、歪みによって

正しい位置に戻らないまま、固定されてしまっている人が多いです。

骨盤に歪みがありますと内臓の活動が正常な状態で働きにくくなり、すると代謝が悪くなって太りやすくなり、元の体型に戻り

づらくなってしまいます。

骨盤体操や骨盤ダイエットなどのさまざまな方法で骨盤を締めたとしても、歪みのある状態のままで締めたことになり、体重が

妊娠前に戻ったとしても何故か体型が変わってしまったということはよくあることなのです。

女性の骨盤は、子宮や卵巣といった女性特有の大切な臓器を守る器としての役割をもっています。

この器が歪めば、骨盤内の内臓が圧迫し合って血流が悪くなり、生理痛や生理不順、冷え性やむくみ、不妊などの症状を引き起こす

原因にもつながります。

また骨盤は身体の中心にある骨ですので、骨盤が歪みますと背骨へと歪みが連動して全身に影響し、様々な症状を引き起こす

原因にもなります。

自覚症状がなくても産後に整体を受けられて骨盤を本来の位置に整えておくことは身体にとってとても大切なことなのです。

また出産後の身体が弛んでいる時期というのは、妊娠前からあった歪み、特に強めの歪みをもっている方にとっては、正しい

位置へと戻しやすい絶好の機会でもあります。

どうぞこの機会に整体を受けられて身体を整え、健康の土台をつくられることをおすすめします。




出産後によくみられる症状

 出産後、骨盤が開いたままであったり、歪んだままにしておきますと、妊娠前にはなかった様々な症状が起こりやすくなります。


   『出産後にこんな症状でお悩みではありませんか?』

    ・骨盤が開いた感じがする。

    ・歩行中に、骨盤がガクガクする感じ、骨盤周辺に違和感がある。

    ・産前に穿いていたズボン(パンツ)が、産後、しばらく経っても穿けない。

    ・妊娠前の体重・体型に戻らない。

    ・お尻が大きくなった。

    ・足がむくみやすくなった。

    ・O脚がひどくなった。

    ・仰向けの姿勢で寝ると、腰が浮いて、尾底骨が下に当たって眠れない。

    ・腰痛

    ・恥骨、仙骨、尾骨、臀部、股関節、膝関節、足の裏・踵の痛み

    ・首や肩、背中のこり

    ・手首の痛み、手指の硬張り

    ・頭痛、めまい

    ・動悸

    ・慢性疲労

    ・眠りが浅い

    ・頻尿、尿漏れ

    ・痔

    ・母乳の出が悪い

    ・産後うつ




骨盤の前傾による反り腰

 立っているときの姿勢を鏡などで横から見ますと、腰が反って出っ尻になっていたり、仰向けの状態で寝ますと腰が浮いて、

仙骨(〜尾底骨)が下にあたって違和感を感じたりすることはありませんか?

また、寝ている状態からの寝返りのときや起き上がろうとするとき、同じ姿勢が続いた状態から立ち上がろうとするときなど、

動き始めのタイミングで腰に痛みが出ることはありませんか?

この症状の原因は、骨盤が前傾して腰の背骨が反っていることによって起こります。

ではなぜ骨盤が前傾するのでしょう?

妊婦さんはお腹が大きくなるにつれて、重心のバランスを保つ為に自然と上半身を後方に引いて、
「反り腰」の姿勢をとるよう

になります。

それによって、お腹の筋肉は過度に引き伸ばされ、大きなお腹の腹圧によって腰の筋肉は常に緊張し、それによって腰の背骨が

上下に圧縮したようになって腰全体が反り上がり、痛みを発生させやすくなるのです。

妊娠中のお腹の張りや背中・腰の痛みは、骨盤の前傾によって腰の背骨が反り上がったことによるものが多いです。

出産を終えてお腹のバランスを保つ必要がなくなっても、妊娠期間中に常時引き伸ばされていた腹筋や腰の収縮した緊張は

そう簡単には元には戻りません。

産後も持続している方がほとんどです。

また、育児で子供さんを抱っこしますと腰を反らせながらお腹の上に安定させるので、さらに骨盤は前傾します。

さらに抱っこで腕が前に引っ張られるので、肩は前に巻き込むようになり、頭・首が前方に出てきて猫背のように丸まった姿勢に

なっていきます。

こういう姿勢になってしまいますと、背中〜腰の痛みだけではなく、首・肩こりなど、産後の様々な不調の原因を招くことに

なってしまいます。




尿漏れの原因

 骨盤の底の部分には、
「骨盤底筋」と呼ばれる筋肉があり、通常は骨盤内の臓器をしっかりと支えているのですが、妊娠〜

産後はこの「骨盤底筋」が弛んでしまうため、さほど尿意を感じていなくても、咳やくしゃみ、抱っこなど、少々のことでも

お腹に圧力がかかりますと膀胱の出口が開いてしまい、尿漏れが起きやすくなります。

出産経験者の5割近くの人が、この症状に悩まされていると言われています。

(骨盤底筋:主に膀胱、肛門、子宮口の開閉をコントロールしている筋肉)

妊娠中に赤ちゃんを支えていた骨盤底筋は出産後、弛んだ状態となります。

ですが治らないものではありません。

骨盤を中心に身体を調整していきますと自然と骨盤底筋に引き締まりが出てきて尿漏れは起きにくくなります。

お悩みの方はお気軽にご相談ください。





骨盤矯正ベルトについて

 出産後、早く痩せたい!ということで骨盤を締めるために、または出産直後の腰の不安定さが気になって骨盤を骨盤矯正

ベルトで安定させている方がいらっしゃいますが、あまりそれに頼り過ぎてしまいますと骨盤を支える腹筋や骨盤底筋という

筋力を弱めてしまったり、骨盤に歪みがある場合はそのまま固めてしまうことにもなり、産後の健康を考えますとあまり良い

ものではありません。

骨盤に歪みのあるまま、骨盤矯正ベルトで無理に締めようとしますと、逆に骨盤の戻りが、つまり骨盤の自然な引き締まりが

遅くなってしまい、結果的になかなか締まりにくくなってしまうことがあるのです。

または、骨盤矯正ベルトで一見きれいに締めたように見えても、骨盤がカチカチに固められ、可動性が悪くなり、腰痛や臀部の

痛みなどを引き起こしてしまっているケースもよくみかけます。

実は母乳の出具合と骨盤の可動性というのが連動していて、赤ちゃんに母乳をあげることによって骨盤は徐々に締まっていくもの

なのです。

その自然な連動を無視して無理に骨盤を締めようとしますと、今度は母乳の出を悪くさせてしまうことになります。

ですが、実際のところ、多くの人が途中で使用を断念してしまうことが多いようです。

いつまで使い続ければよいのか? トイレでの脱着が面倒、 歩くとずれてくる、 蒸れる、 擦れて痛い、など

いろいろ支障があるようです。

私の整体では、骨盤が自然に元の位置に戻ろうとするのを阻害しないようにするのが、自然な本当の正しい骨盤の矯正であると

考えています。

出産後の骨盤というのは、自然の働きによってきちんと締まってくるものなのですが、骨盤矯正ベルトなど、何か意図的なやり方

で骨盤を締めようとしますと、自然でスムーズな収縮を妨げることになり、骨盤に偏りを生じさせてしまうのです。

これが産後のトラブルの原因となるのです。

腰や骨盤周りに痛みがあるときは、骨盤矯正ベルトの使用もときには止むを得ないと思いますが、ですが、あまりそれに頼り過ぎ

てしまいますと、自分自身の筋肉で身体を支えられなくしてしまい、身体の自然な働きを鈍くさせてしまいます。

つい、見た目の体型を気にしてしまいますが、骨盤の健康のことも考える必要があると思います。

整体では、骨盤を整え、締まりやすくなるように誘導し、骨盤の可動性を活かしながら、母乳の状態を良くし、産後の健康に

つながるように調整することができます。





帝王切開で出産した骨盤

 骨盤の歪みは赤ちゃんが産道を通ったときの衝撃のみで起こるのではありません。

妊娠してから出産・産後にかけての骨盤が弛んでいる状態における姿勢や身体の使い方、アンバランスな負荷によって起こります。

したがって、帝王切開での出産でも骨盤が歪む可能性は十分にあります。

さらに、切開によってお腹を切り開くため、骨盤周辺の筋肉などの組織が硬直・萎縮を起こし、骨盤内の臓器の位置異常によって

機能、代謝を低下させてしまうことも考えられます。

ですが、帝王切開による後遺症の歪みも整体で改善することができますので、もし帝王切開で出産されている方はお気軽にご相談

ください。

また、分娩促進剤と併用して行われることがある鉗子分娩や吸引分娩はとても骨盤に負担がかかり、産後の不調につながりやすい

ので、ぜひ整体を受けられて調整しておくことをおすすめします。




骨盤と股関節の張り出し

 妊娠前に穿いていたジーンズが産後になってしばらく経っても入らないという経験のお持ちの方は多いのではないでしょうか?

そうなりますと『骨盤が拡がったまま戻らなくなってしまった!』とつい考えてしまいがちですが、実際多く見られるのは、

骨盤の拡がりもそうですが、
股関節の張り出しなのです。

ジーンズなどのパンツを購入する際に、ウエストのサイズに合わせていざ試着してみると脚の付け根付近で止まってしまい、

なかなか上まで入らないという経験はありませんか?

この場合、骨盤が拡がっているというよりも股関節の張り出しが邪魔をしているのです。

何ぜ、股関節が張り出すのか? その主たる原因は、
『骨盤の前傾』にあります。

骨盤と股関節の位置関係の構造上、骨盤が前傾してしまいますと股関節が外側に張り出してしまい、両股関節の幅が拡がった

ような状態になるのです。

そうなりますと、脚の付け根の股関節の位置でパンツが入らないということが起こります。

ですが、骨盤の前傾は整体で改善することが可能ですので、お悩みの方はぜひご相談ください。





気になる下半身太り

 骨盤を整えていきますと、それにともなって下半身が痩せてくるのですが、ただ残念ながら、皆さんが確実に痩せるとは

断言できません。

特に産後に何年も経過している場合ですと、変化が出にくい場合もあり、個人差もあって、整体してみないとわからないという

のが実情です。

ですが、たとえ**kgという数字としてすぐに変化が出なくても、開き過ぎている骨盤を締めて身体を整えていきますと、

内臓の働きも活発になり、基礎代謝が上がりますので
<痩せやすい身体>の基盤をつくることは可能です。

骨盤が開いて歪んだままでは、背骨を中心に身体全体が硬張り、内臓の働きも低下して排泄機能が鈍くなり、余計なものが身体に

蓄積しやすくなります。

本来のバランスに戻すために身体を整えておくことが大切です。




母乳と整体


 赤ちゃんにとって、母乳に勝るものは他にありません。

ですが、なかなか思ったように母乳が出ないというお母さんが多いようです。

その原因は、乳腺の開口不全、乳腺の発達が不十分、赤ちゃんのおっぱいの吸い方、お母さんの食事内容、授乳の時間や量、

ストレスなどいろいろ挙げられますが、まず基本的な問題で乳房周辺の血液やリンパ液の流れが悪いと母乳が充分につくられ

ません。

母乳は血液から生産されますので身体に何かしらの歪みがあって血行が悪い状態にありますと、乳房周辺の血行も悪くなり

母乳が生産されにくくなります。

整体の観点では、母乳のトラブルはおっぱいだけの問題ではありません。

乳房というのは骨盤と連動していて、骨盤に歪みが生じて可動性の悪い状態にありますと母乳の状態にも影響を与えてしまう

のです。

また母乳の分泌が盛んになる、産後1ヶ月経った頃から
乳腺炎を起こすことがよくあります。

おっぱいが張り過ぎて痛い、触ると固くてしこりがある、痛みの処に熱がある、赤くなっている、寒気がする、熱が出る、

搾ると半透明の白い母乳ではなく黄色みがかった母乳が出る
など、症状はさまざまです。

乳腺炎の症状もおっぱいだけが問題なのではなく、骨盤や肩甲骨周辺の歪みを中心とした身体全体の問題があるのです。

これらの症状も整体で改善させることが可能です。

整体の方法ですが、胸に触る事はほとんどありません。

骨盤のバランスを整え、乳腺と関連する背骨を中心に、肩甲骨などの上半身の歪みを整え、血液・リンパ液の流れを良くして

いきます。

するとおっぱいのトラブルが根本から改善しやすくなります。

甘いものや高たんぱく・高脂肪の食事が乳腺炎の原因になることがありますが、どんなに食事に気を付けても乳腺炎になって

しまうというお母さん、母乳マッサージを受けてもなかなか効果が持続しにくいというお母さん、ぜひ整体を受けられることを

おすすめします。

妊娠〜断乳までのこの時期は女性の身体にとって血液量が最も増える時期です。

この時期に上手に身体のケアを行なえば、体質改善ができるまたとないチャンスでもあるのです。

産後の今だからこそ、血液・リンパ液の流れを良くして根本的に体質改善をしていきましょう。




育児による不調

 出産という大変な人生のイベントを終えてから、赤ちゃんが育って保育園または幼稚園に上がるまでの数年間、お母さんは

身も心も休まる暇のない毎日を送らなければいけません。授乳からおむつ交換に至るまで、かなりの体力・精神力を要します。

体調が良好でしたら乗り切れるかもしれませんが、体調が良くない状態ですと子育てはとても大変なものです。

体調の良くない状態が続きますとだんだんと気持ちの上でも心に余裕がなくなり、赤ちゃんに対してゆとりをもった心穏やかな

気持ちで接することができなくなってきます。産後はどうしても生まれたばかりの赤ちゃんのケアで一生懸命になり、自分の

ことは二の次になってしまいます。その結果、心に余裕がなくなり、つい我が子である赤ちゃんに対してイライラな感情を抱き、

自己嫌悪に悩まされて、悪循環を起こしてしまいます。

出産後の身体はとても不安定な状態です。それでも、十分な休息を取る間もなく育児や家事に追われ、身体への負担はますます

大きくなるばかりです。特に産後の3週間は昔から言われているように大切な期間で、授乳等を除いては安静にしておく必要が

あり、家事はしないようにして身体を安静にして出産時のダメージから身体の快復をはかることに専念すべきなのですが、

今の世の中現実はなかなかそうはいきません。

出産後によく起こる症状として、
腰痛肩こりなどがあります。産後、今までにない症状が現れたりしますと、出産の影響で

骨盤が歪んでいるのでは!?と思ってしまうのですが、産後からスタートした育児によって身体を痛めていることも多いのです。

慣れない抱っこ・おんぶ、そして日々重くなる赤ちゃん。

おんぶで腰を曲げたり、抱っこで腰を反らせたり、授乳やおむつ交換で腰の背骨や骨盤を不安定にさせたり、育児は身体に

とても負担をかけるものです。

その他、
疲労感やだるさ不眠腕の疲れ手首の痛み頭痛育児に対する不安や緊張による精神的ストレスなど、

様々な症状で悩まされたりします。

そこで、産後の骨盤の調整も兼ねて身体を整えておくことをお勧めします。身体の不調がなくなれば、心も穏やかになり、

快適な育児生活を送れるはずです。子育てはお母さんが元気であってこそです。お母さんの元気は、赤ちゃんの情緒にも大きく

影響を及ぼします。お母さんの元気の支えとして整体をご利用いただけたらと思います。




赤ちゃん連れの方へ

 赤ちゃんもご一緒に来ていただいても大丈夫です。 赤ちゃんをお母さんのすぐそばに寝かせながらの施術もできます。

もし施術中に赤ちゃんが泣いて、抱っこや授乳やおむつ交換などが必要そうなときは、施術を一時中断します。

施術時間に余裕を持たせていますのでどうぞご安心ください。

赤ちゃんは小さい時は寝てくれますので、そのすきにお母さんを施術しやすいのですが、つかまり立ちや歩いたりできる1歳以上

になりますと、正直なところ少々施術に集中しづらくなります。

ですが、それでも施術できないことはありません。 お母さんと協力し合いながら施術を進めていきたいと考えています。






                          HOME                 新潟整体室自然健康堂